2009年06月27日

ベルビン/アゴスト Tanith BELBIN / Benjamin AGOSTO 2009 世界選手権 FD (CBC)



FPl:2, Points:205.08

Pl:2, TSS:100.27, TES:50.50, PCS:49.77, SS:8.35, MO:8.10, PF:8.45, CH:8.30, IT:8.40, Deduction:0.00

実況: Scott Russell
解説: Kurt Browning, Tracy Wilson

スコット:...そしてアメリカのファンの心に近いペアの登場です。2006年のトリノ五輪で銀メダルを獲得したタニス・ベルビン/ベン(ベンジャミンの愛称)・アゴスト組です。今年、彼は腰の怪我からの復帰を果たし、オリジナル・ダンスを終えて2位に着けています。

トレイシー:そして彼らは情熱、裏切り、悲劇のストーリー、「トスカ」を滑ります。

トレイシー:彼らは昨年4位に終わり、表彰台に上がることが出来ませんでした。その後、コーチの変更を決断し、ヴァーチュ/モイア組のチームメイトでしたが、今はリニチュクさんとカーパノソフさんの下で練習に励んでいます。
フリー・ダンスに対するより伝統的なアプローチが見られますね。

スコット:タニスの出生地はカナダのオンタリオ州、キングストンでしたが、アメリカの市民権を取得しました。アメリカ代表としてトリノ五輪に出場するために、ちょうど間に合いました。

トレイシー:彼らは心を込めてこのプログラムを滑り、素晴らしい演技を見せています。

スコット:2006年にカルガリーで開催された世界選手権で銅メダルを獲得しました。そして2007年、日本の東京でも銅メダルに終わりました。タニス・ベルビン/ベン・アゴスト組は、過去数年間にわたって脚光を浴びる場に留まるために大いに苦しみました。

トレイシー:冒頭にも述べましたが、彼らのフリー・ダンスにはより伝統的なアプローチが見られます。とても彼らに合っていますね。ドラマティックで、彼らは自由に滑ることが出来る様に思いますし、その中で彼らはパワーとスケートを見せることが出来ていたと思います。

カート:あなたのご意見には同意しますが...

トレイシー:しかし、他の演技に比べて、独創性に欠けていた様に思います。

カート:私が言おうとしたことは、テーマになるリスクが無かった様に思います。テッサとスコットで言えば、彼らの最も大きなリスクは、テッサが彼のシャツに絡まって身動きが取れなくなるということですよね。

トレイシー:(笑)

カート:このリフトは違いますが、多くのリフトで準備に長い時間がかかりました。一旦空中に上がれば美しいのですが、そう言う小さな点に気付き始めてしまいます。全体的な印象なんですが、タニスは良くやっていると思います。ベンが怪我を治療している間に、彼女は一人で多くの練習をしていたのでしょうね。

トレイシー:その通りだと思います。特に彼女のストロークの技術、フリーレッグの美しさは見事です。それは彼女の弱点だと言われていたことなんですよね。この得点をご覧下さい。

カート:Yeah, 良い得点ですね。

スコット:良い得点が出ました。ベルビン/アゴスト組のフリー・ダンスの得点は100.27点。そしてこの得点はカナダのテッサ・ヴァーチュ/スコット・モイア組を抜き、大きな得点差をつけ1位に着けました。地元、ロサンゼルスでアメリカのペアが首位に着けました。
(意訳、誤訳ご容赦ください)


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ

追記

2009年06月18日

ベルビン/アゴスト Tanith BELBIN / Benjamin AGOSTO 2009 世界選手権 CD (CBC)



Pl:2, TSS:39.65, TES:20.26, PCS:19.39, SS:7.80, TI:7.55, PF:7.75, IN:8.00, Deduction:0.00

実況: Scott Russell
解説: Kurt Browning, Tracy Wilson

スコット:彼女はカナダのオンタリオ州、キングストンで生まれました。彼はイリノイ州、シカゴの出身です。タニス・ベルビン/ベンジャミン・アゴスト組です。2006年のオリンピックのために、タニスはアメリカ国籍を取得し、そのオリンピックで彼らは銀メダルを獲得しました。

トレイシー:以前、彼らはヴァーチュ/モイア組と練習を共にしていましたが、今は、先ほどご覧頂いたドムニナ/シャバリン組と共に練習をしています。彼らのコーチはリニチュクさんとカーパノソフさんです。

トレイシー:ドムニナ/シャバリン組の様に膝が良く沈み、クロスロールでは幅のあるステップを踏みます。
ここです。ご覧下さい。アウトサイドエッジから次のアウトサイドエッジへと素早く切り替えます。

トレイシー:先ほど、怪我の多いシーズンだったと話をしていましたが、ベン(ベンジャミンの愛称)の怪我のために、彼らは全米選手権に出場することが出来ず、タニス選手は一人で練習をすることになりました。彼女の持つ技術に相応しく、今年の彼女は順調に仕上がっていると思います。氷上に駆り立てられている様な姿、彼女のフリーレッグが留まり押し出される様、彼女のスケーティングのフリーレッグのラインはとても向上した様に思います。それ(フリーレッグのラインを向上させる練習)はとても退屈な作業なんですよ。しかし、彼女は見事に...



スコット:シーズンを通して、ベンジャミン・アゴスト選手は腰の椎間板ヘルニアで苦しみ、韓国で開催されたグランプリファイナルを棄権、全米選手権と四大陸選手権を欠場しましたが、地元開催の世界選手権に出場することが出来ました(?)。
彼らのコンパルソリー・ダンスの得点は39.65点、今季最高得点となりました。カナダのテッサ・ヴァーチュ/スコット・モイア組を僅かに上回りましたが、ロシアのペアに次いで2位に着けています。依然としてドムニナ/シャバリン組が首位に着けています。
(意訳、誤訳ご容赦ください)


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ

追記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。