2010年03月08日

鈴木明子 Akiko SUZUKI 2010 バンクーバー五輪 SP (NBC)

ニコニコ動画

0:00~3:19

Pl:11, TSS:61.02, TES:33.10, PCS:27.92, SS:7.25, TR:6.70, PE:7.05, CH:6.95, IN:6.95, Deduction:0.00, StN.:#24/30

実況:Tom Hammond
解説:Scott Hamilton, Sandra Bezic

トム:今シーズンのグランプリファイナル、銅メダリストです。2009年度のグランプリシリーズ、中国杯で優勝したことで、強力な日本代表の選手の中で彼女の存在が世界に知られました。

スコット:今年は彼女にとって夢の様なシーズンでしたね。
トリプルフリップ。Ahh 手をついてしまい、コンビネーションにすることが出来ませんでした。

サンドラ:覚えておかなければならないことは、今大会が彼女にとって初めての世界的な大会だと言うことです。彼女は世界選手権やオリンピックに出場したことがありません。

トム:彼女は16歳の時に拒食症と戦い、引退の可能性もありました。

スコット:スマートですね。単独のトリプルループの予定でしたが、得点を得るためにダブルトウループを加えました。

スコット:ブライアン(・オーサー)とキム・ヨナ選手が浅田真央選手の後に滑ることになり、喜んでいるだろうかとおっしゃっていましたが、明子はその二人の選手の後に滑っているんです。

サンドラ:そして初めての出場です。



スコット:冒頭で小さなミスがありましたが、彼女が氷上に現れたとき、この建物の中にはまだ少しばかり(キム・ヨナ選手の演技の後の)雰囲気が残っていました。

トム:24歳、日本の鈴木明子選手。彼女のオリンピック・デビューでした。
(意訳、誤訳ご容赦ください)


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
posted by Tabby at 22:41| Comment(4) | TrackBack(0) | 鈴木明子, Akiko SUZUKI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月07日

鈴木明子 Akiko SUZUKI 2010 四大陸選手権 FP (CBC Bold)



実際の動画はこちらからどうぞ。

下のメニューから「Four Continents: Women's Free」を選んで下さい。演技は 03:16:15 頃から始まります。

FPl:2, Points:173.72

Pl:2, TSS:114.84, TES:62.20, PCS:52.64, SS:6.70, TR:6.00, PE:6.80, CH:6.65, IN:6.75, Deduction:0.00, StN.:#16/20

実況、解説: Pj Kwong

クォン:
カク・ミンジョン選手の様な選手が、四大陸選手権で初めて首位に着けています。
鈴木明子選手は首位に着けてフリースケートを迎えました。
今シーズン、私が彼女について感心したことは、決して期待を裏切らないと言うところでしょう。
「ウェストサイドストーリー」の音楽を滑ります。
コーチは長久保裕さんと成瀬葉里子さん、彼女の振付けは宮本賢二さんとシェイ=リーン・ボーンさんです。
昨年の四大陸選手権では8位に終わりました。
トリプルフリップ+ダブルトウループ+ダブルループ。
美しいトリプルトウループです。
ダブルアクセル。
同様にトリプルループをきめました。
このエッジの変化をご覧下さい。上半身は動きません。見事に静止しています。
スパイラル・シークエンスではインサイドからアウトサイドに(エッジを)変化させます。
見事な技術、トリプルフリップを素晴らしく成功させます。
トリプルルッツのフリーレッグが少々乱暴ですね。
予定されたトリプルループで跳び上がることが出来ませんでした。
トリプルサルコウからダブルアクセルへのシークエンスに見事に入りました。
音楽のクライマックスをステップ・シークエンスに使います。



今シーズン、このプログラムは非常に見事に(?)されました。
トリプルループの問題がありましたが、実に見事な演技だったと思います。
日本の鈴木明子選手でした。
この3連続ジャンプのコンビネーションの彼女の着氷でのコントロールをご覧下さい。
トリプルフリップ+トリプル... ah ダブルトウループ+ダブルループ。
インサイドからアウトサイドへのエッジの変化が(この映像で)見れると良いのですが。姿勢は見事に静止しています。ただ少し傾いているだけです。乱れがありません。見事に滑りましたね。
再度トリプルフリップです。空中で脚が見事に締まっています。回転が速いですね。
トリプルルッツへと準備をします。
フリーレッグが少々乱暴ですね。
そして素早く次に移ります。
今のはダブル... トリプルループと言うよりは... 2回転も回り切れていなかったと思います。


明子がカク・ミンジョン選手を超え首位に立ちました。
得点は173.72点です。
残り4選手となりました。
(意訳、誤訳ご容赦ください)


