2009年06月01日

サミュエル・コンテスティ Samuel Contesti 2009 世界選手権 EX (British Eurosport)



実況、解説:Chris Howarth, Nick Slater

クリス:...そして、5位に終わりました。欧州選手権では2位でした。イタリアのサミュエル・コンテスティ選手です。シナトラの音楽を滑ります。



クリス:何と言う個性でしょうか。
そしてこちらから見ていると、こちらから彼の演技の仕方を見ていると、彼は最後の注目を集めることが好きな選手かと思ってしまいませんか?。何故なら彼は真の自由を持っているからです。ちょっと生意気そうな感じもしますが、彼は「ミスター・クール」でもあります。

ニック:そうですね。彼は「ミスター・エンターテイナー」ですよね。そう彼を人は呼びます(?)。一度氷上に立てば、彼は素晴らしいスポーツマンですし、今は素晴らしい知性を兼ね備えています。欧州選手権での演技はまぐれではなかったことを証明しました。ここロサンゼルスで、彼は再び素晴らしい演技を見せました。良くやりました。

クリス:10組中6組目に彼の滑走順が組まれる様な間違いを、再び彼らが犯すことは無いでしょう。イタリアのサミュエル・コンテスティ選手でした。
(意訳、誤訳ご容赦ください)


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
追記

2009年05月19日

サミュエル・コンテスティ Samuel Contesti 2009 世界選手権 FS (British Eurosport)



FPl:5, Points:226.97

Pl:5, TSS:148.47, TES:73.67, PCS:74.80, SS:7.30, TR:7.15, PE:7.60, CH:7.55, IN:7.80, Deduction:0.00

クリス:...この水準で世界のトップ6の仲間入りを果たしました。世界選手権において、初めての本当のチャンスになります。4年前は26位でした。その時から彼は成長しましたね。イタリアのサミュエル・コンテスティ選手です。

クリス:曲はエンニオ・モリコーネ「Once Upon a Time in the West」です。

ニック:もし(最初のジャンプを)成功させることが出来れば、このプログラムはロサンゼルスで嵐を巻き起こしますね。

クリス:この始まりはどうでしょう。トリプルアクセルです。

クリス:予定とは違いますね。(単独のトリプルアクセルは)最初の要素ではありませんでした。

クリス:トリプルルッツ。

クリス:(?)トリプルフリップです。これは(予定されていた要素が)変更されたプログラムです。

クリス:手を上手く使っていますね。

ニック:トリプルアクセル+トリプルトウループ。しかし、間にターンが入ってしまいました。

クリス:2度目の大成功の日でした。リンクのあちこちで大きな笑顔が見られます。何と言う素晴らしいアイディアでしょうか。素晴らしい振り付け、見事なプログラム、そしてもし彼の価値を認めることが出来れば、この男性も見事でしたね(?)。彼は出身国であるフランスのために滑っていましたが、フランスは彼をオリンピックに出場させなかったので、彼は「どうもありがとう。さようなら」と言い、イタリア人のガールフレンドと結婚し、今はイタリアのために滑っています。全てのフランスのスケーター達を視野に入れ、持っているショットガンで一人ずつ打ち倒しました。おそらくジュベール選手を負かすことはできないでしょうが、それ以外の選手には勝つでしょう。彼は素晴らしいですね。

ニック:Yeah, 実に気に入りました。四大陸選手権を考慮すれば、この演技は満点でした。プログラムに関しては素晴らしかったですね。昨年の順位から、ここまで来ることが出来た選手を見ることが出来て嬉しいです。彼は昨年は出場していませんよね。

クリス:出場していませんね。

ニック:数年前のことですよね。2006年か2005年だと思います。そして戻ってきました。最終グループで全く良い結果を残しましたね。見ることが出来て良かったです。技術的に彼は素晴らしいです。しかし、その技術的な能力とショーマンとしての手腕を結びつけ、プログラムに楽しさをもたらしました。現在の国際採点システムの概念が求める全てに答えることは、本当に難しいことなんです。彼は自身の解釈を実に上手く取り入れ、このフリープログラムを特徴づけました。この個性はどうでしょうか。トリプルアクセルを着氷し、トリプルトウループを跳びました。

