2009年10月02日

サーシャ・コーエン Sasha COHEN 2006 トリノ五輪 FP Analysis and interview (NBC)



FPl:2, Points:183.36

Pl:2, TSS:116.63, TES:55.22, PCS:62.41, SS:7.75, TR:7.57, PE:7.86, CH:7.79, IN:8.04, Deduction:1.00, StN.:#20

解説:Scott Hamilton, Jamie Salé, David Pelletier

スコット:...彼は彼女を元気づけようとしています。しかし、何かが欠けている様子が伺えます。彼女がプログラムのためにリンクに出た際、サンドラ・ベシックさんは、彼女の目が違うと言うことを指摘していました。そしてその通りでした。そこには疑念がありました。信じられないほどに強ばった表情の裏には、疑念が満ちていました。

ジェイミー:演技前に彼女がコーチといる時の様子がアップで映し出されていました。彼が彼女の手を取る際、ショートプログラムでは彼女は彼の目を見つめながら話を聞いていましたが、(フリープログラムでは)彼女は周囲を見渡し、コーチを見ていませんでした。肯定し、Yesと言うばかりです(?)。2日前の私と同じですね。とても集中していない様に見えました。

スコット:そしてここです。失敗です。プログラムが始まってすぐ、30秒後には殆ど確実に金メダルの可能性が消えてしまいました。彼女は演技を続けますが、転倒後のジャンプは最も難しいジャンプです。フィギュアスケートにおいて最も難しいジャンプは、転倒の後のジャンプなんです。彼女は果敢に挑みましたが成功させることはできませんでした。

ジェイミー:ウォームアップでも同様でしたね。彼女はウォームアップでトリプルフリップでミスをし、トリプルループでもミスを犯しました。そして彼女は2つ目のミスから立ち上がります。私はもう終わったと思い込みそうだったのですが、彼女はこのトリプルループを成功させるんです。

スコット:ウォームアップでのミスはとてもおかしなものでしたね。彼女には疑念が残っている様に思いましたが、冒頭の2つのミスの後に、彼女は本物のプロフェッショナリズムを見せます。彼女は決して演技を諦めることはありません。彼女はアピールし、笑顔を見せ、そして彼女は... 彼女のクオリティは明らかですよね。彼女は決して(?)な姿勢をとることはありませんし、氷上の彼女は実に美しいです。彼女には他の女性には無いものがあります。彼女の芸術性や、振り付け、そして彼女の演技の仕方など、実に素晴らしいと思います。それがこのオリンピックで印象に残ったことでした(?)。

デヴィッド:これを何と言えば良いのでしょうか。「賞賛」ですか。「賞賛」(と言う言葉は)は良いものですよね? 私の彼女に対する「賞賛」は、プログラムを始める際には、自身が世界で最高だと人々に信じ込ませるための時間が4分間あります。そして2つの大きなミスを犯してしまいます。残りの演技がどの様なもに見えてしまうか、想像することは難しくありません(?)。そして彼女は自身を奮い立たせます。それはサーシャにとってはとても珍しいことなんです。たいていの場合は最後の3秒間で彼女のミスを探すことになるんですが、彼女はプログラムの冒頭でミスを犯してしまったのです。ですから彼女に対する「賞賛」は、彼女は実に銀メダルに相応しかったと言うことです。

スコット:ここでトリプルフリップです。彼女は決して諦めません。そしてそれらのことは長い間(?)でしたが、彼女は決して諦めないんですね。誤解しないで欲しいのですが、彼女はより強くなりました。このコンビネーションをご覧下さい。多くの練習と、彼女の懸命さ、彼女のコーチ、ジョン・ニックスさんとの関係が伺えます。彼は彼女を次のレベルへと引き上げましたね。

デヴィッド:もしこのプログラムで彼女に45秒間ほどの延長時間が与えられれば、おそらく金メダルは彼女のものだったでしょうね。まるで彼女は最初の1分間を終えてから身体が温まったようでした。スコットがおっしゃった様に、彼女は(演技が進むに連れて)より良くなりました。

