2010年04月24日

高橋大輔 Daisuke TAKAHASHI 2010 世界選手権 FS (Bristih Eurosport)



FPl:1, Points:257.70

Pl:1, TSS:168.40, TES:81.90, PCS:86.50, SS:8.70, TR:8.45, PE:8.60, CH:8.70, IN:8.80, Deduction:0.00, StN.:#24/24

実況:Simon Reed
解説:Chris Howarth

サイモン:首位に着けている選手の登場です。
彼の母国、東京では2位に終わり、そのために彼は現役を続けています。その翌年は4位、昨年は欠場しました。しかし、今年は再度評価を上げています。オリンピック銅メダリスト。フリーを前にして、彼は今大会の優勝候補となっています。『La Strada」のサウンドトラックから。実に素晴らしい選手、高橋大輔選手です。

サイモン:彼には4回転がありますが、異なる4回転、4回転フリップが最初に予定されています。
そして彼は成功させました。

クリス:おそらく回転不足だったと思います。そうでなければ良いのですが、間違いなく両足での着氷だったと思います。
大きな大きな賭けでしたね。
トリプルアクセル+ダブルトウループ。

サイモン:実に流れる様なジャンプ、トリプルループでした。

サイモン:ゴージャス。

サイモン:彼の表情をご覧下さい。彼は生涯最高の時を楽しんでいますね。

サイモン:トリプルフリップ+トリプルトウループ。

クリス:少々着氷が早かったようですね。疲れが出て来たようです。しかし、彼は乗り切ったと思います。

サイモン:もう一つトリプルアクセルが残っています。
やりました。これで金メダルは確実でしょう。



サイモン:何と言う個性でしょうか。
世界選手権の金メダルがかかった演技とは思えませんね。エンターテイメントに溢れています。彼が1位であろうが31位であろうが、決して忘れることの出来ない演技でした。しかし、彼の滑りから彼がどちらの順位に着けるかは明らかですね。日本人男子初の世界選手権金メダリストの誕生になりそうです。

クリス:そうですね。間違いないでしょう。確実なものにしたと思います。信じられない様な演技でした。そしてもう一つの歴史が誕生するかも知れません。もし3回転、いや、4回転フリップが認められれば、競技会で初と言うことになります。私が知る限り、まだ誰も成功させていなかったと思います。間違いなくISUの世界選手権ではまだ誰も成功させていません。

サイモン:間違いなく両足での着氷でしたが、あなたの疑問は...

クリス:回転数が鍵ですね。後方に滑る前に4分の1回転以内に収まっていれば11.30点を獲得し、そこから両足での着氷のために少し減点されることになります。もし回転数が足りていなければ、この要素の得点が2.5点まで下がってしまうかも知れないんです。

サイモン:はい。

クリス:しかし世界選手権はそれ(4回転フリップの成功)次第ではありません。何故ならこのプログラムの他の部分は実に見事だったからです。
前向きに着氷していますね。2.5点になってしまいます。

サイモン:はい。しかしそれでも彼は金メダルを獲得しますよね。

クリス:間違いないでしょう。他の全てが実に見事でした。構成点ではこれまでのどの演技よりも良かったと思います。
しかし、勇敢な挑戦です。

サイモン:何故なら彼が4回転フリップに挑戦する必要は無かったからです。

クリス:はい。

サイモン:チャン選手の演技はあまり良いものではありませんでしたし、ジュベール選手の演技は見事でしたが、金メダルの可能性はありませんでした。
ですから、彼は4回転に挑戦する必要は無かったんです。

クリス:実に大きな賭けでした。

サイモン:彼の4回転フリップへの挑戦は見事でしたし、彼の演技もまた見事なものでした。彼は非常に素晴らしいですね。

クリス:彼の神経は鋼鉄で出来ていますね。彼は神経を自身の肉体に集中させていましたね。リンクに上がり、演技し、人々を楽しませました。

サイモン:彼はスーパースターになりますね。

クリス:ラハカモ/コッコ組が世界選手権で優勝したときもこの曲を使っていましたよね。そうだったと思います。

サイモン:そうかも知れませんね。

クリス:彼らはこの曲を使用したと思います。そして両者とも同様にエンターテイメントでした。

サイモン:上位3選手は、チャン選手がフリーで最高の得点、159点を獲得しています。彼の得点はその得点を超えることになると思います。

クリス:帽子を抑えていて下さいよ。この得点を見た驚きは天井をも突き抜けると思いますからね。

サイモン:Oh yes. 大きく引き離しました。間違いないかって? 間違いありません。

クリス:(笑)

サイモン:日本が男子シングルで初めて金メダルを獲得しました。彼らはそのドアを叩き続けてきましたが、高橋選手以上に強くそのドアを叩く選手はいませんでした。数年前、3年前のことですが、彼は銀メダルを獲得しました。しかし、今、彼は金メダルを獲得しました。そして、何と見事に金メダルを獲得したことでしょうか。
(意訳、誤訳ご容赦ください)


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ







posted by Tabby at 19:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 高橋大輔, Daisuke TAKAHASHI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
素晴らしい・・・!!!
日本の解説者達も見習って欲しい。
Posted by RJ at 2010年04月24日 20:18
>RJさん

RJさん、こんにちは。
良い解説ですよね。
4回転の挑戦が優勝するためには必要ではなかったことを指摘し、その挑戦を讃える。
本当に選手や競技のことを考えている解説だと思いました。
コメントありがとうございました。
これからも宜しくお願いします。
Posted by Tabby at 2010年04月24日 20:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/147620786
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。