クリス:「Cotton-eyed Joe」で始まる演技が全てを表しています。彼の視界と同様に、誰を視界に入れるかが重要ですね(?)。彼が出場するたびに、フランスのスケート連盟は彼らのことを考えているでしょうね。彼に緊張は見られません。ただ要点を証明しているようです。そして、26歳と言う年齢で彼は成功したのです。彼には未来がありませんでした。もしかしたら、最終的に彼はフランススケート連盟に感謝すべきかも知れないですね。何故なら、(笑)彼らが彼をトリノ(オリンピック)に送らない決断をしたことによって、彼らは彼のスケートを向上させたからです。しかし、彼は彼のやるべきことを成し遂げました。素晴らしいですね。もし他の選手が演技しなければ、ちょうどメダルに届かない順位でしょう(?)。

ニック:最もワイルドな夢でしょう(?)。ペーター(・シュヴァイツァー)・グリュッターさんです。彼と共に移り、何と言う素晴らしい仕事を彼は成し遂げたのでしょうか。

クリス:今季最高得点です。ますます良くなっていきます。チャン選手が首位に立ちますが、この男性が2位に着けることになりました。残り4名です。しかし、彼は彼の仕事を成し遂げ、私たち全員に笑顔をもたらしました。
(意訳、誤訳ご容赦ください)


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ

追記

2009年05月18日

サミュエル・コンテスティ Samuel Contesti 2009 世界選手権 FS (CBC)



FPl:5, Points:226.97

Pl:5, TSS:148.47, TES:73.67, PCS:74.80, SS:7.30, TR:7.15, PE:7.60, CH:7.55, IN:7.80, Deduction:0.00

実況: Scott Russell
解説: Kurt Browning, Tracy Wilson

スコット:26歳、サミュエル・コンテスティ選手の登場です。イタリアのプルマイアール(?)の出身です。2度目の国内選手権、世界選手権になりますが、イタリアの代表としては初めてのことになります。前回はフランス代表として出場しました。

トレイシー:ショートプログラムでは50人の男子選手が出場しましたが、その中で彼の滑走順は2番目か3番目立ったと思います。そしてその日の終わりまで得点が持ちこたえ、ショートプログラムを終えて6位に着けました。

トレイシー:曲は「Once Upon a Time in the West」と「Cotton-eyed Joe」です。

カート:演じる役になり切らずに、ただ一連のシークエンスを縫い合わせているだけのフィギュアスケーターを数多く見てきましたが、この男性はカウボーイのように見えます。成功させることが出来るでしょうか。カウボーイは跳ぶことが出来ますね。トリプルアクセルでした。

カート:1988年のことを思い出します。痩せっぽちの少年が挑戦していた時の... 私にもカウボーイの衣装を着た時のためのシークエンスがあるんですよ。それを思い出します。

スコット:カート、どう呼びましょうか? 彼はイタリア出身なので、この演技は「スパゲッティ・ウェスタン」と呼びますか?

トレイシー:(笑)

カート:そう呼ばなきゃいけないのかい? (笑)

トレイシー:サミュエル選手はフランス代表として滑っていました。2005年の世界選手権にはフランス代表として出場し26位に終わりました。その後、フランス代表になるためにとても苦しんだために断念し(?)、フランスを離れイタリアに移りました。今はイタリアを代表し、欧州選手権では2位に着けました。

カート:フランスのスケート連盟は「Oh, Damn(ちくしょう)」と思っているでしょうね。(笑)

トレイシー:私は彼の音楽の使い方が好きですが、この部分での彼はとても遅く、あまり流れがありません。エネルギーを集めます。トップ選手達はそのためにあまり時間を割きません。二つ目のトリプルアクセルです。