スコット:あの様な大きな2つのミスの後にメダルを獲得することが出来れば、それは奇跡だと言うことを彼女は知っていたと思います。しかし、そんなことは関係ありませんでした。重要なことはスケートであり、演技であり、オリンピックの氷上に立っていると言うことなのです。そして全ての人に対しこう答えるのです。「多くの人に期待されていることは知っています。あなたを裏切ることはありませんし、自身を裏切ることもありません。そして私が犯したミスに関係なく、この瞬間を諦めません」

ジェイミー:彼女はスケートの競技会で最高の人物だと思います。信じられません。

スコット:彼女のエッジの変え方が良いですね。(?)以外、緩んだところがありません。完璧です。これはとても難しいんですよ。

デヴィッド:ジェイミー、どう思う? 彼女は(?)だよね。

ジェイミー:お聞きくださって、どうも。(笑)

スコット、デヴィッド:(笑)

ジェイミー:三週間後には誰かさんが(?)しているでしょうね。

デヴィッド:(笑)

スコット:私達は長年スケートについて語ってきましたが、この様な演技を見たくはありませんでした(?)。(?)を聞きましたが(?)、素晴らしいことは、私達は(この様な演技の)クオリティを見、楽しみ、吸収することが出来る立場にいると言うことです。とても素晴らしく、スペシャルでした。

ジェイミー:トップに立つことは名誉なことだと言います。トップに立つことは実に名誉なことですし、彼女はトップに立つことを好みます。彼女のインタビューを見たことがあるのですが、彼女はそう答えていました。彼女は注目を集めることを好みます。なぜなら自身が何か見事なことをしたと思うことが出来るからだそうです。私は彼女のそんな姿勢が好きですね。

デヴィッド:この氷上に立つことが出来た選手は、人々の敬意を受けるに値すると思います。この氷上に立ったことのある人々に敬意を表しますが、サーシャはそれよりも少しばかり大きな敬意に値すると思います。自身に言い聞かせているんですけどね。あの2つのミスの後も諦めることが無かったことに、私は敬意を表したいと思います。

スコット:彼女は(?)・ジョイスさんのインタビューを受けました。



女性:出来の悪いウォームアップの後、初めの二つのジャンプを失敗してしまいました。何が起こったのですか、サーシャ?

サーシャ・コーエン:私はベストを尽くそうと思ったのですが、あれらのジャンプの際に、足が地についていなかった様に思います。ウォームアップでも懸命に挑みましたし、プログラムでも再び懸命に挑みました。あの失敗の後に再び立て直すことが出来たことを誇りに思います。とても難しいことでした。

女性:あなたの脚にはテーピングが施されていますね。怪我をしていたんですか? どれほどの影響があったのでしょうか?

サーシャ・コーエン:はい。今週、私は脚にテーピングをしていました。少しばかり厳しかったことは確かですが、それほどの影響はありませんでした。今夜は2つのジャンプを逃してしまったことが大きいです。予定していたものとはほど遠い出来でしたが、持ちこたえ、強い演技をすることが出来た自分を誇りに思います。

女性:どのようになさったのですか? 冒頭の2つのジャンプを失敗した後で、持ちこたえる際、そして最終的に演技を終わらせた際に、自身にどの様に言い聞かせたのでしょうか。

サーシャ・コーエン:とても厳しいものでした。成功させた3つ目のジャンプは、ウォームアップで転倒してしまったものだったので... 一歩一歩確実に滑り、信じ、決然とし続けました。メダルは獲得出来ないものとばかり思っていたので、銀メダルを獲得することが出来てとても嬉しく思います。

女性:ショートプログラムの後は全く(?)でしたよね。今のあなたの気持ちをお聞かせ頂けますか? ホームに金メダルを持ち帰ることが出来なくて、失望感などはありますか?

