2011年03月08日

高橋大輔 Daisuke TAKAHASHI 2010 スケートアメリカ FS (NBC)



FPl:1, Points:227.07

Pl:1, TSS:148.95, TES:64.95, PCS:85.00, SS:8.46, TR:8.29, PE:8.46, CH:8.61, IN:8.68, Deduction:1.00, StN.:#11/12

実況:Tom Hammond
解説:Scott Hamilton, Tracy Wilson

ISU Grand Prix of Figure Skating 2010/2011 Skate America


トム:...上位2選手... 今大会に限ったことではありません。金メダルを目指して(?)フリースケートに向かいます。おそらく世界でもトップの2選手でしょう。確実にこの男性が、今シーズン、今までのところ最高の選手でしょう。高橋大輔選手です。

トレイシー:彼は驚くべきショーマン(Showman)なんです。何故ならフリープログラムに向かうにあたり、彼は芸術点で6点程多く点を稼いでいるからです。

スコット:全てのエッジのクオリティ、彼の存在感、音楽の解釈、そして冒頭に彼の素晴らしいジャンプ能力に続きます。プログラムを4回転で始めます。
トリプルトウループ。ステップアウトしてしまいました。彼は4回転を跳ぶ様に見えましたが、3回転に変更したようです。時として少々過剰な回転をコントロールすることが出来ないこともあります。
トリプルアクセル。大きなトリプルアクセルです。

トム:現オリンピック銅メダリスト、そして現世界選手権金メダリストです。その二つのメダルを獲得した最初の日本人男性です。

トレイシー:このフットワークをご覧下さい。彼の動きをご覧下さい。

スコット:実に内容があり、実に切れ味の良いステップです。全ての動きが、BANG BANG BANGと決まり、観客達を演技に引き込みます。

トレイシー:そしてまた何の躊躇いも無く審判達を虜にします。

スコット:全くその通りですね。

トレイシー:(笑)

トレイシー:今のは3回転+3回転の予定でした。着氷で少し乱れがありましたね。

スコット:二つ目のトリプルアクセル。プログラムの3分を経過してからのトリプルアクセルです。

トレイシー:oh、今のは厳しい転倒でした。回転数も不足していました。
彼のショートプログラムでの構成点の話をしました。それは、彼の素晴らしいスケーティングスキルや表現力に因るもので、ノブ(織田信成選手)に対し、彼はそれだけの得点を獲得しました。

トム:もう一人の日本人選手、織田信成選手がこの後に滑ります。ショートプログラムを終えて1位に着けています。

スコット:見事なトリプルルッツでした。大輔の練習を見ていたんですが、今日のミスは彼らしくないものでした。まるで集中力を無くしていたかのようでした。


トレイシー:(?)な瞬間です。幾つかの箇所で乱れてしまい、ノブ(織田信成選手)に大きなチャンスを残しました。

スコット:世界でも彼ほど振付けをダイナミックに滑ることの出来る選手はいません。誰も彼には及びません。彼はこのプログラムでミスを犯し、他の選手がこの大会のタイトルを獲得する大きな可能性を残してしまいました。

トム:世界選手権チャンピオンにとっては、ついていない日になりました。高橋大輔選手は、世界中で行われる6大会の一つ目、日本で行われた大会で優勝しました。そしてこの6大会中4つ目の大会に出場しています。シーズンを通して、この最も高いレベルのシャープさを持続することが出来れば、次の(世界選手権での?)優勝も可能なのではないでしょうか。

スコット:しかし今回の結果(?)は分かりませんよ。何故なら彼は...

トム:とても良い選手ですからね。

スコット:そうです。


スコット:プログラムの冒頭で4回転トウループを跳びます。3回転になってしまいました。1、2、3、これ以上は回転出来ませんでしたが、3回転よりも多く回転してしまい、着氷をコントロールすることが出来ませんでした。
そして一つ目のトリプルアクセルです。ご覧下さい。跳び上がります。1、2、3、そして半回転。着氷しますが、Uhhh 堪えて!

トレイシー:この乱れた着氷のために、3点の失点になってしまいます。この様なミスをノブが犯すことはあまりありません。そしてこのトリプルアクセルは回転し切ってさえもいません。

スコット:そうですね。半回転以上足りていませんね。彼らしくないミスだと思います。彼にはトリプルアクセルを跳ぶ能力があります。しかし、誰も彼の様に滑ることはできませんし、その滑りには価値があります。ですからノブに対してどれだけ(構成点で)得点を得ることが出来るか見てみましょう。何故ならノブはその点ではあまり良くはないからです。

トレイシー:演技を見せると言う点でね。

スコット:その通りです。そしてスケートの質でもね。彼は見事なスケーターで、見事な技術を持つ選手ですが、ステップでの難度の高さなどの複雑なものを持ち合わせていません。しかし、これは運動競技の試合です。もし彼が良い演技をすることが出来れば、彼は優勝するに値すると思います。
しかし...

