2010年05月05日

エフゲニー・プルシェンコ Evgeni PLUSHENKO 2010 バンクーバー五輪 FS (NBC)



FPl:2, Points:256.36

Pl:2, TSS:165.51, TES:82.71, PCS:82.80, SS:8.40, TR:7.25, PE:8.80, CH:8.20, IN:8.75, Deduction:0.00, StN.:#24/24

実況:Tom Hammond
解説:Scott Hamilton, Sandra Bezic

サンドラ:...あのプログラムと演技にもっと得点が与えられても良いと思います。

トム:プルシェンコ選手です。3年と半年の間のブランクからの競技会への復帰となります。エヴァンは銀メダル獲得が確実となりました。金メダルを獲得することはできるでしょうか。プルシェンコ選手次第となります。1948年、1952年のディック・バトンさん以来の2大会連続オリンピックチャンピオンを目指します。プルシェンコ選手はトリノ五輪で優勝しました。今大会の優勝を目指しています。バンクーバーで五輪に戻ってきました。

スコット:トリノ五輪の様に、全ての難しい要素がプログラムの冒頭に予定されています。成功させることができるでしょうか。オープニング・コンビネーションは今大会で最も難しいコンビネーション、4回転トウループからトリプルトウループです!

スコット:このトリプルアクセルでは堪えました。

サンドラ:二つ目のトリプルアクセルをこの後直ぐに予定しています。

スコット:コンビネーションにする必要があります。

サンドラ:見事なリカバリーです。

サンドラ:最初の四つのジャンプは、それらの間にあまり繋ぎもなく、早々と行われました。次は時々彼が問題を持つトリプルルッツです。
空中で少々窮屈そうでしたが、着氷しました。


スコット:トリプルルッツ。これは少々危なっかしかったですね。この男性は猫のようですね。どの様にして、あの様なジャンプを着氷することが出来るのでしょうか。
このプログラム最後の3回転、サルコウがここで予定されています。

サンドラ:このプログラムは残り1分間丸々残っています。そしてこれ以上ジャンプは予定されていません。これがスコットがおっしゃられていた「冒頭に集中したプログラム」と言うことです。振付けと言う点でエヴァンが滑ったプログラムには全く及ぶものではありません。



スコット:結果がどうであろうと、この男性は特別ですね。

サンドラ:(笑)

スコット:数年間の欠場から復帰し、この様なプログラムを滑り、オリンピックの最後を飾りました。この男性にはどの様な結果も相応しいでしょう。そしてこの男性にもどの様な結果も相応しいでしょう。両選手共に演技を終え、素晴らしい滑りを見せました。

トム:エフゲニー・プルシェンコ選手は4回転を跳びましたが、エヴァンのより良い数々の要素に匹敵することが出来たでしょうか。

サンドラ:良い質問です。彼には4回転がありましたし、燃える様な輝き、カリスマがありました。彼は何と言うスターでしょうか。しかし、プログラムのレベルはエヴァンのそれには及びませんでした。しかし、そのバランスがどの様な結果になるのか、この後、その結果を知ることになります。

スコット:(笑)
彼の強さは見事でしたし、多様性もありましたが、その選択ですよね。

サンドラ:しかし、ジャンプは彼本来の出来ではありませんでしたよね。

スコット:はい。

サンドラ:空中でふらふらしていましたし、おかしな着氷でした。エヴァンのプログラムはより安定していたと言えるでしょうし、しっかりとした演技でした。

スコット:ジャンプの横にはGOEが表示されます。GOEとはグレード・オブ・エクスキューションのことです。要素の質を評価します。

サンドラ:その通りです。セットの様なものなんです(?)。

スコット:ここでトリプルアクセル。ご覧下さい。少し傾いています。

サンドラ:傾いていますね。

スコット:堪えて。

サンドラ:次のステップに繋げると言う点で(?)エヴァンの方がより強いものだったと思います。

スコット:そしてコンビネーションですが、まるで「みゃおー」、この男性は猫のようです。ご覧下さい。傾いていますし、外側にブレています。世界でもこのジャンプを着氷出来る選手は彼しかいないでしょう。

サンドラ:(笑)これは(?)ですね。

スコット:彼は特別です。

サンドラ:全くその通りですね。彼はパフォーマーであり、チャンピオンでもあるんです。

トム:この競技の歴史上で素晴らしいものとして、彼の名前は語られることになるでしょう。

スコット:そうです。

サンドラ:その通りです。

スコット:そしてエヴァンの名前もそうなるでしょう。そうなるべきです。エヴァンは自身の持つ全てのものを出し切りました。そしてルールや得点を分析し、どの様に積み重ねるのかを研究しました。彼の滑り、彼のスケートのどこに重点を置いたのかを鑑みると、エヴァンよりになっても仕方が無いかも知れません。それは選択なんです。それが選択なんです。