サーシャ・コーエン:間違いなく、自身のスケートには失望した感もありましたが、ここに至るまでの過程を誇りに思いますし、後悔はしていません。最終的にあの過程があったので、私は幸せにホームに帰ることが出来ると思います。

女性:おめでとうございます。

サーシャ・コーエン:ありがとうございます。
(意訳、誤訳ご容赦ください)


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ



2009年09月29日

サーシャ・コーエン Sasha COHEN 2006 トリノ五輪 FP (British Eurosport)



FPl:2, Points:183.36

Pl:2, TSS:116.63, TES:55.22, PCS:62.41, SS:7.75, TR:7.57, PE:7.86, CH:7.79, IN:8.04, Deduction:1.00, StN.:#20

実況:Simon Reed
解説:Chris Howarth

サイモン:彼女は21歳になりました。これからの4分間、私達は彼女がどれだけ成長したのかを見ることになります。カリフォルニア州、ロサンゼルス市郊外のアリソ・ビエホ出身です。サーシャ・コーエン選手です。彼女の音楽は「ロミオとジュリエット」です。

サイモン:ルッツのコンビネーションで始めます。

サイモン:ここからは良い演技を見せなくてはいけません。

サイモン:私達の左側にいるアメリカ人(の放送席?)から悲痛な悲鳴が聞こえます。間違いなく、この始めの1分間で金メダルの可能性は消えてしまいました。これから散々な演技にならなければ、メダルを目指すことは可能です。

サイモン:ループで見事な立て直しを見せました。

サイモン:良くやりました。トリプルフリップ+ダブルトウループ。

サイモン:トリプルトウループ+トリプルサルコウ。



サイモン:磁器の様な(蒼白な?)表情です。しかし、サーシャ・コーエン選手はとても力強い立ち直りを見せました。最初の1分間で彼女は自身の回りの世界が崩れ落ちた様に感じたのではないでしょうか。しかし、彼女は持ちこたえさせました。この演技は競争の中で金メダルを獲得出来る演技ではありませんでした。しかし他の2名の選手には金メダルの可能性があります。荒川選手かスルツカヤ選手、彼女達のどちらかが金メダルを獲得することになるでしょう。しかし、今夜起こり得たより悪い事態から(?)、彼女は自身を救い出しました。

クリス:最初の45秒間に何が起こったのかについて、私はもう一度考えていました。彼女はあれらのジャンプを成功させるだけで良かったのです。しかし、彼女は本物の個性を見せることに成功しました。失敗から立て直し、あの様に戦い、持ちこたえました。私達はこれまでにも、スケーター達が二つのミス、あの様な致命的な二つのミスを犯す事態を数多く見てきました。(その様なミスの後に)頭を切り替えることは殆ど不可能に近いことです。しかし氷上の彼女はまるで(?)の様でした。とても見事なプログラムでした。もちろんスピンもありましたし、芸術性、スパイラルもありました。それら全ての要素が大きく基礎得点やそれ以外の全ての得点、レベルなどを引き上げるでしょう。昨夜、彼女が夢見た様な演技ではありませんでした。しかしこの恐ろしい冒頭の後、彼女は5つの3回転をきめるタフネスぶりを見せました。考えをかき集め、本当に集中する必要がありました。一つ目にジャンプ、ルッツジャンプの前に大きなエッジの変化がありました。転倒にならなくて良かったですね。何故なら1点の減点になってしまうからです。

サイモン:間違いなく彼女は首位に立つでしょう。しかし、どれだけの間、首位につけていることが出来るでしょうか。他の選手次第になります。もし彼女達が掌握することが出来なければ... スルツカヤ選手が最後の滑走者だということを忘れないで下さい。しかし、スルツカヤ選手は必要十分な演技をすることに慣れています。今現在のところ彼女が本命です。もしくは荒川選手ですね。しかし、もし彼女達が本来の演技をすることが出来なければ、最終的にプレッシャーを与え、コーエン選手が優勝する可能性もあります(?)。

