2011年03月10日

織田信成 Nobunari ODA 2010 スケートアメリカ FS (NBC)



FPl:2, Points:226.09

Pl:2, TSS:146.81, TES:68.17, PCS:79.64, SS:8.29, TR:7.71, PE:7.89, CH:8.04, IN:7.89, Deduction:1.00, StN.:#12/12

実況:Tom Hammond
解説:Scott Hamilton, Tracy Wilson

ISU Grand Prix of Figure Skating 2010/2011 Skate America


トム:最後の選手が氷上に現れました。織田信成選手、23歳です。金メダルがかかっています。もしクリーンな演技をすることが出来れば、彼の優勝です。金メダルを持ち帰ることを彼は信じなければいけません。

トレイシー:彼は小柄ですが、非常に力のある選手です。彼は力強い足とバネのある膝を持ち、彼は素晴らしい高さのあるジャンプを跳び、素晴らしいスピードで氷上を滑ります。

トム:彼は前回行われたスケートカナダで銀メダルを獲得しています。今回彼は表彰台の頂点を目指しています。

トレイシー:彼は「ピアノ協奏曲 第一番」を滑ります。

スコット:素晴らしいスピードで氷上を滑り、冒頭の4回転に向かいます。
4回転トウループです。Oh...(笑)実に惜しいですね。空中では(?)でしたが、着氷することが出来ませんでした。

プログラムの中で2番目に難しいジャンプ、トリプルアクセルに向かいます。良いスピードです。
見事に着氷しました。少し左側に開いてしまったでしょうか。そう思いませんか?

トレイシー:やりました。調子を取り戻しましたね。(笑)トリプルフリップから二つ目のジャンプ、トリプルトウループを跳びました。

彼の膝の上下運動をご覧下さい。彼の滑りに大きな勢いを与えていますが、スコット、あなたがおっしゃった様に、良い身体の姿勢に欠け、磨き洗練された演技レベルに達していません。それが今回の大輔との差でしょう。

トム:前年と比べて、現在、先のミスはそれほど痛いものではありません。ISU、国際スケート連盟は採点ルールを変更しました。もし回転数が足りていれば、失敗または転倒しても、それほどのペナルティを受けなくなりました。そして基礎得点がより高いものになったことを受け、より多くの選手達が挑戦する様になりました。

トレイシー:4回転で転倒したとしても、トリプルルッツを奇麗に着氷した時と同等の得点を獲得することが出来ます。

スコット:もう一つトリプルアクセルを跳びます。Uh 着氷しました。

何と言う素晴らしいジャンパーでしょうか。とても難しいことなんですが、彼は高橋選手と同じ様なスピードでは滑っていないんです。
3連続コンボです。彼はここで余計なコンボを跳んでしまいました。彼はこのジャンプの得点を獲得することはできません。3つのコンビネーションを跳ぶことが許されていますが、今のは4つ目のコンビネーションです。プログラムを考える必要があります。何が起きているのかを覚えていなくてはいけません。

トム:氷上で我を見失ってしまったと言うことですか?

トレイシー:この様なことを彼は何度も難度も経験しています。このために彼は全日本選手権のタイトルを失ってしまいました。余計なジャンプを跳び、得点を失ってしまいました。
ご覧の様に、体力が落ちる中、彼は努力しています。

明らかに上位3選手の中に入るでしょう。


トム:しかし、優勝するには足りませんか?

トレイシー:Ah おそらく彼はジャンプでは得点を稼ぐでしょうが、演技と言う意味では、私にとって充分なものではありませんでした。

スコット:氷上では誰も高橋大輔選手に及びません。しかし、空中では?
今日の彼はついていませんでしたね。この様な舞台で、信成は私が期待した様な演技をすることはできませんでした。

トム:彼が得点されることを望んだ余計なコンビネーションですが、コンピューターがそのミスを認識することが出来なかったために、彼は以前全日本選手権のタイトルを逃した経験があります。彼は一度金メダルを表彰されたのですが、「君は金メダリストじゃないよ」と取り消されてしまいました。そして2006年のオリンピック代表に選ばれることが出来ませんでした。

トレイシー:そのミスのおかげでね。(その様なことは)その時だけではないんです。驚きなんですが、彼は演技では負けてしまいましたが、彼にはコンビネーションの後に3回転や他のジャンプを跳ぶ能力があるんです。彼には実にその能力があるんです。私はリー・コーチの声が聞こえましたよ。「ああ、まただよ」とね。(笑)

トム、スコット:(笑)

トム:コーチのリー・バーケルさんです。
その時、2006年ににオリンピックに出場したのは高橋選手でした。織田選手ではありませんでした。彼は再び余計なコンビネーションを跳ぶことになると思ったでしょうか?(?)

