2011年02月28日

デイヴィス/ホワイト Meryl DAVIS / Charlie WHITE 2011 四大陸選手権 FD (CBC)



FPl:1, Points:172.03

Pl:1, TSS:103.02, TES:50.01, PCS:53.01, SS:8.79, TR:8.75, PE:8.96, CH:8.89, IN:8.86, Deduction:0.00, StN.:#10/12

ISU Four Continents Figure Skating Championships 2011


実況: Scott Russell
解説: Tracy Wilson

スコット:世界選手権銀メダリスト、オリンピック銀メダリスト。今シーズン、彼らは出場した全ての大会で優勝しています。アメリカのメリル・デイヴィス/チャーリー・ホワイト組です。

トレイシー:タンゴのコレクションを滑ります。今シーズン、私はこのプログラムが進化する様をとても楽しんで来ました。

シーズンの初めから、彼らは複雑な振付けに取り組んできました。表現の細やかさ、ニュアンス、音楽のレベル、シーズンが進むに連れて生き生きとして来ましたね。

カナダのヴァーチュ/モイア組と殆ど同点なんですが、この二人にはアドバンテージがあります。このプログラムはシーズンを通して滑り込まれています。とても歯切れ良く、正確です。

スコット:カナダのペアに0.39点差でこのフリー・ダンスを迎えました。

トレイシー:彼らはショートダンスの一つの要素で、技術的な欠陥がありました。そのためにヴァーチュ/モイア組にリードを許してしまいました。

ここで少し姿勢が乱れてしまいましたね。

とても難しい仰向けの姿勢です。


スコット:シーズンの序盤、彼らには弱さがある様に見られました。特にポートランドで行われたスケートアメリカではそう思われましたが、このフリー・ダンスは、メリル・デイヴィス/チャーリー・ホワイト組の独壇場でした。

トレイシー:このフリー・ダンスはとても挑戦的なものです。プログラムの難しさの一部は、音楽の選択です。この音楽は彼らを乗せ、持ち上げる様なものではありません。この音楽は、彼らが乗せて行かなくてはいけない音楽なんです。そこが彼らにとっては大きな挑戦なんです。彼らのツイズルをご覧下さい。ショートダンスではこの部分でミスがありました。リフトへの難しい入り方と出方。そしてとても興味深い構成要素。私はこの振付けの複雑さが好きですね。彼らのこの音楽に対する挑戦と同様にね。最終的に、それが彼らをより高いレベルに押し上げることになると思います。

スコット:二人ともデトロイト近郊の、ミシガン州ロイヤルオークで生まれました。メリル・デイヴィス/チャーリー・ホワイト組です。彼らの得点をご覧下さい。103.02点。彼らのシーズン最高得点を大きく塗り替えました。そしてショートダンスの得点と合計した結果、ここ台湾でアメリカのペアが明らかに1位を獲得しました。
(意訳、誤訳ご容赦ください)


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ

2010年04月11日

デイヴィス/ホワイト Meryl DAVIS / Charlie WHITE 2010 世界選手権 OD (British Eurosport)



Pl:2, TSS:69.29, TES:34.10, PCS:35.19, SS:9.20, MO:9.15, PF:9.20, CH:9.40, IN:9.35, Deduction:0.00, StN.:#20/27

実況:Simon Reed
解説:Chris Howarth

サイモン:...彼らにとって良くない滑走順となりました。ISUはその条項を削る必要があるでしょう。(?)のグループで何回か2位に着けていますが、依然として私は(?)します。私が何を言ったところで、依然として状態は変わらないでしょう(?)。とにかく、彼らの出番です。オリンピックでは2位。しかし、シーズンを通して無敵の強さを見せていました。アメリカのメリル・デイヴィス/チャーリー・ホワイト組です。インドの民族音楽を滑ります。


サイモン:驚嘆しますね。



サイモン:非常に見事でした。冒頭、チャーリーが少し緊張している様に見えました。彼はプログラム中盤まであまり良くなかった様に思います。複雑さ、動きの一致、(?)が見られましたね。特に後半は見事な演技だったと思います。

クリス:そうですね。時間が経つに連れて強くなっていきましたよね。良いプログラムです。これまでに何度かこのプログラムを見たことがありますが、見ていて飽きませんよね。本当に傑作ですね。彼らはインドの舞踊家達と振付けを行い、プログラムを組み立てました。ですからこの振付けは本物なんです。私はインド舞踊の専門家ではありませんがね。

サイモン:あなたは専門家にもなれるでしょう。

クリス:そうですか?