カート:Wow

トレイシー:コンビネーションでなくてはいけません。ターンから(?)トリプルトウループを跳びました。

スコット:以前の練習仲間、フランスチャンピオンのヤニック・ポンセロ選手より上位に着けています。

カート:お家で観戦している子供達やコーチ達のために指摘したいのですが、少しの個性と忍耐は観客をここまで引き付けます。この建物の中にいる全ての人はこの演技を愛し、彼に賛同します。彼は観客を引き付け、手のひらを頭にあてます(?)。何故、より多くの選手達がこの様なことをしないのでしょうか。何故なら、個性を観客に表現することに因って、ジャンプに対する集中力を失ってしまいます。殆どの人がそうすることが出来ないんです。この演技は爽快で、楽しいですね。

トレイシー:しかし、彼はその間にスケートすることが出来ますか? これはスケートの大会です。

カート:そうなんですが、この演技は楽しいものです。
彼の来年の演技を見て下さい。

カート:どの大会でも一人の選手がリンクの上で踊るようですね。アメリカのライアン・ブラッドリー選手もこう言う演技をします。

トレイシー:カート、あなたに同意します。この演技は爽快です。しかし、彼の流れの無さを指摘しなければいけません。

カート:その通りですね。(笑)

トレイシー:何故ならこれは... トップ選手達の中に割って入りたいのなら、重要なこと(?)をしている間に、スピードを落とすことがあってはいけません。

スコット:ステイプルス・センターの観客はこの演技を気に入ったようです。イタリア代表のサミュエル・コンテスティ選手にスタンディング・オベーションが送られます。

カート:トレイシー、私達は少し「良い警官、悪い警官(*1)」の様でしたね。私はプログラムを楽しみ、エンターテイメントとしての側面を賞賛していました。あなたはもう少し(?)する必要がありますね。

トレイシー:(笑)

カート:世界選手権では、もっと多くのこの様な演技を見ることになるでしょうし。しかし、疑いなく彼はジャンプを跳ぶことの出来る選手ですね。そして、彼はそれらをまとめることが出来ます。彼には多くの可能性がある様に思います。彼には活躍してもらいたいですね。彼はこの競技にとって良い存在だと思います。

トレイシー:カート、あなたに同意します。観客にとってはエンターテイメントでしたが、審判員達は感情との間に一線を引き、彼が技術的に何をしているのかを見なくてはいけません。そして私はそこを指摘しなくてはいけませんでした。何故なら、そこが採点におけるポイントになると思うからです。他方であなたがおっしゃった様に、集中力を失いたくないために、スケーター達が観客に向けた演技をしないと言うことなんですが、この様な演技の一つの長所は、観客と楽しむ間にリラックスすることが出来、もし観客を引き付けることが出来れば、観客はそれに応え選手を勢いづかせるんですね。ですから、この様な演技は選手をとても助けます。あなたはそのことを他の誰よりも良く知っていらっしゃいますよね。(笑)

カート:トレイシー、話を聞いていて(???)。

カート:(笑)必要なことの全ては「赤鼻(*2)」だったんだよね。

スコット:観客は依然として彼に歓声を送っています。フランスのブライアン・ジュベール選手に続き、欧州選手権では銀メダリストを獲得しました。彼はイタリアの、ちょうどフランスの国境を越えたところに住んでいます。アヌシー(*3)の(?)です。

スコット:サミュエル・コンテスティ選手は148.47点を獲得しました。新しい今季最高得点です。(?)ショートプログラムの得点を加えて、総合得点でカナダのパトリック・チャン選手より下位の2位に着けました。コンテスティ選手は(?)。
(意訳、誤訳ご容赦ください)

*1: http://ja.wikipedia.org/wiki/良い警官・悪い警官
*2: Red Form Nose: http://trishjones.com/images/red-nose-day-lenny.jpg
*3: コンテスティ選手のホームタウン

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ


追記

2009年03月21日

サミュエル・コンテスティ Samuel Contesti 2009 欧州選手権 FP (British Eurosport)

サミュエル・コンテスティ Samuel Contesti 2009 欧州選手権 FS (British Eurosport)

FPl:2, Points:220.92

Pl:3, TSS:144.97, TES:76.77, PCS:68.20, SS:6.65, TR:6.30, PE:6.95, CH:7.05, IN:7.15, Deduction:0.00