トム:トレイシー、織田選手が氷上で深呼吸しました。

トレイシー:(笑)

トム:高橋大輔選手の得点が出ます。148.95点。シーズン最高得点に近い得点ですね。総合得点は227.07点。ノブに分がありそうじゃないですか? 彼は現在1位に着けていますが、彼らしくない得点で1位に着けています。

スコット:彼のプログラム構成点は(技術点に比べて)20点近く高い...

(意訳、誤訳ご容赦ください)


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
posted by Tabby at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 高橋大輔, Daisuke TAKAHASHI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月25日

高橋大輔 Daisuke TAKAHASHI 2010 世界選手権 EX (British Eurosport)



実況:Simon Reed
解説:Chris Howarth

サイモン:日本のグラムロック・スーパースター。男子シングル金メダリスト。
そして将来を約束するかの様な彼が見せた全てのもの。目もくらむばかりのダイナミックな青年。現在24歳です。日本の高橋大輔選手に滑って頂きましょう。「Luv Letter」です。



サイモン:全く素晴らしいですね。日本ではどの様なスターになってしまうのでしょうか。オリンピックでメダルを獲得した初めての日本人男子選手です。そして世界選手権で初めて金メダルを獲得した日本人男子選手です。彼は実に見事な試合をし、10点以上の差をつけ優勝を手に入れました。彼は大スターですね。

クリス:その通りですね。12ヶ月前だったと思いますが、彼は脚を負傷し、昨年の6月までジャンプを跳ぶことが出来なかったと記憶しています。ですから理想的な準備が出来たとは言えないでしょうし、12ヶ月後に彼が世界選手権チャンピオンになると誰が予想することが出来たでしょうか。驚くべき偉業です。

サイモン:男子シングルは実に素晴らしい試合になりましたね。ジュベール選手の全てのドラマ。チャン選手、ブジェジナ選手の素晴らしい演技。

クリス:ヴァン・デル・ペレン選手には驚かされました。男子シングルでは実にガッツ溢れるスケートを見ることが出来ました。

サイモン:しかし彼が両要素で勝利しました。
(意訳、誤訳ご容赦ください)


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ







posted by Tabby at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 高橋大輔, Daisuke TAKAHASHI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月24日

高橋大輔 Daisuke TAKAHASHI 2010 世界選手権 FS (Bristih Eurosport)



FPl:1, Points:257.70

Pl:1, TSS:168.40, TES:81.90, PCS:86.50, SS:8.70, TR:8.45, PE:8.60, CH:8.70, IN:8.80, Deduction:0.00, StN.:#24/24

実況:Simon Reed
解説:Chris Howarth

サイモン:首位に着けている選手の登場です。
彼の母国、東京では2位に終わり、そのために彼は現役を続けています。その翌年は4位、昨年は欠場しました。しかし、今年は再度評価を上げています。オリンピック銅メダリスト。フリーを前にして、彼は今大会の優勝候補となっています。『La Strada」のサウンドトラックから。実に素晴らしい選手、高橋大輔選手です。

サイモン:彼には4回転がありますが、異なる4回転、4回転フリップが最初に予定されています。
そして彼は成功させました。

クリス:おそらく回転不足だったと思います。そうでなければ良いのですが、間違いなく両足での着氷だったと思います。
大きな大きな賭けでしたね。
トリプルアクセル+ダブルトウループ。

サイモン:実に流れる様なジャンプ、トリプルループでした。

サイモン:ゴージャス。

サイモン:彼の表情をご覧下さい。彼は生涯最高の時を楽しんでいますね。

サイモン:トリプルフリップ+トリプルトウループ。

クリス:少々着氷が早かったようですね。疲れが出て来たようです。しかし、彼は乗り切ったと思います。

サイモン:もう一つトリプルアクセルが残っています。
やりました。これで金メダルは確実でしょう。



サイモン:何と言う個性でしょうか。
世界選手権の金メダルがかかった演技とは思えませんね。エンターテイメントに溢れています。彼が1位であろうが31位であろうが、決して忘れることの出来ない演技でした。しかし、彼の滑りから彼がどちらの順位に着けるかは明らかですね。日本人男子初の世界選手権金メダリストの誕生になりそうです。

クリス:そうですね。間違いないでしょう。確実なものにしたと思います。信じられない様な演技でした。そしてもう一つの歴史が誕生するかも知れません。もし3回転、いや、4回転フリップが認められれば、競技会で初と言うことになります。私が知る限り、まだ誰も成功させていなかったと思います。間違いなくISUの世界選手権ではまだ誰も成功させていません。

サイモン:間違いなく両足での着氷でしたが、あなたの疑問は...