スコット:この演技は純粋に運動競技のものなんです。これを跳び、あれを跳びとね。織田選手は実に見事だったと思いますよ。彼は素晴らしい脚やより素晴らしい姿勢を持っていますし、多くの3回転+3回転のコンビネーションを跳びました。しかし、これは純粋に演技なんです。初めから最後までの質の高い滑りと言う点で高橋選手と比べるならば、私は彼に軍配を上げます。
ここで4回転です。1、2、3、4。余裕はあったんですが、氷上で体重をかけるところを見失ってしまったようです。

トレイシー:今のは回転し切っていましたね。

スコット:はい。

トレイシー:そこで得点を獲得します。

スコット:トリプルアクセル。空中での見事なジャンプ技術。そして彼は(?)を幾つか堪えます。

サンドラ:他の問題点ですが、私とあなたは彼の練習を見、彼の能力を目にしました。ですから今日の演技は、全てにおいて練習時のものを下回っています。全てにおいて、「oh、そうじゃない。こうじゃない」とね。おそらくタイトルを獲得することは出来ないかも知れません。彼は見事な滑りを目にしたので、少々残念ですね。

トム:観客の声をお聞きください。彼の得点が待ちきれないと言った感じです。

スコット、トレイシー:(笑)

トム:高橋大輔選手がリンクから去った時に私達が予想した得点よりも、僅差になるのではないでしょうか。

トレイシー:しかし、何と言う見事な試合でしょうか。そしてこのシーズン序盤で、何と言う見事な上位選手のレベルでしょうか。

スコット:そして彼らの多様な技術のね。

トレイシー:はい。

スコット:それかこれかと言うことではないんです。それでは本質を明確にすることが出来ません。何故ならそれはこのシステムを客観的にすることが出来るからなんです(?)。4分半の演技の中で、私達は多くのことを目にしているんです。あなたは現在、世界で最高の選手を見ています。織田選手はそこを目指しています。そして今気がつきました。「OK、今分かったよ」とね。

トレイシー:(笑)

スコット:「二つ目のトリプルアクセル、そして3回転+3回転、そして3回転+3回転、そしてトリプルサルコウ+2回転... 分かったよ。Oh huh」

トム:「それらを全部合わせても得点が得られないんですか?」ってね。

スコット:「(?)誰かがズルしてるんじゃないの?(?)」とね。

トム、トレイシー:「Oh no」

トム:得点です。

(笑)

トレイシー:「母さん...」

トム:彼は総合で226.08点を獲得しました。

スコット:No

トム:優勝を逃してしまいました。

トレイシー:実に僅差です。Oh...

スコット:そして高橋選手が再び彼に大きなチャンスを与えてくれることを彼は期待することはできません。期待出来ないでしょう。彼はそのチャンスを逃してしまったんです。彼(高橋大輔選手)がチャンピオンです。

トレイシー:コンビネーションの最後のダブルトウループのためにね。

トム:2010年のグランプリシリーズ、織田信成選手にとって二つ目の銀メダルです。しかし、彼が氷上に現れたときは、全く良い調子だったのですが。

スコット:冗談のようですね。彼は過剰なことをしたために、試合で負けてしまったんです。

スコット、トレイシー:(笑)

トム:その通りです。その可能性があります。

スコット:いや、その通りなんですよ。彼はコンビネーションの得点を丸々逃してしまったんです。彼はトリプルサルコウの得点を逃し、それは...

(意訳、誤訳ご容赦ください)


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
posted by Tabby at 01:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 織田信成, Nobunari ODA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月21日

織田信成 Nobunari ODA 2010 バンクーバー五輪 FP (NBC)


動画はフランスEurosportです。

FPl:7, Points:238.54

Pl:7, TSS:153.69, TES:79.69, PCS:77.00, SS:8.00, TR:7.25, PE:7.80, CH:7.70, IN:7.75, Deduction:3.00, StN.:#20.24