クリス:彼女はこのプログラムを懸命に滑り切りました。振り付けがとても良かったですね。ダブルアクセル、2回転半です。美しくクリーンでした。着氷の際の背筋がとても力強かったですね。

サイモン:彼女の背中には大きな問題がありました。彼女は深刻な怪我をを抱えていました。そして水泳によって背中を鍛え上げたそうです。彼女は何時間も泳ぎました。
素晴らしい柔軟性ですね。

クリス:そうですね。才能です(?)。

サイモン:苦悩の時間ですね。現在ロシェット選手が7点の差をつけ首位に立っています。彼女のフリーの得点は111点でした。しかしフリースケートを前にして、サーシャはロシェット選手に対し11点の得点差を持っていました。ですから彼女が首位に立つことは間違いないでしょう。問題はどれだけの得点差をつけて首位に立つかということです。

クリス:汗ばむ手を広げます(?)。得点です。

サイモン:良い得点です。55点、構成点は62点。この得点は大きな得点差をつけての首位になります。15.5点の得点差をつけて首位に立つことになります。この得点で充分なのかどうかを知るためには、彼女は待たなくてはいけません。おそらく充分ではないでしょう。しかし、結果は誰にも分かりません。(?)
(意訳、誤訳ご容赦ください)


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ




2009年09月28日

サーシャ・コーエン Sasha COHEN 2006 トリノ五輪 FP (NBC)



FPl:2, Points:183.36

Pl:2, TSS:116.63, TES:55.22, PCS:62.41, SS:7.75, TR:7.57, PE:7.86, CH:7.79, IN:8.04, Deduction:1.00, StN.:#20

実況:Tom Hammond
解説:Scott Hamilton, Sandra Bezic, Dick Button

トム:女子シングル、フリースケートの模様をお送りしています。氷上にはサーシャ・コーエン選手の姿が見えます。タイツの下にはテーピングがされているそうです。鼠径部の怪我のため、彼女の左足にはテーピングが施されています。コーチのジョン・ニックスさんと話をしています。彼女のウォームアップは悲惨なものでした。彼女は全く思考出来ていない様に見えました。

スコット:先のウォームアップでの幾つかのミスを忘れるために時間を要しました。彼女はウォームアップを何とか良い形で終わらせることが出来ました。最後のトリプルループはとても重要なものでした。オリンピックのロングプログラムにこの様な状態で臨むことは好ましいものではありません。

サンドラ:彼女の目はショートプログラムの前のものとは全く違う表情を見せていますね。

スコット:疑念が伺えます。

スコット:トリプルルッツは転倒してしまいました。

スコット:彼女が練習で苦しんでいたトリプルフリップです。再度、ステップアウトしてしまいました。1位に留まるためには、彼女はミスをすることは出来ません。これまで2度のジャンプ要素のうち、2つのミスを犯してしまいました。どちらも右足で踏み切るジャンプですが、左足を引き寄せなければいけません。トリプルループ。見事に立て直しました。

サンドラ:これは表彰台に残るための戦いになります。

スコット:トリプルフリップ+ダブルトウループ。プログラム後半で見事な立ち直りを見せました。彼女は加点を得ることになります。



ディック:この非常に美しい振り付け、非常に美しい手足(?)、完璧な姿勢、そして彼女の持つ美しい芸術性のの対価として、私はあの二つのミスを無かったことにしたいくらいです。

トム:しかし、悲しげな両目が、ストーリーを物語っています。

スコット:彼女の才能は芸術性であり、このスポーツの運動競技としての側面が彼女を何度も裏切りました。ロングプログラムを滑るにあたって、彼女の目に疑念が伺えたと思います。今夜、彼女が成すべき全てのことを成功させるには、完全に集中する必要がありました。今は試合の行方を見守らなくてはいけません。彼女がどの様な得点を獲得することが出来るのか、そして他のスケーター達がどの様な演技を見せることが出来るのかに注目したいと思います。

