2009年09月13日

イリーナ・スルツカヤ Irina SLUTSKAYA 2006 トリノ五輪 SP (NBC)



Pl:2, TSS:66.70, TES:36.21, PCS:30.49, SS:7.79, TR:7.21, PE:7.79, CH:7.57, IN:7.75, Deduction:0.00, StN.:#18

実況:Tom Hammond
解説:Dick Button, Scott Hamilton, Sandra Bezic

サンドラ:この音楽は私を笑顔にします。何故ならそこには芸術的になろうとする要素がひとかけらも見られないからです。彼女はただ力強く演技をします。彼女のジャンプ、スピンは独自に滑られます(?)。オープニングは彼女のトリプルルッツです。もしかしたら予定を変えてくるかも知れません。

サンドラ:トリプルループ、もしくはダブルループ...

スコット:(笑)

サンドラ:そしてダブルトウループ。少し慎重だった様に思います。

スコット:彼女はこの採点システムに合わせようと努力しています。この採点システムは彼女の能力と才能に敬意を示す様なシステムです。そしてそれは彼女のジャンプや氷上を横切るスピードが、他の競技者達から区別されて評価されるシステムです。トリプルフリップ。

スコット:とても難しいエントランスからダブルアクセルに入ります。片足から跳び上がります。見事にやってのけました。

ディック:そしてその後に見事なスパイラルが続きました。それはつまり、彼女はエッジを保ち、そのスパイラルをすることが出来ると言うことなんです。実に見事ですね。

サンドラ:そしてそれは彼女に加点をもたらします。

ディック:大きく弾む様なエッジが見られました。これは最上のものとは言えません。

サンドラ:彼女のスケートにはワイルドさが感じられます。そして女子選手のパンツの着用は、新しいルールの下で可能になりました。これはとても素晴らしいアイディアですね。彼女のエネルギー、体つき、彼女の全て、この音楽。彼女は完璧な表現手段を選びましたね。



トム:彼女は(?)なエネルギーの様でしたよね。

スコット:彼女のお気に入りのこの瞬間のために、オリンピック金メダリストになるために、彼女は4年間待たなくてはいけませんでした。

スコット:...そして再び彼女は成功させます(?)。彼女は氷上を飛びまわっていますね。彼女の高さをご覧下さい。少しトウを突いた様に見えましたが(?)、エッジの要求は満たしていたと思います。ダブルトウループは簡単に成功させました。これまでに彼女が跳んだコンビネーションに比べて最高のものとは言えませんが、減点はありませんし、全く見事に成功させたと思います。ここでステップです。このエッジをご覧下さい。彼女は後方に進み、前方に完璧にターンしダブルアクセルを跳びました。ゴージャスな演技、見事なスパイラルを着氷で見せました。見事なコントロールです。

トム:イリーナ・スルツカヤ選手は首位に立つために59.41点を必要とします。36.21点、30.49点。彼女が首位に立ちました。
(意訳、誤訳ご容赦ください)


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ

2009年09月12日

イリーナ・スルツカヤ Irina SLUTSKAYA 2006 トリノ五輪 Fluff (NBC)



レポーター:今朝の「Today's Athlete to Watch(今日のアスリートを見る)」はロシアのフィギュアスケーター、イリーナ・スルツカヤ選手です。近年のオリンピック女子シングルのアメリカ勢の独壇場にチャレンジする選手がいるとすれば、27歳のオリンピックのベテランでしょう。最近、彼女のホームタウン、モスクワで私達はイリーナと一日を共にすることが出来ました。

イリーナ・スルツカヤ:おはようございます。今は早朝です。車で練習に行くところです。いつも通り少し寒いですね。

ナレーション:1998年のオリンピックで、イリーナ・スルツカヤ選手は5位に終わりました。2002年には彼女は銀メダルを獲得しました。

イリーナ・スルツカヤ:外はまだ暗いですね。まだみんな寝ている時間です。

ナレーション:彼女は他の女子選手よりも多く、7度も欧州選手権で優勝しています。

イリーナ・スルツカヤ:着きました。今からウォームアップをして氷上に上がります。

ナレーション:彼女に憧れる少女達に混じり、彼女は一日に2度練習をします。

イリーナ・スルツカヤ:時々どうしようもないですね。ミスを見つけてしまうんです。

ナレーション:イリーナはロシアのスケートの女王です。彼女の王冠の宝石で唯一欠けているものは、オリンピックの金メダルです。彼女のスケートのブレードの色が、彼女の心情を表しているかのようです。しかし、彼女はそれを認めません。

