2010年04月09日

ヴァーチュ/モイア Tessa VIRTUE / Scott MOIR 2010 世界選手権 FD Interview (British Eurosport)



インタビュアー:昨年のグランプリファイナルまで、あなた達は世界選手権などの主要な大会で優勝することはありませんでした。その後に何が変わったのだと思いますか?

スコット・モイア:私達が常に考えていたことは、この二つの大会が一番の目標だと言うことでした。テッサの怪我のために、昨年は非常に難しいシーズンでした。春に練習に戻りましたが、重要なことに集中する様に心がけました。私達は最も適した時にピークを合わせることが出来たと思うので、とても幸運だったと思いますが、私達はそのために一生懸命練習をしました。

インタビュアー:OK, テッサ。あなたは常に何も問題が無いかの様に滑っていらっしゃいます。とても優雅にね。昨年の怪我から復帰することは、どれ位難しいことでしたか? そしてそのためにどの位練習されましたか?

テッサ・ヴァーチュ:ありがとうございます。試合の際に(?)の問題があったんですけどね。ですが、そのために私達は毎日とても練習しましたし、毎日の練習でその問題に取り組んでいました。私達はチームとして上手くいっていると思います。リンクに上がる際にはどの様なチャレンジをもすることが出来ると思いますし、私達は13年間に渡りペアを組んでいるんですが、それが私達の強みになっていると思います。

インタビュアー:スコット、あなたはフィギュアスケートのアイスダンサーの歴史に名を連ねましたが、14年後にオリンピックの金メダルと世界選手権の金メダルを獲得しました。歴史を創ると言うことをどの様にお感じになられましたか?

スコット・モイア:素晴らしい賛辞ですね。私達はこの二つの大きなタイトルを獲得出来たことを嬉しく思っています。今年の初めは(?)でしたし、私達はそれらを乗り越えることが出来ました。将来、より大きな何かのやる気に繋がれば良いと思います。

インタビュアー:お二人ともありがとうございました。金メダルを受け取りに行きましょうか。彼らはあなた達を待っています。

スコット・モイア、テッサ・ヴァーチュ:ありがとうございます。
(意訳、誤訳ご容赦ください)


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ

2010年04月08日

ヴァーチュ/モイア Tessa VIRTUE / Scott MOIR 2010 世界選手権 FD (British Eurosport)



FPl:1, Points:224.43

Pl:2, TSS:110.03, TES:53.10, PCS:57.93, SS:9.60, MO:9.50, PF:9.75, CH:9.75, IN:9.80, Deduction:1.00, StN.:#18/20

実況:Simon Reed
解説:Chris Howarth

サイモン:イゴール・シュピルバンドさんが見つめます。もう一組、オリンピックチャンピオンが氷上に現れました。アメリカのペアにグランプリファイナルで敗れましたが、オリンピックで(?)なスタイルでその借りを返しました。彼らは無敵のようですよね。テッサ・ヴァーチュ/スコット・モイア組です。
マーラーの音楽を滑ります。


サイモン:少しツイズルで乱れましたね。

クリス:スコットがツイズル全体を通して乱れました。



サイモン:見事なプログラムですね。私はアメリカのペアのプログラムよりも、こちらのプログラムの方が好きですね。これが本物のダンスだと思います。アメリカのペアの幾つかの技は見事だったと思いますが、時々ペアが(?)の様でした。しかしこのプログラムは流れるようでしたね。審判員達も気付くことになると思いますが、もしかしたらアメリカのペアが逆転するかも知れません。

クリス:しかし、チャンスはあると思いますよ。チャンスだと思います。今夜の演技ではアメリカのペアの方が良かったと思います。彼らが2点の差を埋めることが出来たかどうかは定かではありません。しかし冒頭からスコットが少々緊張している様に見えました。プログラムの冒頭では足が少し震えていました。その後プログラムに入って行った様に伺えました。リンクの端へと後方に進むクロスオーバーで(?)がありましたし、フットワークでは少々バランスが悪かった様に思います。そしてツイズルでのあのミスです。ミスは全て小さなものでしたし、彼らはそれを乗り切ることが出来ましたが、今夜、アメリカのペアは見事な演技をしました。ですから結果を待つ必要がありますね。そこには何も問題はありませんし(?)、たとえアメリカのペアが世界選手権のタイトルを獲得しても、この二人は失望することは無いでしょう。この二人はオリンピックで金メダルを獲得しています。それはこの競技において、そしてこの二人にとって素晴らしいことです。アメリカのペアがバンクーバーまでシーズンを通して勝利し続けました。
そしてここでツイズルが少し乱れてしまいました。彼は大きく乱れていますね。

サイモン:(?)はあまり役に立っていないようでしたね(?)。

クリス:(?)

