2010年03月30日

安藤美姫 Miki ANDO 2010 世界選手権 FP (CBC)



FPl:4, Points:177.82

Pl:3, TSS:122.04, TES:63.64, PCS:58.40, SS:7.35, TR:6.85, PE:7.60, CH:7.30, IN:7.40, Deduction:0.00, StN.:#14/24

実況: Scott Russell
解説: Kurt Browning, Tracy Wilson

スコット:彼女は2007年に東京で開催された世界選手権のチャンピオンです。ショートプログラムを終えて、安藤美姫選手は不慣れな順位に着けています。彼女は11位に着けています。

トレイシー:彼女の今季最高得点は124点です。彼女は最高のスケーターの一人ですので、順位を簡単に引き上げることが出来るでしょう。
オリンピックでは5位。彼女はクレオパトラを滑ります。

カート:トリプルルッツ+ダブルループ。彼女はショートプログラムで3回転+3回転に挑戦しました。彼女にとって大きな目標だったんですが、成功させることはできませんでした。

トレイシー:今のところ、このフリープログラムにおいて、彼女のステップやジャンプには良いバネがありますよね。

スコット:2008年のシーズンを終えて、ロサンゼルスで開催された世界選手権で銅メダルを獲得し、彼女は復活を果たしました。昨年はグランプリシリーズでは素晴らしい活躍を見せ、ロシア杯と日本のNHK杯で優勝しました。

カート:トリプルルッツです。彼女は先の世界選手権チャンピオンです。彼女のホームである日本で優勝し、彼女はスターになりました。それ以来、彼女はその様なメダルを獲得していません。少しスピンが乱れてしまいましたが、今日のこのプログラムは実に強いですね。

トレイシー:彼女の表情から察するに、彼女はリンクの上で楽しんでいますね。今年、その様な彼女をあまり目にすることはありませんでした。

カート:その通りでしょうね。素晴らしいです。

トレイシー:実にクリーンではっきりとしたジャンプでした。着氷も見事に柔らかいものでしたね。羽毛の様な着氷でした。

カート:(笑)
競技会を見ていると、時々、一人の選手が最も適した瞬間に最も適した演技を見せることがあります。それが競技会の流れを変えるんですね。そしてこの演技がまさにそれだと思います。

トレイシー:女子シングルのショートプログラムの後、私もそのように願いました。私も同意します。安藤美姫選手の輝く様な演技でした。



スコット:世界選手権チャンピオンには、人々を熱くさせる何かがあるのでしょうね。日本の安藤美姫選手がパラベラで彼女の舞台を疲労しました。



スコット:キム・ヨナ選手、韓国の愛娘、そしてオリンピック金メダリストが、パラベラの氷上に登場します。



スコット:良い演技をした安藤美姫選手にはこれ(歓声?)が必要です。

トレイシー:彼女には軽さがありましたし、軽々と滑っていましたね。全てのスケーターが試合に相応しい演技(?)を求めています。オリンピックでは5位、カート、あなたの最後の演技と同じ暗い良い演技でしたね(?)。

カート:彼女は素晴らしいよ(笑)

トレイシー:彼女はこの演技のことを考えて、素晴らしい夏を過ごすことが出来るでしょうね。

カート:彼女は3位の選手から9点の遅れを取っていますが、彼女が氷上にあがるまでに多くのおかしなことがありましたが、この演技は彼女にとって長かった今シーズンを締めくくるに相応しい演技になるでしょう。そしてお話ししたように、彼女の演技の中で私が最も楽しんだ演技でした。

スコット:安藤美姫選手が彼女のコーチ、ニコライ・モロゾフさんの隣にいらっしゃいます。彼らはニュージャージー州、ハッケンサックで練習に励んでいます。

トレイシー:ショートプログラムでは多くのダウングレードや回転不足がありましたが、トリプルループでただ一つのダウングレードがあります。

カート:小さなジャンプです。

トレイシー:しかしそれは取るに足らない詳細です。カートがおっしゃったように、見事な得点です。自己最高得点を僅かに超えました。

スコット:安藤美姫選手が現時点で1位に着けました。
(意訳、誤訳ご容赦ください)


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ



posted by Tabby at 00:27| Comment(4) | TrackBack(0) | 安藤美姫, Miki ANDO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月17日

安藤美姫 Miki ANDO 2009 GPF FP (NBC)



FPl:2, Points:185.94

Pl:2, TSS:119.74, TES:58.62, PCS:61.12, SS:7.80, TR:7.35, PE:7.70, CH:7.60, IN:7.75, Deduction:0.00, StN.:#6/6