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ


posted by Tabby at 22:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 鈴木明子, Akiko SUZUKI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鈴木明子 Akiko SUZUKI 2010 四大陸選手権 SP (CBC Bold)



実際の動画はこちらからどうぞ。

下のメニューから「Four Continents: Women's Short Program」を選んで下さい。演技は 05:14:12 頃から始まります。

Pl:1, TSS:58.88, TES:33.40, PCS:25.48, SS:6.50, TR:6.00, PE:6.45, CH:6.50, IN:6.40, Deduction:0.00, StN.:#32/38

実況、解説: Pj Kwong

クォン:
韓国のカク・ミンジョン選手が3位、カナダのミリアン・サムソン選手が4位に着けています。

次の選手は日本の鈴木明子選手です。
全日本選手権銀メダリスト、グランプリファイナル銅メダリストです。
コーチは長久保裕さんと成瀬葉里子さん、振付けはシェイ=リーン・ボーンさんと宮本賢二さんです。
トリプルフリップ+ダブルトウループのコンビネーションです。スピードがありますね。
これは実に高くつくミスになるでしょう。スリーターンの連続から予定されていたトリプルループが1回転になってしまいました。
フライングキャメル(スピン)のスピードが実に良いですね。
美しいダブルアクセルです。
曲の表現と解釈が実に良いですね。このストレートライン・ステップシークエンスは実に複雑な構成になっています。見事に滑りました。



ここで美しいトリプルフリップです。
そしてダブルトウループ。
スリーターンの連続からのトリプルループが予定されていましたが、1回転になってしまいました。
このフットワーク・シークエンスが、私にとっては一番の見どころでした。
見事な音楽性です。


首位に立ちます。
日本の鈴木明子選手は58.88点を獲得しました。
2位にアメリカのアマンダ・ドブス選手、その後にアメリカのキャロライン・ジャン選手が続きます。
(意訳、誤訳ご容赦ください)


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ


posted by Tabby at 22:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 鈴木明子, Akiko SUZUKI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月19日

鈴木明子 Akiko SUZUKI 2009 GPF FP (NBC)



FPl:3, Points:174.00

Pl:3, TSS:116.46, TES:63.58, PCS:52.88, SS:6.70, TR:6.10, PE:6.85, CH:6.55, IN:6.85, Deduction:0.00, StN.:#2/6

実況:Andrea Joyce
解説:Scott Hamilton

アンドレア:...ここ日本で...ショートプログラムを終えて5位に着けています。これは彼女にとって大きな大会です。日本の女子シングルの選手層は実に厚いですね。日本スケート連盟は、グランプリファイナルにおいて順調にメダルを獲得することが出来そうです。ホームの観客から暖かい歓声を受けています。オリンピック代表選考がかかっています。

スコット:あなたがおっしゃった様に、日本の女子シングルの選手層は実に厚いものです。そのトップ7、8は世界選手権でも上位12位に入る実力があります。(笑)全員実に見事なんです。ここで技術的に強力なジャンプが予定されています。オープニングはトリプルフリップです。とても大きな、大きなジャンプでした。

スコット:トリプルトウループ。見事です。着氷で開いてしまいましたが(?)、ダブルアクセルです。

スコット:美しいトリプルループ。

スコット:そして彼女の様な年長の女子スケーターを見ることも珍しいことです。24歳です。

アンドレア:24歳ですよ(笑)

スコット:このプログラムは身体的に実に要求度の高いもので、身体には厳しいものになっています。24歳の女子選手がこのレベルの演技を続けています。それは実に驚くべきことなんです。

スコット:プログラム後半に難しいジャンプを予定しています。トリプルルッツ。見事に成功させました。

スコット:彼女はどんどん良くなっていきます!

スコット:彼女は全てのジャンプを追えましたので、ここからはプログラムをアピールします。

スコット:技術的にクリーンですし、芸術的にも見事です。彼女は彼女が出来うる限りの最高のスケートをしました。



アンドレア:スタンディング・オベーションです。鈴木明子選手にとって何と言う素晴らしい瞬間でしょうか。

スコット:見事な滑り、この時のために懸命に練習に励んで来たのでしょう。彼女は全く見事にその成果を見せましたね。

アンドレア:ホームの観客の前でこの様な演技をしたのです。あなたは日本の女子シングルの選手層の厚さに着いてお話ししていましたが、この選手は全日本選手権ではメダルすら獲得したことがないんですよ。

スコット:彼女はこのプログラムを実に美しく滑りましたね。オープニングのコンビネーションに向けて全てが整っていました。トリプルフリップ。見事に後方に着氷しています。着氷に実に余裕があります。そして最後にダブルループが続きます。
そしてトリプルサルコウです。このプログラムには多くの3回転がありました。そしてここで彼女は「OK, ジャンプは全部跳び終えたわ」と感じ、実に嬉しそうですね。(笑)