トム:彼は166.83点を必要とします。金メダルでしょうか。それとも銀メダルでしょうか。

スコット:(笑)
wow

サンドラ:wow

トム:165.51点。ライサチェック選手が金メダルを獲得しました!
(意訳、誤訳ご容赦ください)


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ

2010年02月17日

Evgeni PLUSHENKO 2010 バンクーバー五輪 大会前Interview (Eurosport)



エフゲニー・プルシェンコ:
もちろん今、全てが戻って来ていると言うことを感じています(?)。復帰し、良い滑りをすると言うことはとても難しいことなんです。精神面でも難しいことですし、身体的にも同様です。
しかし、良いスケートを滑り、優勝した時には、(???)。私は毎日6、7時間、練習に励んでいます。リンクの内でも外でもね。とても厳しいですが、とても素晴らしい気分です。表彰台の上に上がる時のことを考えると、素晴らしい気分になりますし、このタイトルを獲得した時... もちろん私は欧州選手権で6回優勝していますが、素晴らしい気分になることが出来ました。
もちろん私は自身の演技を嬉しく思いました。(?)の様に滑ることが出来ましたし、もう少し良い演技をすることが出来たかも知れませんが、今日のスピンもステップも(以前に比べて)とても良くなったと思うからです。私はリラックスしている訳ではなく、もっとスケートがしたいと、もっと演技がしたいと感じています。忘れてしまいがちなんですがね(?)。しかし(???)、私はオリンピックでのどの様な結果も受け入れるつもりです。私は(???)、もちろん優勝することが出来れば、それはとても素晴らしいことです。もちろん私は最善を尽くすつもりです。しかし、誰でも... 私はオリンピックの金メダルと銀メダルを持っています。ですから... 例えばショートプログラムでは、私は二つのタイトルを保持しています。一つ目と二つ目のオリンピックでね。(???)
(意訳、誤訳ご容赦ください)


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ

追記

2010年01月25日

エフゲニー・プルシェンコ Evgeni PLUSHENKO 2010 欧州選手権 FP (British Eurosport)



FPl:1, Points:255.39

Pl:1, TSS:164.09, TES:80.99, PCS:83.10, SS:8.50, TR:7.65, PE:8.45, CH:8.40, IN:8.55, Deduction:0.00, StN.:#18/20

実況、解説:Chris Howarth, Nick Slater

クリス:もしあなたがショートプログラムをご覧にならなかったのであれば、残念なことです。この男性は大評判でした。彼が競技会に復帰したことを嬉しく思います。しかし、ショートプログラムを滑ることと、フリープログラムを滑ることは全く別物です。この欧州選手権に合わせてかれはどの様な準備をして来たのでしょうか。現オリンピック・チャンピオン、元欧州選手権、世界選手権チャンピオン、そして再びロシア選手権のチャンピオンになりました。そして彼はバンクーバーで再びオリンピック・チャンピオンになることを目指しています。今大会はその準備の一環です。彼のためにアレンジされたエドウィン・マートンの「タンゴ・アモーレ」を滑ります。彼はもちろん、「得体の知れない」エフゲニー・プルシェンコ選手です。

クリス:何と言うことでしょう。4回転トウループ+トリプルトウループ。既に13.80点を稼ぎました。

クリス:彼は落ち着くために一呼吸入れ、あの美しいトリプルアクセルを跳びました。

クリス:初めの4要素を予定通りに成功させました。

クリス:失敗がありました。ルッツが2回転になりました。

クリス:どの様にしてあれを成功させたのでしょうか。トリプルルッツ+ダブルトウループ。



クリス:ここタリンで、ロシア代表のための祝福の鐘の音が聞こえる様です。素晴らしいですね。ペアでは優勝、アイスダンスではリードしています。そしてこの男性は首位につけてフリーに臨み、そして今、彼はフリープログラムでもリードしました。ニッキー、時としてシンプルなものがより評価されるのではないでしょうか。

ニック:何と言うことでしょうか。彼の解釈は向上した様に思います。この演技はプログラム構成の傑作ではないでしょうか。幾つかの箇所で一息つきましたが、興味を惹き付けたままでした。素晴らしい大技がありました。巧みに力強く成功させました。そして観衆の目を惹き付けたまま停止。彼は振付けの上でも、演技の遂行、トランジションの上でもハマっていましたね。ある意味、最後まで観衆を惹き付け続けました。あのルッツは成功させることさえ出来なさそうでした。

クリス:そうですね。(笑)

