2010年05月09日

川口/スミルノフ Yuko KAVAGUTI / Alexander SMIRNOV 2010 バンクーバー五輪 SP (NBC)



Pl:3, TSS:74.16, TES:40.92, PCS:33.24, SS:8.25, TR:8.10, PE:8.45, CH:8.30, IN:8.45, Deduction:0.00, StN.:#16/20

実況:Tom Hammond
解説:Scott Hamilton, Sandra Bezic

トム:箱の上に立つことで、彼女はフェンスの向こう側の選手と話すことが出来ます。タマラ・モスクビナさんです。彼女はロシアのオリンピックチャンピオンを4組育てました。川口悠子選手、彼女のパートナーであるアレクサンドル・スミルノフ選手と話しています。彼らはロシアがオリンピックのペア種目で強豪で居続けると言う期待を背負っています。彼女は川口悠子として日本で生まれました。彼女はロシアの国籍を取得し、2009年の2月、ロシアの綴りと発音に自身の名前を合わせました。16歳当時、彼女はタマラ・モスクビナさんにファックスを送り、オリンピックに出場することが夢だと言い、タマラさんに師事したいと言う旨を伝えました。ですから彼女は自身の日本国籍を手放し、オリンピックの夢のためにロシアの国籍を取得しました。日本では、このために彼女のことを裏切り者と呼ぶ人もいるそうです。ロシア代表として滑り、オリンピックの金メダルを目指します。彼らは現欧州選手権チャンピオンです。

サンドラ:日本にはペアスケートの伝統がないので、彼女の夢のために彼女はこの様な決断をする必要がありました。

スコット:Ah, オープニングのサイド・バイ・サイドのトリプルトウループです。見事でした。

サンドラ:このペアは全ての要素において強いですね。動きの一つ一つの前に何かしら難しいところがあります。

スコット:着氷で堪えました。あなたのおっしゃる様に実に難しいエントランスです。

サンドラ:タマラさんは実に素晴らしい計算の出来るコーチですね。この演技の動きの一つ一つが得点に繋がる様に計算されています。全ての特別な小さな動きが完璧に合い、美しくクリーンであることを彼女は確認しています。



スコット:素晴らしい演技でした。

トム:タマラさんの署名が入っているかの様な演技でしたね。

サンドラ:全くその通りですね。申雪/趙宏博組のレベルには及びませんでしたが、彼らの仕事はやり遂げました。
全てが計算されていましたね。お辞儀でさえも計算されていました。

スコット:氷上へ出る際も振り着けられていましたし、審判員達の前にいる全ての瞬間が振り着けられていました。

トム:ロシアの川口/スミルノフ組でした。
今夜、私達は自身の夢のために何かを手放したスケーター達についてお話ししましたが、悠子の場合、彼女は国籍を手放しました。

スコット:どれほどの人がロシアへ亡命したでしょうか。

サンドラ:(笑)

スコット:(笑)

サンドラ:しかしそれ以外に、彼女はどれだけ怪我をしたことでしょうか。彼女は肩を難度も脱臼していますし...

スコット:(笑)

サンドラ:(笑)彼女から握手とウィンクをもらえると言うことは、彼らは実に良い演技をしたと言うことですね。

スコット:しかし、彼女はまだ道半ばだと言うことを知っています。

サンドラ:その通りです。

スコット:ロングプログラムで話の結末が変わります。しかし、ショートプログラムは完璧な演技とは言えませんでした。幾つかの着氷で少しばかり乱れましたし、彼らはレベル4を獲得すると思いますが、申雪/趙宏博組を勝負するためには良いGOEを獲得する必要があります。

サンドラ:この...



スコット:トリプルトウループでプログラムの幕を開けます。今シーズンで3、4回目になります。1、2、3、後方に、後方に。この着氷ではつま先に乗り、素晴らしいユニゾンを見せました。

サンドラ:そしてここでスローです。エントランスをご覧下さい。彼らはエクストラ・ポイントを獲得することになります。何故なら小さなリフトで難しいエントリーになり、彼女が跳び上がり、この見事な着氷です。良かったと思います。この部分で少々近すぎる様に見えますが、見事に締まった空中姿勢。

スコット:トウピックがどこにあるかが問題です。

サンドラ:回転し切っています。

スコット:そうなんです。

サンドラ:やりましたね。この様な着氷では(?)です。


トム:彼らの得点が出ます。今季最高得点は73.92点です。
審判員達は(???)。
総合得点、74.16点、自己最高得点です。申雪/趙宏博組に続き2位に着けました。

スコット:ロングプログラムで得点が期待出来るでしょうか。メダルをかけて面白い勝負になりそうですね。
(意訳、誤訳ご容赦ください)


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。