実況:Tom Hammond
解説:Scott Hamilton, Sandra Bezic

トム:次は日本代表、22歳、織田信成選手です。2009年の全日本選手権チャンピオンです。ショートプログラムを終えて4位に着けています。

スコット:このプログラムは信成の芸術性をより高いレベルのものにするために作られました。彼がジャンプを跳べることは分かっていますし、他の技術的な能力を持っていることも分かっています。トリプルルッツ。彼にはもう少し何かが必要なんです。彼は今年、素晴らしい国際的なシーズンをおくりました。

サンドラ:この最終グループでチャーリー・チャップリンを滑ると言うコンセプトは、あまり上手く活きていないように思います。個人的には、このプログラムは若い... 私達が目にしたエヴァンの演技に比べると、ジュニアの演技のように見えてしまいます。

スコット:そしてこれから見るであろう演技と比べてもね。

サンドラ:その通りです。

スコット:しかし、この4年の間にプログラムの構成で変化したことは、プルシェンコ選手がトロント、いやトリノの後に引退し、プログラムで多くの得点を稼ぐために、多くの選手達が加点を獲得出来る時間帯に多くの要素を組み込むようになりました。このトリプルアクセルのようにプログラムに組み込んでいます。

サンドラ:見事ですね。

サンドラ:oh

スコット:どうしたんでしょうか。こむら返りかも知れません。彼は今、滑ることが出来ないようです。彼が審判員達に近づきます。それはつまり... 衣装の問題でしょうか。靴ひもですね。

サンドラ:Oh 靴ひもですね。

スコット:演技を止めることで自動的に2点を失うことになります。自動的に減点されます。そして彼はスケート靴を直さなくてはいけません。あの様に演技を止め、あの様な動き方を見ると、怪我をしたのかと思ってしまいます。

トム:そう思いました。

サンドラ:そう思いましたよ。

スコット:そうなんです。その様ではないので(?)、私は...

サンドラ:彼には3分間が与えられます。

スコット:彼は3分間で問題を解決しなくてはいけません。この様な靴ひもの問題を3分間で処理しなくてはいけません。切れた靴ひもを結び、ほどけないことを祈るか、完全に靴ひもを取り外し、新しいものに換えるかです。それは時間がかかります。ですからギリギリですね。

サンドラ:そしてこの様な立ち方は、この様な立ち方をしてリンクに出て行くことは望ましくありません。

スコット:そうですね。頭に血が上ってしまいます。

サンドラ:選手の血が頭に上ってしまうと... 誰かが椅子を持ってくるべきですね。

スコット:(笑)そうですね。

サンドラ:Oh

スコット:椅子がきましたよ。持って来て頂いてありがとうございます。私達の話を聞いていたに違いありませんね。(笑)

スコット:この様なことは本当に珍しいことです。たいていはストラップが壊れ、ズボンがずり落ちるだとか、ブレードが緩くなったりと言う問題なんです。

スコット:彼はやりましたよ。彼はこの得点を獲得するべきですね。

トム:(笑)

スコット:時間が無い中で演技に戻ります(?)。彼はどこからプログラムを再び始めるのかを理解しなくてはいけません。

サンドラ:ジャンプの後で彼が演技を止めたところですね。

サンドラ:彼のプログラムは残り30秒を残すのみです。

スコット:そこでプログラムを止めなくてはいけなかったんですから...

サンドラ:不運ですね。

サンドラ:しかし、このことで観客のサポートを手に入れましたよ。

トム:そうですね。



トム:(?)、観客は彼の決意に歓声をおくります。

スコット:彼はこのオリンピックを忘れないでしょうね。それは間違いありません。奇妙な出来事でした。そして彼はそこから見事に演技に戻りました。

トム:織田信成選手、22歳の日本を代表するスケーターです。
プルシェンコ選手が最終滑走者です。



トム:エヴァン・ライサチェック選手が舞台裏でインタビューを受けています。彼がこの最終グループで首位に立っています。織田信成選手です。演技の途中でスケート靴を直さなくてはいけないハプニングがありました。得点を待ちます。彼はショートプログラムを追えて4位に着けています。
何と言う見事な繋ぎでしょうか。ハプニングの後に演技に戻り、最後まで滑り切りました。良い演技で滑り終えました。
フリースケートの得点は153点。そして総合得点は238.54点になります。彼は現時点で3位に着けました。
(意訳、誤訳ご容赦ください)


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ



posted by Tabby at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 織田信成, Nobunari ODA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

織田信成 Nobunari ODA 2010 バンクーバー五輪 SP (NBC)