ニック:成功させることなんか出来ませんよ。

クリス:着氷の際には完全に崩れていましたよね。高さもありませんでした。身体を締め、何とか成功させました。

ニック:トリプルルッツで予定していたもの、そして終盤の二つの(?)を成功させたんですよ。スケーター達にとって素晴らしいレッスンですね。最高のスケーターは悪いジャンプを着氷することが出来るんです。トウが滑ろうが、タイミングが間違っていようが、関係ないんです。正しい足で着氷するためにあらゆることをすることが出来るんです。それがチャンピオンの証です。それが(?)と優れた選手の違いでもあるんです。
技術的な見地で全てを見てみると、トリプルルッツが2回転になっただけなんです。

クリス:そうですね。

ニック:そしてあのステップ・シークエンスなんですが、上半身が良く動いていましたね。私は手袋が好きなんでしょうね。手袋が動きを強調するんです。依然としてより多くのステップを踏むことが出来る様に思いますし、より多くのカウンターやモホーク、そしてロッカーを入れることが出来る様に思います。

クリス:彼らはそれを分析しているでしょうね。

ニック:そのレベルから受ける印象は(?)ですが、ショートプログラムよりも良かった様に思います。
このアクセルでは身体が良く締まっていましたね。彼のジャンプ技術は、私が覚えていたものよりも良いですね。おそらく随分と研究したのではないでしょうか。レベルを獲得するために、スピンに力を入れました。唯一の失敗です。左腕が後方に動いている様子がご覧頂けるでしょう。少々身体が開いていましたね。ルッツに入る際に、少々左側に気を取られてしまいました。
彼は長いこと競技から離れていましたが、終盤に向けての彼の集中力がこのプログラムを成立させましたね。彼は何も取りこぼしませんでした。全てを成功させました。
とても興味深いですね。何故ならこのプログラム自体は、ブライアン・ジュベール選手のプログラムほど野心的なものではありません。しかし、彼が見せたものは、(?)、彼は自身が出来ることを知っています。そしてオリンピックでは素晴らしい戦いになることは明白ですね。全米選手権は非常に興味深い大会でした。そしてこのプログラムの解釈は、彼が向上させた様に、観客を良く惹き付けていたと思います。彼はこれまでエキシビションやツアー、プロのショーに参加してきましたが、彼は以前に比べて、より観客を惹き付けていた様に思います。

クリス:この得点をご覧下さい。フリースケートの得点は164.09点です。素晴らしいですね。そしてこの得点は彼を首位につけます。エフゲニー・プルシェンコ選手が他の選手から飛び抜け、255.39点を獲得しました。アメリカのジェレミー・アボット選手もまた抜きん出ていました。彼は全く...
(意訳、誤訳ご容赦ください)


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ

エフゲニー・プルシェンコ Evgeni PLUSHENKO 2010 欧州選手権 SP (British Eurosport)



Pl:1, TSS:91.30, TES:51.10, PCS:40.20, SS:8.10, TR:7.55, PE:8.15, CH:8.05, IN:8.35, Deduction:0.00, StN.:#21/37

実況、解説:Chris Howarth, Nick Slater

クリス:しかし、まず始めに今日の午後に行われた演技を幾つかご覧頂きます。皆さん、間違いなく堪能されることでしょう。男子シングルのショートプログラムからトップ5を滑走順にご覧頂きます。メダル有力候補達です。この男性に関して、ご紹介する必要も無いでしょう。4年前に彼がオリンピックで金メダルを獲得して以来、彼を大舞台で見ることはありませんでした。そうです。彼が戻ってきました。彼がもちろん、現オリンピック・チャンピオン、エフゲニー・プルシェンコ選手です。欧州選手権では5度、優勝を果たしています。

クリス:大技で始まります。ご覧下さい。

クリス:Ohhh, 素晴らしい! 4回転トウループ+トリプルトウループのコンビネーションでした。

クリス:そしてトリプルアクセルです。彼は実に自信に満ちていますね。

クリス:ルッツでした。3つのジャンプ要素を終えました。素晴らしいスタートです。



クリス:彼が戻ってきました。祝福され、戻ってきました。彼を目にすることが出来て素晴らしいですね。そして、もし彼を疑う様なことが会ったのなら、これが答えです。エフゲニー・プルシェンコ選手は間違いなくベストな状態でここ、タリンに戻ってきました。ニッキー、どう思われましたか?

ニック:彼が引き出したものは... 私は今、過去の成績を見直していたんですが、1998年の欧州選手権ではアレクセイ・ヤグディン選手に敗北したんですが... 彼は幾つの闘いを戦かってきたのでしょうか。そしてそれが今大会のトップ5の選手に共通することです。ジュベール選手は長年に渡り現役ですし、ランビエール選手は復帰してきました。しかし、何と言うことでしょうか。彼の体型は変化しています。少々筋肉がついた様に伺えます。力強いですね。Wow コンパルソリーは素晴らしいですが、ステップ・シークエンスはどうでしょうか。少し... ステップ・シークエンスの細部はこみ入っていますが、カウンターが、もう少しカウンターを入れることが出来たのではないでしょうか。多くの前向きのツイズルがありました。異なる方法のツイズルやトウステップがありました。そして上半身と下半身の動きに違いを作りました。それが総合得点に違いを出すことになるでしょう。ですから、そこに何かもう少し出来たのではないかと思う訳です。過去に見たことのある様な演技だったのではないかと思いますが(?)、しかしそれ以外は...