スコット:練習に練習を重ね、これは彼女が望んだものの全てだったでしょうし、(?)これ以上ない出来だったと思います。

アンドレア:116.46点。今シーズン、彼女が中国杯で優勝した時の得点に実に近い得点です。
総合得点は174点。鈴木選手が1位に着け、それは...
(意訳、誤訳ご容赦ください)


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ


posted by Tabby at 06:07| Comment(4) | TrackBack(0) | 鈴木明子, Akiko SUZUKI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月25日

鈴木明子 Akiko Suzuki 2008 NHK杯 FS (British Eurosports)



FPl:2, Points:167.64

Pl:2, TSS:112.08, TES:56.96, PCS:55.12, SS:6.95, TR:6.50, PE:7.00, CH:6.85, IN:7.15, Deduction:0.00

実況、解説:Chris Howarth, Nick Slater

クリス:Welcome back. なんと言う大会でしょうか。競技は続きます。日本の23歳の登場です。会場は大歓声に包まれています(?)。素晴らしい雰囲気をご覧頂けると思います。4位に着けています。日本の鈴木明子選手です。彼女の音楽は、ロシアのフォーク音楽、「黒い瞳」と言う曲名です。
今大会が(彼女にとって)唯一のグランプリシリーズの大会になりますので、グランプリファイナルに出場することはかないません。
今年の初めにネーベルホルン杯に出場し3位、フィンランディア杯では優勝しました。

クリス:トリプルルッツとダブルループの間にターンしてしまいました。

クリス:円軌道(?)をから美しいジャンプをきめました。3回転ジャンプに入るために、信じられますか? ダブルアクセルをもってきました。そしてトリプルトウループです。

ニック:ダブルトウループが回転不足のように見えましたが、後で見直してみましょう。

クリス:残念です。トリプルルッツでステップアウトしてしまいました。その前にトリプルフリップがありましたが、プログラム後半に入ってからのジャンプなので、基礎点の10%が加算されます。

クリス:実に素晴らしいフットワークです。本当に音楽を見事に使っています!

クリス:日本勢が大活躍していますね。鈴木明子選手でした! 会場のファンに歓声を上げさせる演技をしました。

ニック:中野友加里選手よりも多くの技術的な要素が見られましたが、私にとっては、今回のプログラムでは技術的な要素が目立ちました。長い準備動作の小さなジャンプが多く見られました。しかし、それらは無駄ではありません(?)。数々の3回転を積み上げました。全体的な芸術的な表現力で言えば、(?) 私の予想では友加里選手には及ばないと思います。
総合得点でどのような結果になるのかを見てみましょう。
クリス、あなたがおっしゃった様に、最後のステップシークエンスは、解釈が音楽に合い効果的でしたね。
プログラムへの全体的な影響について話しています。見事に音楽を表現したと思いますが、それ本来の可能性ほどには私には届きませんでした。

クリス:ルッツジャンプです。バックサイドのアウトサイドエッジなんですが、エッジの向きが変わりそうでしたね。

ニック:その通りです。彼女は本当に遅く跳び上がってしまいました。
しかし、問題は無かったと思います。

クリス:ここでダブルアクセル+トリプルトウループです。最後のトリプルトウループをご覧ください。ダブルアクセルは見事にクリーンでしたね。

ニック:二つ目のジャンプはトリプルトウループだったんですね。

クリス:二つ目のジャンプはトリプルトウループだったんですが、回転数が足りませんでした。前向きに着氷してしまいました。ですから、彼女のトリプルトウループはダウングレードされてしまうでしょう。

ニック:Gosh 本当に注意深く見なければいけませんね。私は大丈夫だと思ったんですが。彼女はアクセルジャンプを終えた際の姿勢は見事でしたし、二つ目のジャンプも良かったと思ったんですが。Goodness

クリス:回転不足とされる回転数の判定より早く、足が氷についてしまいました。

ニック:その様な感じがしたと...(?) 間違って判定してしまったかな? 何故なら時として速すぎて見えませんよね。Thank Gosh.

クリス:そうですね。

ニック:フリップとルッツについて、私は神経症ですよ。

クリス:(笑)

ニック:離氷の前にエッジの向きを変えたかな?

クリス:Yeah
幾つかのダブルアクセルがありました。
あまり良い点数ではありません。112.08点。これは...
(意訳、誤訳ご容赦ください)


AkikoSuzuki2008NHKTrophyFS.jpg


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ


追記
posted by Tabby at 01:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 鈴木明子, Akiko SUZUKI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。