クリス:回転数が鍵ですね。後方に滑る前に4分の1回転以内に収まっていれば11.30点を獲得し、そこから両足での着氷のために少し減点されることになります。もし回転数が足りていなければ、この要素の得点が2.5点まで下がってしまうかも知れないんです。

サイモン:はい。

クリス:しかし世界選手権はそれ(4回転フリップの成功)次第ではありません。何故ならこのプログラムの他の部分は実に見事だったからです。
前向きに着氷していますね。2.5点になってしまいます。

サイモン:はい。しかしそれでも彼は金メダルを獲得しますよね。

クリス:間違いないでしょう。他の全てが実に見事でした。構成点ではこれまでのどの演技よりも良かったと思います。
しかし、勇敢な挑戦です。

サイモン:何故なら彼が4回転フリップに挑戦する必要は無かったからです。

クリス:はい。

サイモン:チャン選手の演技はあまり良いものではありませんでしたし、ジュベール選手の演技は見事でしたが、金メダルの可能性はありませんでした。
ですから、彼は4回転に挑戦する必要は無かったんです。

クリス:実に大きな賭けでした。

サイモン:彼の4回転フリップへの挑戦は見事でしたし、彼の演技もまた見事なものでした。彼は非常に素晴らしいですね。

クリス:彼の神経は鋼鉄で出来ていますね。彼は神経を自身の肉体に集中させていましたね。リンクに上がり、演技し、人々を楽しませました。

サイモン:彼はスーパースターになりますね。

クリス:ラハカモ/コッコ組が世界選手権で優勝したときもこの曲を使っていましたよね。そうだったと思います。

サイモン:そうかも知れませんね。

クリス:彼らはこの曲を使用したと思います。そして両者とも同様にエンターテイメントでした。

サイモン:上位3選手は、チャン選手がフリーで最高の得点、159点を獲得しています。彼の得点はその得点を超えることになると思います。

クリス:帽子を抑えていて下さいよ。この得点を見た驚きは天井をも突き抜けると思いますからね。

サイモン:Oh yes. 大きく引き離しました。間違いないかって? 間違いありません。

クリス:(笑)

サイモン:日本が男子シングルで初めて金メダルを獲得しました。彼らはそのドアを叩き続けてきましたが、高橋選手以上に強くそのドアを叩く選手はいませんでした。数年前、3年前のことですが、彼は銀メダルを獲得しました。しかし、今、彼は金メダルを獲得しました。そして、何と見事に金メダルを獲得したことでしょうか。
(意訳、誤訳ご容赦ください)


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ







posted by Tabby at 19:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 高橋大輔, Daisuke TAKAHASHI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月18日

高橋大輔 Daisuke TAKAHASHI 2010 世界選手権 SP (British Eurosport)



Pl:1, TSS:89.30, TES:47.40, PCS:41.90, SS:8.50, TR:8.05, PE:8.50, CH:8.35, IN:8.50, Deduction:0.00, StN.:#42/48

実況:Simon Reed
解説:Chris Howarth

サイモン:ダイが次の滑走者です。
オリンピックでは2つの実にエキサイティングな演技を見せました。
そして彼は銅メダルを獲得しました。彼が銀メダルを獲得するべきだったと言う人もいます。ロシアの人々には(?)。24歳、日本の岡山県出身です。東京(で開催された世界選手権)では銀メダルを獲得しました。以来、バンクーバーまで表彰台に上がることはありませんでした。
高橋大輔選手です。
音楽は「eye」です。

サイモン:4回転は予定していませんが、初めにコンビネーションを跳びます。
成功させました。
そしてトリプルアクセルが続きます。

クリス:最高のアクセルジャンプの一つですね。
Oh 彼は絶好調ですね。
ジャンプを跳ぶたびに回転が速くなっていくね。トリプルルッツでした。



サイモン:(笑)
期待通りの演技でしたね。
実に素晴らしい。
彼は音楽の全ての拍子をひきたたせました。音楽は何やら変わった選曲ですが、彼はどんな選曲でも素晴らしいものに見せることが出来ます。

