2011年02月28日

デイヴィス/ホワイト Meryl DAVIS / Charlie WHITE 2011 四大陸選手権 FD (CBC)



FPl:1, Points:172.03

Pl:1, TSS:103.02, TES:50.01, PCS:53.01, SS:8.79, TR:8.75, PE:8.96, CH:8.89, IN:8.86, Deduction:0.00, StN.:#10/12

ISU Four Continents Figure Skating Championships 2011


実況: Scott Russell
解説: Tracy Wilson

スコット:世界選手権銀メダリスト、オリンピック銀メダリスト。今シーズン、彼らは出場した全ての大会で優勝しています。アメリカのメリル・デイヴィス/チャーリー・ホワイト組です。

トレイシー:タンゴのコレクションを滑ります。今シーズン、私はこのプログラムが進化する様をとても楽しんで来ました。

シーズンの初めから、彼らは複雑な振付けに取り組んできました。表現の細やかさ、ニュアンス、音楽のレベル、シーズンが進むに連れて生き生きとして来ましたね。

カナダのヴァーチュ/モイア組と殆ど同点なんですが、この二人にはアドバンテージがあります。このプログラムはシーズンを通して滑り込まれています。とても歯切れ良く、正確です。

スコット:カナダのペアに0.39点差でこのフリー・ダンスを迎えました。

トレイシー:彼らはショートダンスの一つの要素で、技術的な欠陥がありました。そのためにヴァーチュ/モイア組にリードを許してしまいました。

ここで少し姿勢が乱れてしまいましたね。

とても難しい仰向けの姿勢です。


スコット:シーズンの序盤、彼らには弱さがある様に見られました。特にポートランドで行われたスケートアメリカではそう思われましたが、このフリー・ダンスは、メリル・デイヴィス/チャーリー・ホワイト組の独壇場でした。

トレイシー:このフリー・ダンスはとても挑戦的なものです。プログラムの難しさの一部は、音楽の選択です。この音楽は彼らを乗せ、持ち上げる様なものではありません。この音楽は、彼らが乗せて行かなくてはいけない音楽なんです。そこが彼らにとっては大きな挑戦なんです。彼らのツイズルをご覧下さい。ショートダンスではこの部分でミスがありました。リフトへの難しい入り方と出方。そしてとても興味深い構成要素。私はこの振付けの複雑さが好きですね。彼らのこの音楽に対する挑戦と同様にね。最終的に、それが彼らをより高いレベルに押し上げることになると思います。

スコット:二人ともデトロイト近郊の、ミシガン州ロイヤルオークで生まれました。メリル・デイヴィス/チャーリー・ホワイト組です。彼らの得点をご覧下さい。103.02点。彼らのシーズン最高得点を大きく塗り替えました。そしてショートダンスの得点と合計した結果、ここ台湾でアメリカのペアが明らかに1位を獲得しました。
(意訳、誤訳ご容赦ください)


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。