サイモン:私の頭の中では、率直に賞賛しますね(?)。

クリス:私もそうするでしょうね。
そうですね。素晴らしい演技でした。大きなミスはありませんでした。ツイズルのスピードは、初めのツイズルの動きがあまり合っていませんでしたが、スピードが速過ぎたからですね。これら全てのショットをご覧下さい。実に素晴らしいですね。

サイモン:昨シーズン、チャーリーにはミスが多くありましたが、今年はミスがありません。

クリス:特にこの様なフォークダンスで選曲が適切だと、まるでインドの市場でダンサーを見ている様な気になりますね。技を見せました。スローモーションだと全ての動きがどれだけ複雑なのかが分かりますね。プログラムを通して実にスピードがあります。ツイズルで腕をこの様に動かしていますが、これは動きを合わせながらバランスを取るのが非常に難しいんですよ。

サイモン:常に興味深い何かがありますよね。

サイモン:マリナ・ズエワさんと共にイゴール・シュピルバンドさんがいらっしゃいます。

クリス:おそらく彼はこの滑走順を嬉しく思っているのではないでしょうか。それぞれのチームと時間を持つことが出来るからです。

サイモン:その通りですね。
首位に着けることは間違いないでしょう。
(意訳、誤訳ご容赦ください)


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ




2010年04月10日

デイヴィス/ホワイト Meryl DAVIS / Charlie WHITE 2010 世界選手権 CD (British Eurosport)



Pl:2, TSS:43.25, TES:22.00, PCS:21.25, SS:8.50, TI:8.45, PF:8.50, IN:8.55, Deduction:0.00, StN.:#26/27

実況:Simon Reed
解説:Chris Howarth

サイモン:オリンピックの金メダルを獲得することが出来ず、彼らはとてもがっかりしたでしょうね。彼らはその苦い薬を飲みました。
ヴァーチュ/モイア組は44.13点を獲得しています。アメリカのデイヴィス/ホワイト組です。



サイモン:この二人の個性溢れる演技でした。彼らは自身の順位にうんざりしているでしょうね。彼らはバンクーバーで、素晴らしい演技、次から次へと素晴らしい演技を見せました。しかしその結果は2位でした。クリス、私は今回、彼らが一番だと思いました。

クリス:とても良かったと思います。氷上を軽やかに滑っていましたし、この二人のシャープなところが見事だと思いました。再び少々異なる解釈でしたね。少し息苦しそうに見えましたが(?)、私は実に楽しむことが出来ました。技術的に彼らは見事なクオリティを持っていますよね。全てのステップが実に正確で安定しています。彼らは実に見事にそれを魅せたと思います。カナダのペアの様な何かが欠けていた様な気がします。そこには喜びの様なものが無かったのではないでしょうか。しかし、ほとんどそこまで来ていた様に思います(?)。見事な(?)なスタイル。流れがありますね。インサイド・スリーでは自然な膝の曲げを使い、バックサイド・エッジへと移ります。

サイモン:滑りに軽やかさがありますよね。

クリス:yeah.