Pl:4, TSS:84.85, TES:46.00, PCS:38.85, SS:8.00, TR:7.15, PE:8.00, CH:7.80, IN:7.90, Deduction:0.00, StN.:#20/30

実況:Tom Hammond
解説:Scott Hamilton, Sandra Bezic

トム:そして次に滑るのは織田信成選手です。日本の22歳です。織田選手は2009年度全日本選手権チャンピオン、2005年度世界ジュニア選手権チャンピオンです。今大会が彼のオリンピック・デビューになります。有名な日本の武将、織田信長の17代目の子孫になります。1534−1582年、日本の戦国時代の無精です。任天堂のテレビゲーム、「信長の野望」の着想の元となる人物です。

スコット:彼にとって素晴らしい国際的なシーズンになりました。
彼の強みはジャンプです。もしかしたら、(今の様子が)少しおかしな様子に見えますが、このトリプルアクセルの高さをご覧下さい。

スコット:Huh ゴージャスなコンビネーションです。

サンドラ:織田選手のエキサイティングなところは彼のスピードです。彼は飛ぶ様にジャンプに入ります。



スコット:今大会の彼の本当の強みはロングプログラムですが、彼はショートプログラムでも出来得る限り最良の演技をしました。大きく巨大なジャンプでした。しかし、他の多くの要素は小さく見えました。彼には高橋選手の様な大きさやインパクトがありません。ですから少し順位は下がるかも知れませんが、彼は彼の素晴らしいロングプログラムに向けて、出来得る限り最高の演技をしたと思います。

サンドラ:その通りですが、彼のプログラムには詳細で洗練された振付けが見られません。高橋選手やランビエール選手のプログラムにはそれが見られます。

トム:日本の織田信成選手でした。彼の得点はCMの後。



トム:若い日本のスケーター、織田信成選手はショートプログラムを終え、もうすぐ彼の得点が出ます。

スコット:彼は実に見事な滑りを見せました。このトリプルアクセルの準備で少しおかしな印象を受けました。しっくりせず素晴らしいものではありません。しかし、彼の空中姿勢は全く完璧ですね。空中での真っ直ぐな姿勢、素晴らしい後方への着氷では柔らかい膝を見せます。彼は素晴らしいジャンパーで、このコンビネーションジャンプの飛距離は見事です。

サンドラ:実に見事なトリプルルッツ+トリプルトウループのコンビネーションです。彼の膝をご覧下さい。深く曲がり、着氷での衝撃を吸収します。しかし、身体のストレッチ、表現力、振付けの細部など、彼はこれから学んでいくことでしょう。彼はまだ22歳なんです。そして彼は役者です。

スコット:彼にとって何と言うシーズンでしょうか。彼はグランプリファイナルで2位になり、二つの国際大会で優勝しています。素晴らしい年ですね。

トム:リンクの上のスコア・ボードを見つめ、得点を待ちます。
84.85点。この得点は彼を現時点で3位に着けました。
引き続きショートプログラムの模様をお伝えしますが、ボブ・コスタスさんです。
(意訳、誤訳ご容赦ください)


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ



posted by Tabby at 01:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 織田信成, Nobunari ODA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月20日

織田信成 Nobunari ODA 2010 バンクーバー五輪 SP (BBC)



Pl:4, TSS:84.85, TES:46.00, PCS:38.85, SS:8.00, TR:7.15, PE:8.00, CH:7.80, IN:7.90, Deduction:0.00, StN.:#20/30

実況:?
解説:Robin Cousins

?:...しかしこれから多くのトップ選手達が滑ります。この男性もその内の一人です。
日本の織田信成選手です。彼にとって今シーズンは素晴らしいシーズンでした。彼は二つのグランプリシリーズで優勝し、グランプリファイナルでは2位につけました。今シーズン3番目に高い得点を記録しています。しかし、ここまで彼は大きな大会で最良の演技を見せていません。そして今大会以上の大きな大会はありません。ここでその流れを変えることが出来るでしょうか。
日本の織田信成選手です。

ロビン:彼もまたパワーのある選手です。氷上を素晴らしいスピードで滑り抜けます。トリプルアクセルでプログラムを始めます。Yes.
4回転はありませんが、トリプルルッツ+トリプルトウループのコンビネーションを予定しています。
膝を沈めて、トリプルルッツ+トリプルトウループ。これは絶妙でしたね。