実況:Andrea Joyce
解説:Scott Hamilton

アンドレア:代々木国立競技場の舞台裏です。キム・ヨナ選手です。現在、彼女が首位に立っています。残る選手は一人、安藤美姫選手です。彼女が今大会で優勝するためには、122.67点を必要とします。つまり、彼女は今シーズンのどの大会よりも良い演技をしなくてはいけないと言うことです。彼女の今年の最高得点から、何点か高い得点が必要とされるからです。

スコット:それはたいていキム・ヨナ選手が置かれる状況です(?)。今まで経験しなかったことに臨まなくてはいけません。しかし、彼女は素晴らしいアスリートです。そして彼女は元世界選手権チャンピオンです。

スコット:彼女の強みはジャンプです。そして調整能力ですね。彼女にはキム・ヨナ選手同様の美しさはありませんが、彼女にはジャンプでの爆発力があります。オープニング・コンビネーションです。トリプルルッツ... 大きなトリプルルッツです。+ダブルループ。

スコット:コンビネーションです。最初のジャンプはダブルアクセルです。前向きの離氷になります。そしてダブルトウループです。3回転ではありませんでした。

スコット:大きなトリプルループでした。彼女の3回転ジャンプの高さをご覧になりましたか?
そしてそれが彼女の強みです。キム・ヨナ選手と競うためには、全てをスムーズにきめる必要があります。

スコット:次の二つのジャンプが重要です。比較的、簡単な3回転ジャンプがここで予定されています。トリプルサルコウです。
Oh, 前のめりになってしまいました。比較的に簡単なトリプルサルコウでの興味深い失敗です。少し回転が足りなく、手をついてしまいました。これは高くつくことになるでしょう。

スコット:とても難しいトリプルルッツです。見事に着氷しました。

スコット:ここでトリプルトウループです。+ダブルループ+ダブルループ。見事なコンビネーションです。

アンドレア:2006年、トリノで安藤美姫選手は日本のメディアによるプレッシャーを受け、(?)の様になることを切望し、15位に終わりました。現在は、ニュージャージー州のハッケンサックで練習に励んでいます。それは、その様なプレッシャーを避けるためにも、彼女にとっては良いことと思われます。

スコット:オリンピック選手は多くのことに平静でいなくてはいけません。特に日本の様なフィギュアスケート熱の高い国の選手ならなおのことです。

スコット:しかし、安藤美姫選手とキム・ヨナ選手の違いをご覧頂けているでしょうか。それはジャンプとジャンプの間、要素と要素の間です。彼女は非常に素晴らしいアスレチックなスケーターです。しかし、芸術的には匹敵する選手ではありません。


スコット:このプログラムには、幾つもの素晴らしい瞬間がありました。オープニングの幾つか(のジャンプ)は彼女にとって高くつくことになるでしょう。

アンドレア:保守的な演技でしたか?

スコット:いえ、そんなことはありません。ただキム・ヨナ選手ほどのインパクトがなかったと言うだけです。爆発する様なジャンプがありましたが、トリプルサルコウでおそらく回転不足の上に手をついてしまいました。彼女の最高得点を上回り、今大会で優勝するために、彼女は全てのジャンプをきめる必要がありました。しかし、おそらく彼女自身の最高得点には及ばないでしょう。
しかし、キム・ヨナ選手は少しばかり保守的でした。

アンドレア:CMの後に、グランプリファイナルの金メダルの行方をご覧頂きます。



アンドレア:代々木国立競技場、舞台裏のキム・ヨナ選手です。リポーターと話しています。彼女が現在首位に立っています。安藤美姫選手は、自身が果たして今大会で優勝するために充分な演技をしたかどうか、その結果を待っています。

スコット:オープニングコンビネーションです。トリプルルッツです。最も大きなトリプルルッツでした。普段はトリプルループが続くのですが、2回転にしました。3回転を跳んでいれば助けになったかも知れませんが、彼女が(優勝するに)十分な演技をしたかどうかは分かりません。そしてこれは高くつくことにないました。トリプルサルコウです。手をついてしまいました。ここで何点かを失ってしまいました。その何点か(の失点)でキム・ヨナ選手を捕らえることは難しくなります。プログラム後半のコンビネーションです。トリプルトウループ+ダブルループ+ダブルループ。見事にきめました。彼女の強みはジャンプであり、弱みはジャンプとジャンプの間でしょう。彼女が対抗するためには、全ての技術点を獲得する必要があります。そしてあのトリプルサルコウは、彼女にとって高くついたと思います。