クリス:何と言えば良いのでしょう。正直、最終グループの選手を見る限り、この演技を破ることの出来る選手はいないでしょう。
ジュベール選手がこの演技を破るには5つの4回転を跳ぶ必要があるでしょう。何故なら彼のスケーティング... スケーティングのクオリティ、振り付け、要素のつなぎ、表現力、全てを彼の演技に見ることが出来ました。彼には全てが揃っています。

サイモン:そして構成点はより高い得点が予想されますよね。

クリス:並外れたね。
もし審判員達がこの演技に高得点を与えなければ、私は酷く失望するでしょう。美しいスケートでした。彼は全てを見事に行いました。コンビネーションの後のエッジがもう少し流れていれば良かったかも知れませんが。しかし、あの二つのフットワーク、特に最後のステップ・シークエンス、サーキュラー・ステップ・シークエンスは実に素晴らしかったですね。ここです。トリプルトウループでしたが、もう少しエッジが流れていると良かったですね。しかし何と言うことでしょう。トリプルアクセルは全く素晴らしい(corker)ですね。
そして彼には大きな自信が伺えますよね。
トリプルルッツ。彼は見るものを惹き付けますよね。

サイモン:彼は真にエキサイティングですね。

クリス:私は全くこの演技が気に入りました。

サイモン:現時点でチャン選手が首位に立っていますが、高橋選手が首位の座を奪うことになるでしょう。

クリス:サイモン、私は衝撃を受けました。たいていオリンピックの後の世界選手権はがっかりするものなんですが、今大会は過去最高の大会の一つなのではないでしょうか。
素晴らしく、息をのむ様な大会になっています。

サイモン:この女性は長光歌子さんです。彼のホームタウン、大阪で彼を指導しています。
チャン選手の得点は87.80点。

クリス:(?)

サイモン:彼の自己最高得点は90点です。
彼が首位に着けました。

クリス:Yah

サイモン:良くやりましたね。
優勝候補が首位に着けました。結果はまだ分かりませんが、実に素晴らしい魅せる演技でした。

クリス:そうですね。審判員達は構成点を控えめに出しましたね。
(意訳、誤訳ご容赦ください)


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ





posted by Tabby at 22:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 高橋大輔, Daisuke TAKAHASHI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月28日

高橋大輔 Daisuke TAKAHASHI 2010 世界選手権 FP + Interview (British Eurosport)



FPl:1, Points:257.70

Pl:1, TSS:168.40, TES:81.90, PCS:86.50, SS:8.70, TR:8.45, PE:8.60, CH:8.70, IN:8.80, Deduction:0.00, StN.:#24/24

実況:Simon Reed

サイモン:...とても難度の高いプログラムの最後に... 難度の高さと言えば、(?)な男子がいます。高橋大輔選手、表彰台の頂点に立った選手です。高橋選手が金メダルを獲得した演技です。



サイモン:実に(?)な演技でした。そして日本が歴史上初めて男子の金メダリストを輩出しました。



インタビュアー:高橋大輔選手です。日本男子選手として初の金メダリストです。

高橋大輔:とても嬉しいです。金メダルを獲得することが出来ました。

インタビュアー:オリンピックでは銅メダルを獲得しましたね。

高橋大輔:はい。私はその両タイトルを手に入れました。

インタビュアー:今シーズンはあなたにとって素晴らしいシーズンだったのではないですか? 喜んでいらっしゃいますか?

高橋大輔:はい。

インタビュアー:そして自身を誇りに思っていらっしゃいますか?

高橋大輔:シーズンの初めはとても良くありませんでした。しかしシーズンの後半以降は、とても楽しむことが出来ました。

インタビュアー:大輔、ありがとうございました。そしてこれが彼の金メダルです。

高橋大輔:はい。ありがとうございました。(笑)



サイモン:今大会は何かしらの好機でしたね。以前、銀メダルを獲得した高橋選手が今、表彰台の頂点に立ちました。パトリック・チャン選手が良い演技を見せ2位、素晴らしい演技を見せたブライアン・ジュベール選手が3位に着けました。しかし高橋選手が(?)を手に入れ、彼の国の歴史を創りました。
(意訳、誤訳ご容赦ください)


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
posted by Tabby at 12:03| Comment(4) | TrackBack(0) | 高橋大輔, Daisuke TAKAHASHI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。