ロビン:見事なトリプルフリップ。

ロビン:コンビネーション・スピンでは素晴らしいスピードと姿勢を見せます。

ロビン:(???)シットスピンでは(???)エッジも変えています。



ロビン:素晴らしいですね。

?:お見事です。全ての要素を成功させました。今シーズン、彼は素晴らしい調子を持続させていますね。グランプリシリーズ、そして今大会に出場することを彼は望みました(?)。そして彼はそれをかなえたのです。ロビン、この音楽のせいなのでしょうか。他の選手の様な存在感が無かった様に思うのですが。

ロビン:そうですね。他の選手の様なダイナミックさはありませんでした。プログラムの始まりは素晴らしいと思いました。素晴らしい技(?)をきめました。しかし、フットワークや最後のスピンに入る際に、彼はリラックスしてしまった様に思います。そこで音楽的に更に高いレベルへと持って行かなければならなかったのですが、そうはなりませんでした。
音楽の選択が間違っていたとは言えませせんが、プログラムの構成、振付けに原因があるのではないかと思います。技術的には実に熟練したものでした。熟練の演技でしたが、彼に足りなかったものは...

?:「wow」でしょうか。

ロビン:おっしゃる様に、「wow」な要素が無かった様に思います。彼のチームメイトが見せた様なwowな要素がありませんでした。

?:しかし、ランビエール選手の後の演技は実に難しいことだったと思います。何故ならおそらく彼(ランビエール選手)は今大会でも最高のエンターテイナーだからです。

ロビン:そうですね。そのように私達も少し感じたと思います。(?) 彼は技術的に熟練していました。このトリプルアクセルは実に素晴らしいものでした。少し前のめりになり過ぎていたでしょうか。姿勢をしっかりと伸ばすためには、着氷の際のフリーレッグが少々雑だった様に思います。
コンビネーションは素晴らしかったですね。二つ目のジャンプはおそらく一つ目のジャンプよりも大きかったのではないでしょうか。おそらくそれを望んでいたのだと思います。トリプルルッツ+トリプルトウループ。見事です。そして着氷の際のエッジが軽々と流れていますね。彼がこのコンビネーションで加点を得ることは間違いないでしょう。
小さく足さばきをコントロールします。素晴らしいステップワーク。見事なブレードとクオリティのコントロール。

?:間違いなく彼にとっては最高のシーズンでしょう。2006年に彼がシニア・デビューした際、私達は実に見事だと思いました。世界選手権で4位に入りました。しかし、その後は少々残念でしたね。2007年、2009年と7位に終わりました。しかし今シーズン、再び彼は最高の調子を取り戻しました。
ニコライ・モロゾフさんです。彼は多くのスケーターを指導しています。

ロビン:彼もそこ(オリンピックのキス&クライ)にいましたからね。彼(織田信成選手)がどの様に感じているのかを知っています。彼はシングルの選手ではなくアイスダンスの選手でした。

?:しかし、今では人望のあるコーチです。ランビエール選手の得点は84.63点でした。彼の今季最高得点は87.65点です。
84.85点。この得点はちょうどランビエール選手を上回るものですが、彼の今季最高得点ではありません。
彼は3位に着けました。そして彼はこの順位を喜んでいます。
彼もメダル争いに名乗りを上げました。
そして会場のテンションは上がりましたが、残り2グループが残っています。一年間を通して素晴らしい調子を持続させている何人かの素晴らしい選手がこれから滑ります。しかし、エフゲニー・プルシェンコ選手が首位に立ち、高橋大輔選手がそれに続きます。この二人が現時点で飛び抜けています。しかし、今、織田選手が素晴らしい演技を見せましたし、ステファン・ランビエール選手が4位に着けています。
(意訳、誤訳ご容赦ください)


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ



posted by Tabby at 22:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 織田信成, Nobunari ODA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月22日

織田信成 Nobunari ODA 2009 GPF FP (NBC)



FPl:2, Points:243.36

Pl:3, TSS:155.71, TES:77.71, PCS:78.00, SS:8.05, TR:7.30, PE:8.00, CH:7.85, IN:7.80, Deduction:0.00, StN.:#4/6

実況:Andrea Joyce
解説:Scott Hamilton

アンドレア:日本の織田信成選手です。ショートプログラムを終えて3位に着けています。ショートプログラムの自己最高得点を出したにもかかわらず、彼は3位に着けているんです。この大会の前半のレベルが、どれだけ高かったかをお分かり頂けるでしょう。

スコット:彼にとって目覚ましい年です。国際大会に出場するにあたり、このプログラムで、彼のスケート人生の中でこれまでに無い程の成功を見せています。美しいトリプルルッツでプログラムの幕を開けました。
彼は常に素晴らしいジャンパーとして知られていました。トリプルアクセルの準備をしています。少々おかしいでしょうか。少し... ここです。トリプルアクセルです。非常に大きなジャンプでした。そしてもう一つ、大きなトリプルトウループです。Wow.