サンドラ:サーシャと他の全ての選手達との違いは、全ての選手は「ロミオとジュリエット」を滑るのですが、彼女は「ジュリエット」そのものなのです。
(意訳、誤訳ご容赦ください)


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ




2009年09月24日

サーシャ・コーエン Sasha COHEN 2006 トリノ五輪 FP News (NBC)




キャスター:今夜、ここトリノで開催されているオリンピックでは、フィギュアスケート、女子シングルの競技が行われます。もしアメリカ人選手が金メダルを母国に持ち帰るのだとしたら、それはサーシャ・コーエン選手の首にかかっているだろうと、多くの人は考えています。彼女は何人かの世界最高の選手達と競うことになりますが、彼女もその最高の選手達の一人です。NBCのデニス・マーフィーさんがお伝えします。



デニス:(?)は長く続くでしょうか。(?)で出来たバレリーナの様に滑るサーシャ・コーエン選手は、何年間もミッシェル・クワン選手と競い合い、先月、彼女は全米選手権で優勝を果たしました。そして今、彼女はもう一つの賞を目指します。

デニス:あなたは何年間も「ミス銀メダル」でした。花嫁(*主役)ではなく、花嫁の友人(*脇役)としてね。その後に「ミス金メダル」になると言うことは、あなたにとってどれほど素晴らしいことなのでしょうか?

サーシャ・コーエン:私は金メダルを獲得し、頂点に立つ時が来たと確信しています。

デニス:シルク(?)の女王は卓越した演技で知られますが、予期しない着氷で終わることもしばしばありました。公平かどうかはさておき、それは彼女に幾つかの(?)をもたらしました。(?)と言うものです。

サーシャ・コーエン:私は少々不公平な批評を受けていると思います。いつも完璧な訳ではありませんが、素晴らしい演技をしたことも事実です。

デニス:最後の転倒は、サーシャが家にメダルを持ち帰ることを許しませんでした。そしてパズルの欠けた1ピースを見つけるために、彼女は数々のコーチの変更をすることになります。しかし、もしかしたらそのピースは常に彼女の手の近くにあったのかも知れません。
彼女は長年のコーチであったジョン・ニックスさんと再び取り組んでいます。

デニス:もしお二人が一緒にいるとしたら、どのようなことが必要になるのでしょうか?(?)

ジョン・ニックス:慎重さかな。(笑)

デニス:(笑)

デニス:サーシャは厳しく監督されることも確かにあるのですが、彼女のコーチは彼女のレイバックスピンを完璧なものにすることに注意を払います。

サーシャ・コーエン:彼は私の激しい部分を残しつつ、バランスを取ってくれるんです。

デニス:サーシャ、あなたにとってシリアルの箱に顔が載るくらい有名になることは重要なことですか?

サーシャ・コーエン:もちろん。リンクの内でも外でも、私は多くの注目を集めていたいですね。それが私なんです。



デニス:NBCニュースのデニス・マーフィーがカリフォルニアのラゴナビーチからお伝えしました。
(意訳、誤訳ご容赦ください)


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ

2009年09月23日

サーシャ・コーエン Sasha COHEN 2006 トリノ五輪 FP Practice (NBC)



実況:?
解説:Scott Hamilton

?:サーシャ・コーエン選手です。今日の正午にパラベラを後にしました。彼女は2日前の最初のスケート(ショートプログラム)で勝利し、そしてもちろん今晩、ゴールデンアワーのNBCでは女子シングルのフリースケートの模様を中継でお伝えします。

(ジョン・ニックス:誰と話してるんだ?)

?:サーシャ・コーエン選手ですが、彼女の怪我は今晩の演技に影響を与えると思いますか? 彼女は10:15分頃に滑ることになりますが(?)。

スコット:多くの問題がありますね。ショートプログラムの後、私はコーエンさんにお祝いの電話をしたのですが...