イリーナ・スルツカヤ:私は金メダルを目指している訳ではありません。演技を終え(?)の時に、私は「素晴らしい演技をしたわ」と言いたいんです。それが私にとっては重要なことなんです。

ナレーション:7年前、イリーナはセルゲイ・ミハイエフさんと結婚しました。二人はモスクワの下町の質素なアパートに住んでいます。

イリーナ・スルツカヤ:何か掃除しなきゃいけないものはありますか?

ナレーション:彼女達には子供はいませんが、あるものがいます。

イリーナ・スルツカヤ:紹介します。私の愛すべき犬です。(?)

ナレーション:アパートはイリーナの素晴らしいキャリアの思い出で埋めつくされています。壁には写真が掛かり、棚にはトロフィーが陳列されています。

イリーナ・スルツカヤ:新しい感じにしたいから、いつも全てのトロフィーの配置を変えるんです。

ナレーション:しかし、メダルは箱の中に隠れていました。

イリーナ・スルツカヤ:これがソルトレイクで獲得したメダルです。とても重くて奇麗なんです。

ナレーション:イリーナがその銀メダルを獲得した時、彼女はそれが金メダルではないことに腹を立てていました。しかし、時間は彼女の傷を癒したようです。彼女の個人的な問題が、彼女のものの見方を変えたのかも知れません。一人っ子のイリーナと彼女の母親、ナタリアさんはとても親密な母娘です。2003年、ナタリアさんは生死に関わる腎臓病を患いました。

イリーナ・スルツカヤ:彼女は第一に私の母親であり、第二に私の友人でもあります。彼女は私の一部なんです。もしくは、私が彼女の一部なんです。(笑)

ナレーション:イリーナは彼女の医療費の支払いを助け、彼女を毎日の様に訪れました。そして週に3度は彼女を利尿室(?)に連れて行きました。

イリーナ・スルツカヤ:私は彼女のために全てのことをしたいと思いました。しかし、時々、私には彼女を助けるための充分な力がありませんでした。

ナレーション:彼女の母親が病気になった同じ年に、イリーナも病気を患いました。数ヶ月間通院した結果、彼女は彼女の心臓と肺、そして体中の血管に問題があると診断されました。

イリーナ・スルツカヤ:とても困難な病気でしたが、今は以前に比べて幸せですし、遥かに調子が良いですね。時々私は私の(?)を(?)します。何故なら疲れてしまい、時々私の脚が痛むからです。しかし、私は滑ることが出来て幸せに思っています。

ナレーション:彼女が氷上に戻って来た時、一つのジャンプ、一つのスピンでさえも難しいものでした。しかし、昨年のモスクワで開催された世界選手権で優勝し、彼女はスケート界の頂点に戻って来ました。

イリーナ・スルツカヤ:やりました。とても嬉しかったですね。母国で、私の町で優勝することが出来たんです。素晴らしかったですね。今でも時々その世界選手権を見ると、また泣いてしまうんです。喜びの涙ですね。

ナレーション:イリーナが再び成功することに、ロシアチームは大きな期待をよせています。

イリーナ・スルツカヤ:私はオリンピックで金メダルを取るわ。

ナレーション:トリノ五輪のユニフォームは彼女を赤と白で飾り立て、冬の天気に対して万全の準備がなされています。良いことでしょう。何故ならロシア女子シングル歴代初の金メダルを獲得するために、彼女は自身を落ち着かせる必要があるからです。

イリーナ・スルツカヤ:私は自身をロシア人で初めてだとか、2番目だとか言う風には考えていません。私はイリーナ・スルツカヤであり、スケーターであるだけです。そしてスケートが上手いと言うだけなんです。
(意訳、誤訳ご容赦ください)


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ

追記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。