アンドレア:彼は「チャーリー・チャップリン」の音楽を滑っています。今シーズンの中でもチャーミングなプログラムです。

スコット:彼は常にジャンプで知られていましたが、彼の個性では知られていませんでした。しかし突然、ニコライ・モロゾフさんのプログラムが彼の違う側面を見せたのです。彼は彼の最大のライバルである高橋大輔選手を追いかけ、高橋選手がそのキャンプを出るや否や、彼のコーチに師事し、「大輔をここから出しちゃおう」とね。その結果も興味深いですね。

アンドレア:織田はこのプログラムでは4回転を予定していませんが、この一週間、東京で行われた練習では、彼は(4回転を)成功させていました。試合で(彼の4回転を)見ることになると思いますか?

スコット:彼には4回転を成功させるに充分すぎる能力があります。しかし、ポイントは「慎重さ」なのではないでしょうか。4回転は重要ですが、最終的にはそうではありません。昨年、エヴァン・ライサチェック選手が4回転抜きで世界選手権を制した様にね。
しかし彼はより難しいトリプルアクセルに挑戦します。このプログラムの次のジャンプです。トリプルアクセル、3回転半です。Oh, パンクしてしまいました。身体が開いてしまい、シングルアクセルになってしまいました。成功出来なかったことで、ここで大きな失点をしてしまいました。次の三つのジャンプの内、どのジャンプもとても重要になります。トリプルルッツ+トリプルトウループ+ダブルループ。ゴージャス。

スコット:このプログラム最後の3回転、トリプルループ。ゴージャス。彼は実にジャンプの才能豊かな選手ですね。

スコット:しかし、他の選手と競うためには、彼はクリーンな演技をしなくてはいけません。あのトリプルアクセルは、おそらく高くつくことになるでしょう。

スコット:ここでダブルアクセルです。Oh, ここでも失敗してしまい、ダブルアクセルが再びシングルになってしまいました。トリプルアクセルとシングルアクセルでは7点の差があります。1位と2位の間に0.1点の差しかない時には、そこで決まってしまいます(?)。



アンドレア:日本の織田信成選手でした。今シーズン私達が見た、彼のこのプログラムの演技の中では、ベストな演技ではありませんでした。

スコット:そうですね。彼はこの演技よりも遥かに良い演技で、二つの国際大会を制しました。彼はがっかりしていることでしょう。特にホームの観客の前で(良い演技が出来なかったことを)がっかりしていることでしょう。

スコット:二つのシングルアクセルがありました。とても高くつくでしょうね。

スコット:このトリプルアクセルは、美しい空中姿勢、スピードのある着氷からトリプルトウループにはいります。素晴らしい高さですね。
そして素晴らしい3つのジャンプ・コンビネーションです。トリプルルッツ。素晴らしいです。素晴らしい空中姿勢。空中で真っ直ぐに伸びています。トリプルトウループも問題ありません。そして軽々とダブルループをきめます。とても簡単そうですよね。

スコット:そしてパンクしたトリプルアクセルです。Wow, No. 身体が分かっているんですね。身体がタイミングなどを知っているんです。プログラム最後のスピンです。そして彼は分かっていますね。「僕は二つの大きなジャンプを失敗してしまった。何てついてないんだ。」

アンドレア:先ほどもスコットがお話ししました様に、今シーズン、織田選手は素晴らしいシーズンを送っています。今シーズンのトップ4の得点のうちの二つの得点は彼のものです。

スコット:この得点はその様な得点にはならないでしょう(笑)二つの失敗があり、とても高くつくことになるでしょうし、プログラム全体をまとめることが出来ませんでした。ですから、彼が以前に獲得した様な構成点を獲得することはできないでしょう。

アンドレア:しかし、1位に着けるには充分な得点です。この得点はジョニー・ウィアー選手を2位に落としました。
(意訳、誤訳ご容赦ください)


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ


追記
posted by Tabby at 04:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 織田信成, Nobunari ODA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。