スコット:先ほどもお伝えしました様に、今大会で優勝するためには、安藤美姫選手は122.67点を必要とします。
No, 彼女はその得点には及ぶことが出来ませんでした。この得点は充分な得点ではありませんでしたので、キム・ヨナ選手がグランプリファイナルを制しました。キム・ヨナ選手がショートプログラムでの2位から巻き返し、グランプリファイナルを制しました。しかし、安藤美姫選手は銀メダルを獲得し、オリンピックの日本代表の座を手に入れました。おそらく話題は、首位との得点差になるでしょう。女子シングルの最終順位表をご覧頂きます。キム・ヨナ選手が安藤美姫選手にたった数点の差をつけて優勝しています。彼女(キム・ヨナ選手)は最近の3大会で、平均して21点以上の得点差をつけて優勝しています。舞台裏のチャンピオンに、彼女の演技についてのお話を伺いたいと思います。
(意訳、誤訳ご容赦ください)


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ


posted by Tabby at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 安藤美姫, Miki ANDO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月29日

安藤美姫 Miki ANDO 2009 ロステレコム杯 FP (CBC)



FPl:1, Points:171.93

Pl:1, TSS:114.75, TES:58.23, PCS:57.52, SS:7.35, TR:6.80, PE:7.20, CH:7.35, IN:7.25, Deduction:1.00, StN.:#10/12

実況: Brenda Irving
解説: Kurt Browning, Tracy Wilson

ブレンダ:...選手権...、それは再帰のシーズンとしてはとても上出来の結末でした。2007、2008年を美姫は苦しみ、世界選手権を制した翌年、怪我やモティベーションの欠如が肥大していました。

カート:私達は先ほどアシュリー・ワグナー選手が3回転+3回転(のコンビネーション)を武器として取り戻すことを望んでいるとお話ししましたが、この少女は常に3回転+3回転(のコンビネーション)をプログラムに取り入れています。決して諦めることがありません。常にプログラムに取り入れ、7つの(ジャンプ要素を)挑戦し、その内の一つで(3回転+3回転の)得点を手に入れます。常に、特に二つ目の3回転で回転不足になってしまいますが... それが紙面の上では予定されています。ここです。トリプルルッツ+トリプルループ。
トリプルルッツ+ダブルループ。私の言う通りでした。

トレイシー:彼女は競技会で4回転を成功させた唯一の女性です。2002年度のジュニア・グランプリファイナルでそれを成功させました。クリーンなプログラムにするための戦略でしたが、カート、今、私は言おうとしたのですが、ダブルアクセルからのバックエントリーで跳んだ3回転ジャンプは、転倒と同時に回転不足の様にも見えました。

カート:(笑)今のは良く堪えましたね。空中では回転不足の様に彼女の足が着氷した様に見えましたが、彼女は前屈みになり身体の重心をブレードの上にのせることが出来、勢いを得ることが出来ました。

ブレンダ:2006年度のオリンピックに遡りますが、人々は美姫の成功を予告していました。全日本選手権では6位に着け、彼女は最終イベント(オリンピック)に出場しました。そのオリンピックでは彼女は芳しくない演技をしてしまい15位に終わり、オリンピック代表に彼女を選んだ決断は論争を呼びました。彼女は日本選手団のスターと目されていましたが、その機会に活躍することが出来ませんでした。

カート:トリプルサルコウです。今のジャンプは彼女にとって4回転で得点を得ることが出来るジャンプなんです。3回転でさえも最も簡単な3回転ではありません。明らかに彼女が最も得意とするジャンプでしょう。

カート:彼女の持つトリプルルッツでの爆発が良いですね。完璧なタイミングで彼女の体重をバック・トウピックにのせて空中に跳び上がります。何も無駄にせず、全てを手に入れました。

トレイシー:プログラムのこの時点で、少し疲れている様に見えますね。

カート:私の心を読みましたね。

トレイシー:全てのジャンプを終えました。

カート:私は彼女の衣装が好きです。プログラム自体は構わないんですが... トレイシーと私は幾つかセミナーを行ったのですが、子供達に「コーチがそう言ったからと言って、ただ腕を動かすのは止めなさい」と言ったことを覚えています。この60秒間、私はそれを考えていました。

トレイシー:それは彼女が心の底から感じていることではありません。彼女のコーチはニコライ・モロゾフさんなんですが、彼女は2006年のオリンピックの後から彼に師事しています。そして2007年に彼女の母国、日本で開催された世界選手権で優勝しています。

カート:今日は頑張りましたね。



ブレンダ:元世界選手権チャンピオン、安藤美姫選手でした。

トレイシー:彼女がこのプログラムを考え抜いていたことがご覧頂けたと思います。そして彼女は挑戦したことの殆ど全てを成功させました。オープニングのトリプルルッツです。見事な高さですね。たいてい彼女は二つ目のジャンプを3回転にするのですが、今日は跳びませんでした。見事な力強いダブルループでした。

カート:ダブルアクセル+トリプルトウループ。回転不足の上に巻き込んでしまい、そのためにフリーレッグがひっかかってしまいました。この様な失敗をした時は、少しばかり怒鳴られてしまいます。