実況、解説:Chris Howarth, Nick Slater

クリス:もし、この若者のショートプログラムをご覧になられなかったのであれば、お気の毒です。彼は人生で最高の演技をしました。私達は今回も彼の幸運を願っています。
彼は気を引き締めなければいけません。フリープログラムを前にして3位に着けています。イタリアの25歳、サミュエル・コンテスティ選手です。
彼のフリープログラムの曲は、エンニオ・モリコーネ作曲、「Once Upon a Time in the West」です。

ニック:舞台裏に彼の馬を残してきました。

クリス:イタリア代表として出場する初めての欧州選手権です。前回はフランス代表として2005年に出場し、9位に終わりました。
Oh Yeah, 調子が良いようです!
トリプルアクセル+トリプルトウループ
そして実に楽しい。Oh ダブルルッツでした。
頑張れ、サミュエル選手。落ち着いて。

クリス:これは良かったです。フリップジャンプです。

クリス:トリプルアクセルです。
Wooh, 薄皮一枚で堪えました。

クリス:これは奇麗にきまりました。

クリス:少々コットンアイ(Cotton-eyed)の動きを取り入れています。
実に楽しい演技です。
残り1分です。

クリス、ニック:Wooh!

クリス:素晴らしい!
終盤でのトリプルサルコウ+トリプルトウループ、そしてダブルアクセル。

クリス、ニック:(笑)

ニック:Yes, Yes, Yes, Yes.

クリス:Oh My Goodness, サミュエル・コンテスティ選手。実に独創的です。
そして、このスタジアムの5,6000人の観客と同様、私達も気に入りました!
今夜はあなたのものです。
彼は表彰台に立つに十分な演技が出来たでしょうか?
正直なところ、そうは思いません。
彼は初めのルッツジャンプをパンクし、4ポイントを失っています。
そして見事な演技をしたアルバン・プレオベール選手に対し、彼は数ポイントの差しかつけていません。
しかしプログラムの表現は見事でしたし、スピンやフットワークのレベル次第になるでしょうが、どう言う結果になろうと、男子シングルにとって素晴らしい夜になりましたし、サミュエル・コンテスティ選手にとっても素晴らしい夜になりました。
ありがとう。楽しみました。

ニック:観客を引き込むためのフィギュアスケートのプログラム用の音楽を望むならば、「Cotton-eyed Joe」は良い選曲でしょう。しかし、全ての表現、振付けの構成を見る限り、彼はプログラムのアイディアやコンセプトを表現したと思います。
そして、彼が欧州選手権に適したプログラムに創り上げたこのプログラムは、まるでアイススケートショーのプログラムのようでしたね。
素晴らしくエンターテーメントなプログラムでした。
世界選手権で今回の様な演技が出来れば、どうなるのかは簡単に想像できますね。会場の観客はとても気に入るでしょうね。

クリス:そうですね。

ニック:彼は独特ですよね。

クリス:その通りですね。再び一連のジャンプを見返しています。

ニック:馬にまたがって登場し、氷の上でスケートをするために、馬をリンクの外に残した初めてのスケーターですね。
未だかつて無いアメリカ風(?)の、この独特なセールスポイントは彼のものになるでしょうね。

クリス:その通りですね。

ニック:素晴らしい振付けが見られますよね。

クリス:正直、私は彼がフリープログラムを通して、ここまでの演技が出来るとは思っていませんでした。
彼は見事なショートプログラムを滑りました。

ニック:はい。

クリス:特にメダルに手が届く位置に着けた際には、全てを失ってしまうこともあります。
しかし、全てを手に入れることもあり得ます。

ニック:プログラム終盤に向けて、タバコに火をつけ、審判員達に背を向けてしまいました。「どこが正面なんだ?」(笑)
しかし、アリーナのこちら側の3000人の観客は喜びました。
Wow, なんと言う個性でしょうか。良くやりました。
彼の妻、ジェラルディン・ズリーニさんと共に彼を指導したペーター・(シュヴァイツァー・)グリュッターさんです。
実に素晴らしい瞬間です。