?:彼女のお母さんですね。

スコット:そうです。彼女のお母さんにお電話しました。そして私は「おめでとうございます。とても素晴らしく、ファンタスティックで、非常に良かったです。」と言いました。彼女は演技が終わって安心したとおっしゃり、「何故ならサーシャは鼠径部の問題で苦しんでいたんです」とおっしゃっていました。彼女は「怪我」だとは言わなかったのですが、練習では(?)でした。ですから、ロングプログラムに向けて... ショートプログラムでは3つのジャンプ要素がありましたが、ロングプログラムでは7つもあるんです。悪化することになりますが(?)、脚を揃えなくてはいけません。ゆっくりと回復する怪我ですので、ちゃんとウォームアップを行えば、深刻な怪我でない限り動かすことは出来るでしょう(?)。問題は... 問題はウォームアップです。もしウォームアップし過ぎてしまうと、脚が疲労してしまいます。

女性:私は...

スコット:バンデージが見えます。温めるために巻いているんですね。

女性:そして大きなスパイラルでは、彼女はあの脚を使うことになります。彼女はスパイラルでは左足を上げるんです。ですから、それは怪我の助けになるかも知れません。誰にも何が起こるかは分かりません。私達がオリンピック期間中にお話しして来たことなのですが、誰も彼女を助けることは出来ないんです。彼女は彼女の持つ全てを持って戦わなくてはいけないんです。

男性:そうですね。何を言えば良いのか分からないのですが、もし彼女が怪我をしているのなら、彼女は怪我をしているのでしょう。それ以外のことを憶測するつもりはありません。

スコット:良いと思いますよ。(笑)

男性:彼女は大丈夫そうじゃないですか。私が言いたいことは、一体何名の選手がオリンピックに100%の状態で臨んでいるのでしょうか。もしかしたら、彼女は100%の状態ではなく、95%の状態なのかも知れませんが、彼女にはそれで十分なのかも知れないのです。

スコット:彼女達はそのことを話しません。そのことに因って、それは大きな問題ではないかの様に思わせるのですが、このトリプルフリップをご覧下さい。このジャンプでミッシェル・クワン選手はオリンピックの優勝争いから外れることになりました。もしあの左足に力が加わればどうなるのでしょうか。あの左足を上げジャンプに入る訳ですが、その脚を引くと同時に回転しなくてはいけないんです。その部分には大きな力がかかることになります。彼女達が話してくれないので、それが炎症なのか、筋肉を伸ばしてしまったのか、怪我なのか、私達は何も知らないのです。サーシャのお母さんと話している時に、私はまるで冗談の様に思ってしまいそうでした。しかし、練習の終わりにかけて、数日間、彼女は調子を上げていった様に見えました(?)。時々成功する様になったのです(?)。これをご覧下さい。彼女は(トリプルフリップを)跳びますが、ステップアウトしてしまいます。しかし、試みる度に調子を上げている様に見えます。

男性:私にとって、それ(ジャンプのミス)は2日間も滑らず迎えた朝の練習では当然のことだと思います。何回か跳んで足を慣らしていくんですね。そして、ショートプログラムのウォームアップを覚えていらっしゃるでしょうか。彼女が満足するトリプルルッツを跳ぶまでに、3回のジャンプが必要でした。

スコット:しかし、彼女のプログラムの鍵は、彼女は毎分毎に、あらゆる得点と実行力のレベルを稼ぐことが出来ると言うことです。全てで最高のレベル、レベル4を獲得することが出来ます。彼女はシステムを理解していますし、それを適用させています。スピンは素晴らしいですし、フットワーク・シークエンスも素晴らしいです。彼女は実に見事なのですが、全てのジャンプを成功させなくてはいけません。
(意訳、誤訳ご容赦ください)


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ

追記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。