クリス:同感です。ニッキー、あなたがご指摘の通り、彼は特にストレートライン・ステップシークエンスを向上させる必要があるでしょう。しかし、この冒頭のコンビネーションはどうでしょうか。4回転です。4回転トウループを跳び終え、最後にトリプルトウループを跳びました。このコンビネーションだけでも13.80点あります。そしてもし+1や+2の評価を得れば、おそらく幾つかの+2の評価を獲得しているでしょうが、このコンビネーションだけで15.80点を獲得することになります。ただただ驚くばかりです。

ニック:彼には躊躇が見られませんよね。

クリス:これだけ上手ければね。トリプルアクセルでした。実にクリーンです。彼の得点に8点が加算されます。そしてこのジャンプでもプラスの評価を得ているでしょう。実に見事です。実に堂々としたプログラムのスタートでしたよね。

ニック:良かったですね。私は彼の「威光」の様なものを感じ取った時に、そう思いました。彼の様なレベルの選手だけが、演技でそれを感じさせることが出来ます。そうなんです。それがあの堂々とした演技になるんです。彼らはチャンピオンなんです。チャンピオン達をリードし、演技でそれを表します。それを見ることが出来て嬉しく思います。

クリス:その通りですね。先週末に全米選手権が行われましたが、ジェレミー・アボット選手がエヴァン・ライサチェック選手を完璧に凌ぎました。そしてアボット選手の調子は素晴らしい様です。そしてこれがヨーロッパからの返事です。欧州選手権のスター、エフゲニー・プルシェンコ選手です。実に素晴らしいですね。彼はスピンに力を入れて来た様ですね。3つ全てのスピンでレベル4を獲得することになるでしょう。この採点システムに対して取り組んでいますね。獲得出来うる最大の得点を獲得しようとしています。
(意訳、誤訳ご容赦ください)


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ


2009年11月02日

エフゲニー・プルシェンコ Evgeni PLUSHENKO 2009 ロステレコム杯 FP (NBC)



FPl:1, Points:240.65

Pl:1, TSS:158.40, TES:81.60, PCS:76.80, SS:8.00, TR:6.95, PE:8.05, CH:7.60, IN:7.80, Deduction:0.00, StN.:#11/11

実況:Andrea Joyce
解説:Paul Wylie(?)

アンドレア:...チャンピオン、欧州選手権チャンピオンに5回、ロシア選手権チャンピオンに7回なりました。そして今、3度目のオリンピックを目指します。

ポール:フリースケートは究極のテストです。ショートプログラムでは良い演技をしましたが、復帰を確かな物にするためにはスタミナとエネルギーが必要になります。4回転トウループ+トリプルトウループから始まります!

ポール、アンドレア:(笑)

ポール:安定していますね。

ポール:トリプルアクセルが続きます。美しい高さ、確実に乗り切りました。そしてリラックス出来るほどの自信を持っていますね。これが近年(?)のスケーター達が見習わなければいけないものです。

ポール:競技からは離れていたことに因って、確実に向上した面が彼にスケーティングにある様に思います。観客の前でのスピンの仕方は、観客を楽しませる様にしていますし、そこに驚くべきジャンプ能力を加え、彼は完璧に彼の滑りをしています。

ポール:トリプルサルコウへの難しいエントランスです。



アンドレア:この歓声をお聞きください。彼らは特別な物を目撃したことを知っています。彼のリアクションをご覧下さい。彼は自身が何か特別なことを成し遂げたことを知っています。

ポール:そうですね。彼はやりました。これは素晴らしいカムバックでしたし、世界中の全ての人にとって素晴らしいスケートでした。ただ彼が氷上に出て滑ることを応援をするだけです。最初の大会でクリーンなプログラムを滑りました。

アンドレア:彼は観客により大きな歓声を求めています(笑)

ポール:まだ10月なんですよ。

ポール:あなたはシーズン序盤のオリンピック金メダル、有力候補をご覧になっています。



アンドレア:フリースケートの得点は158.40点。彼の自己最高得点ではありませんが、3年半と言う時間を考えると驚くべき得点です。総合得点は240.65点。そして彼は後続に26点の得点差をつけ、今大会を優勝しました。
(意訳、誤訳ご容赦ください)


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。