クリス:さて、審判員達は彼にどんな順位を着けるでしょうか。現在、ポンセロ選手がリードし、プレオベール選手が3位に着けています。見事な得点が出ました。フリープログラムで2位、この得点は彼を首位に着けました!
彼は信じられないと言った感じです! ご覧下さい!
Oh My Goodness.
サミュエル・コンテスティ選手、あなたはスターです。
(意訳、誤訳ご容赦ください)


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ

2009年03月17日

サミュエル・コンテスティ Samuel Contesti 2009 欧州選手権 SP (British Eurosport)



Pl:3, TSS:75.95, TES:43.90, PCS:32.05, SS:6.50, TR:5.80, PE:6.65, CH:6.50, IN:6.60, Deduction:0.00

実況、解説:Chris Howarth, Nick Slater

クリス:...ヘルシンキは少し肌寒いです。欧州選手権の第二日目の模様をハートウォール・アリーナからお伝えします。今日、男子シングルの競技が始まりました。ショートプログラムが行われています。信じられますか? 39人の男子選手が今大会に出場しています。競技は5時間前に始まったのですが、既に29人の選手が演技を終えました。この段階で、実に魅惑的なな演技がありました。彼の人生で最高の演技でしょう。疑い用も無いですね。このイタリアの選手です。サミュエル・コンテスティ選手。全快欧州選手権に出場したのは2005年、9位に終わりました。しかし、この演技はとてもスペシャルです。今日の午後に行われるショートプログラムの模様を、クリス・ハワースがニック・スレイターと共にお送りします。まだ2グループの残っています。全てのメダル候補選手が登場します。しかし、この演技をお楽しみ頂けると思います。これは、彼の人生最高の演技でしたよね? ニッキー。

ニック:プログラムの始まりから、彼には自信、スピード、力強さがあります。彼が氷を広く使って滑っている様子をご覧頂けると思いますが、しかし、彼の自信(にあふれた演技)、そして全ての要素の能力に注目して下さい。

クリス:型通りのなコンビネーションでした。二つ目のジャンプ、ルッツに続くトリプルトウループは一つ目のジャンプより大きかったですね。

ニック:プログラム全体を見てみると、どの部分でも遅れることがないんですね。実に流れがあります。ループジャンプでした。
これで3つのジャンプ要素を成功させました。
このフライング・バック・シットスピンは軸が安定していますね。
エッジを変え、ポジションを変えます。

ニック:フットワークでは常に進行方向を変えます。これはサーキュラー・ステップシークエンスです。彼は体、エッジ、難しいターンを駆使します。
このフットワークはレベル3です。そして全てのスピンでレベル4を獲得しています。

ニック:プログラム全体を通して、決してdryになることがありません。
素晴らしい体力です。

ニック:全ての要素を成功させています。

ニック:実にセンセーショナルな演技でした。この演技は今日の午後を盛り上げましたね。それほど多くの観客は男子シングルのショートプログラムにはいません。
しかしBoy, oh boy. 何と言う演技でしょうか。
コンテスティ選手はフランスの出身です。一度はフランスで滑っていました。2006年に、フランス選手権で2位に着けたことがあります。
その後、彼はオリンピックの代表メンバーに選ばれましたが、イタリアに移住することを決めました。そして決して振り返りませんでした。
イタリア選手権では2回優勝しています。

クリス:彼は自信に満ちていましたよね。

ニック:そうですね。
全く戸惑いが見られませんでした。そして全てを成功させました。
そして全ての要素の間にギャップがありませんでした。スピン、ステップと全ての要素を成功させました。そしてジャンプが素晴らしかったですね。
そして見事に構成されたプログラムでした。そしてそのプログラムを見事に実行しました。

クリス:空中姿勢が、そして着氷がまさに教科書通りですね。とても確実です。ここでアクセルです。左足で前方に進みジャンプに入り、空中で3回転半回ります。そしてジャンプ後のエッジが走っている様をご覧ください。あのような難しいジャンプを跳び、ジャンプの後も、ジャンプに入る前と同じ様なスピードが出ています。とても見事ですね。

クリス:このプログラムは79.95点を出しました。後続に大きく差をつけて、今の段階で最も高い得点です。
(意訳、誤訳ご容赦ください)


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。