サイモン:実に見事です。

クリス:膝が適切に動くと、リズムが刻まれ続けるんですね。それがこの氷上での軽やかさと流れを生み出しています。この二人はそれを実に美しく行っています。そして彼らは全てに置いて全力を尽くしています。全ての身体の伸びが考え抜かれています。

サイモン:バンクーバーでは41.47点を獲得しています。そして彼らは44.13点以上を必要とします。その点には及びませんでした。
(意訳、誤訳ご容赦ください)


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ

2010年01月16日

デイヴィス/ホワイト Meryl DAVIS / Charlie WHITE 2009 ロステレコム杯 FD (CBC)



FPl:1, Points:201.10

Pl:1, TSS:101.02, TES:49.90, PCS:51.12, SS:8.50, MO:8.25, PF:8.65, CH:8.60, IN:8.80, Deduction:0.00, StN.:#9/9

実況: Brenda Irving
解説: Kurt Browning, Tracy Wilson

ブレンダ:...2月にはオリンピックのリンクに... そして3月にロサンゼルスの世界選手権で実に観客の心をつかみました。彼らの刺激的なフリー・ダンスは彼らを表彰台に上げるに充分なものではありませんでした。コーチのマリナ・ズエワさんです。彼女はテッサ・ヴァーチュ/スコット・モイア組のコーチでもあります。彼らは全員、ミシガン州カントンで練習に励んでいます。友人でありライバルでもあります。「オペラ座の怪人」から聞き慣れたリフレーンを滑ります。

トレイシー:技術的なサーキュラー・フットワーク・シークエンスが美しく音楽に合わせて紡がれて行きます。

ブレンダ:アメリカにおいて彼らが、タニス・ベルビン/ベン(ベンジャミン)・アゴスト組に続く2番手のダンス・チームとして見なされているとは信じられませんね。

トレイシー:そうですね。しかし対等なチームとしても見なされているんですよ。競技会では接戦ですし、アメリカのアイスダンス競技において素晴らしいライバル関係を築いています。両チームがお互いをより強いチームにしています。このリフトをご覧下さい。先週、ヴァーチュ/モイア組の演技でマリナ・ズエワさんによる素晴らしいリフトと振付けをご覧になったことでしょう。そして私達は再度、デイヴィス/ホワイト組の傑作を目にしています。

カート:シングル競技においてでさえも、これらのツイズルは速いツイズルだと言えるでしょう。そして(?)パートナーと完璧に合っているんです。

トレイシー:素晴らしいとは思いませんか? 彼らは考えること無く、パートナーが何処にいるのかを知っているんです。彼らには長年かけて培った感覚があるんです。良く動く機械の様です。
そして審判員達にとっては難しいものになるでしょうね。今シーズンもまた、4、5チームが互角の戦いを演じることになるでしょう。
この二人は実に情熱的な演技をします。彼らの全ての拍子の使い方... 唯一の弱点と言えば、小さなものですが、時々彼らの足下がぞんざいになることでしょうか。残りのシーズン、彼らが向上させなくてはいけない唯一の細部は、フリーレッグのライン、そして同調性を洗練させることでしょう。

カート:wow

トレイシー:それ以外は... 何と言う素晴らしい演技でしょうか。デイヴィス/ホワイト組でした。



ブレンダ:昨日はチャーリーの24歳の誕生日でした。実に最高のフリー・ダンスは、彼にとって素敵な誕生日プレゼントになったことでしょう。フリー・ダンスで、2位の選手に24点もの差をつけています...
(意訳、誤訳ご容赦ください)


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ


デイヴィス/ホワイト Meryl DAVIS / Charlie WHITE 2009 ロステレコム杯 FD (NBC)



FPl:1, Points:201.10

Pl:1, TSS:101.02, TES:49.90, PCS:51.12, SS:8.50, MO:8.25, PF:8.65, CH:8.60, IN:8.80, Deduction:0.00, StN.:#9/9

実況:Andrea Joyce
解説:Sandra Bezic

アンドレア:...プレ・シーズンにアイスダンス競技に出場しました(?)。メリル・デイヴィス/チャーリー・ホワイト組です。



サンドラ:そしてデイヴィス/ホワイト組の見事なシーズンのスタートでした。
(意訳、誤訳ご容赦ください)


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。