サイモン:接戦だとは思いますが、あなたが正しいでしょうね。先ほどお話しした様に、私はこのプログラムの方が好きですが、誰がプログラムを最も見事に滑ったかと言えばアメリカのペアでしょう。2点の差を埋めるに、彼らの演技は十分だったでしょうか。

クリス:高得点でしたよね。

サイモン:そうですね。スタジオでは彼らが見つめています。(笑)多くの思いがあるでしょうね。もちろん今、彼らは彼らの勝利を願っていることと思います。
ゴージャスな笑顔ですね。勝利の笑顔になるでしょうか。

クリス:一つのチームの勝利の笑顔にはなるでしょうね。

サイモン:108.64点で優勝です。
彼らはやりました。
彼らは(充分な得点を)獲得しました。彼らがフリーで勝利し、総合得点でも勝利しました。彼らは減点を目にして優勝することは出来ないと思ったようですが、充分な得点を獲得しています。そして多くの人々がこの採点が正しかったのかどうかを議論することになるでしょう。しかし、彼らが金メダルを獲得しました。
(意訳、誤訳ご容赦ください)


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ


2010年04月02日

ヴァーチュ/モイア Tessa VIRTUE / Scott MOIR 2010 世界選手権 OD (British Eurosport)



Pl:1, TSS:70.27, TES:34.30, PCS:35.97, SS:9.45, MO:9.40, PF:9.45, CH:9.45, IN:9.55, Deduction:0.00, StN.:#23/27

実況:Simon Reed
解説:Chris Howarth

サイモン:...首位の組... オリンピックチャンピオン、テッサ・ヴァーチュ/スコット・モイア組です。



サイモン:ゴージャスなステップ・シークエンスです。



サイモン:最近の彼らは無敵の様に見えます。彼らにはオーラがありますし、輝きがありますよね。
このプログラムの最初の部分なんですが、彼らが音楽に合わせて滑っているようには見えず、私はちょっと困惑してしまいました。間違いなく後半は音楽に合わせて滑っていましたが。フラメンコの動きの数々を目にすることが出来ましたが、始めの一分間は音楽に合っていないように思えました。
彼らが行った全ては実に見事でしたよね。

クリス:素晴らしい演技だと思いました。(?)オリンピックの金メダルが彼らにもたらしたものは、特別な小さな何か、それが何なのかを説明することは不可能なんですが、魔法の様なタッチなんだと思います。彼らはリンクの上では常にシャープですよね。しかし、この演技は... 私は素晴らしい演技だったと思います。かつてない程にシャープだったと思います。
全ての動きが実に締まっていましたよね。彼女がこのプログラムでスカートを握る様が気に入りました。ここでツイズルです。全く問題はありませんね。それぞれのツイズルで動きが合っています。素晴らしいリフト。
全く素晴らしいですね。
これは本当に難しいんですよ。プログラムを通して実に難しいトランジションを行っています。要素が何で、振付けが何なのかを見分けるのが難しい程です。素晴らしいですね。本当に楽しむことが出来ました。

サイモン:どの瞬間も彼らがミスをするなんて考えられませんでしたね。

クリス:アメリカのペアがシーズンを通して最高の評価を獲得していましたが、オリンピックでそのアメリカのペアをこのプログラムで破っています。

サイモン:しかし、今回は、更に良い得点が出ました。オリジナル・ダンスの自己最高得点を獲得しました。この得点で彼らは軽々ととは言えませんが、意義深くアメリカのペアを超えたました。明日の演技が散々なものでない限り、金メダルが近づいて来たように思います。
(意訳、誤訳ご容赦ください)


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ



2009年12月14日

ヴァーチュ/モイア Tessa VIRTUE / Scott MOIR 2009 GPF FD (NBC)

ヴァーチュ/モイア Virtue/Moir 2009 グランプリファイナル FD (NBC)


FPl:2, Points:168.22

Pl:1, TSS:104.21, TES:51.70, PCS:52.51, SS:8.80, MO:8.55, PF:8.80, CH:8.75, IN:9.00, Deduction:0.00, StN.:#5/6

実況:Andrea Joyce
解説:Sandra Bezic(?)