トレイシー:(笑)トリプルループでした。ご覧頂ける様に、空中で彼女は足の角度を猫の様に変化させ、着氷で堪えました。

カート:このプログラムの半ばで、私はプログラムがバラバラになった様に感じたのですが、プログラムを通して振り付けがとても誠実でしっかりしてい様に思います。

ブレンダ:彼女のフリースケートの自己最高得点は127点強ですが、この得点はそれを大きく下回ります。114.75点です。しかしこの得点は、先の世界選手権チャンピオンに、グランプリシリーズ、ロシア大会のタイトルを獲得させるに充分な得点です。

カート:得点(の数字)はスケーター達にとってとても重要になりました。たとえ優勝しても、彼らは高い得点を望みます。それが彼女が嬉しそうに見えない理由です。

トレイシー:そして、女子シングルでの高得点をキム・ヨナ選手が先週行われたグランプリシリーズ、フランス大会で獲得しています。...
(意訳、誤訳ご容赦ください)


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ



posted by Tabby at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 安藤美姫, Miki ANDO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月05日

安藤美姫 Miki ANDO 2009 Stars, Stripes and Skates FP (Lifeskate.com)



ナレーション:Lifeskate.comの(?)が、2007年度世界選手権チャンピオン、そして現世界選手権銅メダリスト、日本の安藤美姫選手をご紹介します。美姫は「Stars, Stripes and Skates」と言う9.11のために行われた慈善イベントに参加するために、コネチカット州、デンバーに訪れました。

インタビュアー:これから始まるシーズンのことについて何かお話し頂けますか? そして今シーズンのためにどの様な準備をしたのかをお聞かせください。

安藤美姫:今シーズンはオリンピックの年ですのでワクワクしていますが、特別に感じている訳ではありません。シーズンはグランプリから始まりますし、私にとっては国内選手権がより重要だからです。グランプリ(シリーズ)よりも重要です。何故なら今年のオリンピックの出場選手を決める最終選考を兼ねた大会だからです。もちろんオリンピックのことを考え、出場することを楽しみにしています。しかし私は... 私は今シーズンを楽しみたいとも思っていますし、素晴らしい演技をし、上達したいと思っています。分かりません。とにかく今シーズンを楽しみたいと思います。

インタビュアー:今シーズンが最後のシーズンにはなりませんよね?

安藤美姫:考えてはいません。一年一年と... 分かりません。オリンピックに出場することが出来れば、その後に考えたいと思います。

インタビュアー:今年のショートプログラムとロングプログラムについてお聞かせください。

安藤美姫:今はお答え出来ません。しかし、ショートプログラムは間違いなく昨年のものとは大きく異なるものになります。より力強く、より興味深いものになっていると思います。そして新しいことにも挑戦しています。それから何かエキゾチックなものを見せたいと思っています。フリープログラムは... 昨年、私のフリープログラムにはストーリーがありませんでした。純粋にクラシック音楽で、私が感じた様に滑りました。しかし今年は一人の女性のストーリーを観客の方にお見せしたいと思います。彼女の一生を、彼女がどう生きたか、全ての中で(?)どう感じていたのかを表現したいと思っています。音楽をお聴きになれば、皆さんご存知の曲だと思います。そしておそらく全ての人が彼女のことをご存知だと思いますので... 私は彼女の人生を表現したいと思っています。

インタビュアー:待ちきれません。グランプリ(シリーズ)はどの大会に出場されますか?

安藤美姫:ロシア杯とNHK杯です。

インタビュアー:観戦させて頂きます。美姫、ありがとうございました。

安藤美姫:ありがとうございます。
(意訳、誤訳ご容赦ください)


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ




posted by Tabby at 08:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 安藤美姫, Miki ANDO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月31日

安藤美姫 Miki ANDO 2007 世界選手権 Interview (CBC)



インタビュー: Scott Russell

スコット:ブレンダ、日本にこの競技の歴史的なチャンピオンが誕生しました。日本西部の名古屋出身、安藤美姫選手です。美姫、この優勝がどれだけあなたにとって意味を持つかについて、そしてこの勝利に対してあなたの感情が落ち着いている理由(?)を教えて頂けますか?

安藤美姫:フリースケートの前はとても緊張していましたが、試合が終わり金メダルを手にし、今はとても幸せです。

スコット:母国で優勝することは大切なことでしたか?

安藤美姫:そうですね。先ほど言った様に幸せです。

スコット:おめでとうございます。楽しんで下さい。

安藤美姫:ありがとうございます。

スコット:世界選手権チャンピオンの安藤美姫選手でした。ブレンダにお返しします。
(意訳、誤訳ご容赦ください)


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
posted by Tabby at 20:07| Comment(6) | TrackBack(0) | 安藤美姫, Miki ANDO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。