アンドレア:...テッサ・ヴァーチュ/スコット・モイア組の登場です。彼らは今大会の優勝候補です。オリジナル・ダンスを終えて2位に着けています。アメリカの組に数点の差をつけられて2位に着けています。13年間に渡りペアを組んでいます。2度、世界選手権でメダルを獲得しています。銅メダルを一度、今年の3月にロサンゼルスで獲得しました。

サンドラ:昨年の出発はピンクフロイドでした。今年はマーラーの「交響曲第5番」を使います。弦楽器がメインの音楽です。13年間にわたりペアを組み、私達を魅了します。この振付けを彼らがどの様にして演じるのかをご覧下さい。

サンドラ:これは「continuous movement(連続した動き)」と呼ばれるものです。目的を持って初めの部分で停止をする以外に、停止する部分がありません。

サンドラ:そしてユニゾンもとても明確ですね。クリーンなポジション、クリーンな姿、そして動きの出入りの全てが考えられています。見事な振付けですね。見事な職人技です。

サンドラ:Oh...

サンドラ:実に美しい姿、素晴らしい適応力(?)。振付けを使い、彼らは自身の(サポートの)土台を隠します。それはテッサ・ヴァーチュ/スコット・モイア組の何たるかを実に良く見せていると思います。

サンドラ:創造性豊かな最後のリフトです。リフトから空中のリフトへと変化します。彼女がリフトされたことに気がつかないほどです。



アンドレア:東京ではスタンディング・オベーションが起きています。バンクーバーでどの様になるのか想像出来ますか?

アンドレア:デイヴィス/ホワイト組は彼らの努力も認めています。彼らが最終滑走者です。メリルが頷き、彼らのプログラムに対して賛意を表しています。彼らはこれまで何万回もこのプログラムを見、彼らの努力を認めています。しかし、充分でしたか? 1位に着けるに充分な演技でしたか?

サンドラ:演技と、その遂行は美しかったと思います。美しく遂行しました。彼らのムード、お互いの関係など、雰囲気のある演技でした。今シーズン、何度かこの演技では苦しんでいましたが、今、彼が彼女をリフトし、再度リフトする様をご覧になりましたか? そして彼はエッジに乗り移動します。これらのリフトは一つとして簡単なものではありません。彼らは上手くタイミングをとりますし、彼らは13年間にわたりペアを組んでいます。ツイズルのユニゾン、そして上半身の姿勢、腕、実に見事に合っています。
これは難しいリフトです。足を彼の横(?)に置き、3分間にわたり自身のバランスを保持します。そして優雅に着氷します。すみません。3秒間です。そして最後のリフトです。もちろん氷上を滑るスピードを保持したまま、彼は動き続け、彼女も動き続けます。少し彼女のドレスで覆われてしまっていますが、軽々と着氷します。充分に軽々とね。実に優れたプログラムです。

アンドレア:彼らは自身の演技に満足しているようです。彼らは1位に着けるために83.61点を必要とします。彼らの平均得点は(???)、軽々と首位に着けました。ヴァーチュ/モイア組が首位につけ、残りはアメリカの組のみとなりました。
(意訳、誤訳ご容赦ください)


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ


2009年12月06日

ヴァーチュ/モイア Tessa VIRTUE / Scott MOIR 2009 GPF OD (NBC)



Pl:2, TSS:64.01, TES:31.30, PCS:32.71, SS:8.50, MO:8.45, PF:8.65, CH:8.60, IN:8.80, Deduction:0.00, StN.:#5/6

実況:Andrea Joyce
解説:Paul Wylie(?)

アンドレア:カナダのテッサ・ヴァーチュ/ポール・モイア組の登場です。全4種目の中でも、彼らのホームで行われるオリンピックにおいて、もしかしたら彼らが最も金メダルに近いフィギュアスケーターかも知れません。



ポール:非常に見事です。

アンドレア:テッサ・ヴァーチュ/スコット・モイア組でした。

ポール:彼らは全ての動きにおいて見事に加速していますね。そして難しいことなんですが、彼らはとても近い距離で滑っています。それがどれだけ難しいことなのかをご覧頂けると思います。あれら全ての難しいステップを滑り、お互いに躓くこともありません。それが彼らが素晴らしい選手である理由です。そして彼らのフラメンコのスタイルも素晴らしいですね。

アンドレア:CMの後、ヴァーチュ/モイア組の得点をご覧頂きます。



アンドレア:カナダはこれまで、たった一つのアイスダンスのメダルを獲得しています。最後にカナダで開催されたオリンピック、1988年のカルガリー大会で、トレイシー・ウィルソン/ロバート・マッコール組が銅メダルを獲得しました。ヴァーチュ/モイア組の表彰台入りが望まれます。

アンドレア:64.01点。この得点でヴァーチュ/モイア組は1位に着けました。そしてもう一組、アイスダンスのペアが残っています。
(意訳、誤訳ご容赦ください)


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。