2010年04月02日

浅田真央 Mao ASADA 2010 世界選手権 SP (NBC)



Pl:2, TSS:68.08, TES:37.12, PCS:30.96, SS:7.95, TR:7.25, PE:7.95, CH:7.65, IN:7.90, Deduction:0.00, StN.:#45/55

実況:Andrea Joyce
解説:Tara Lipinski

アンドレア:次の滑走者は日本の浅田真央選手です。シーズンの序盤は苦しみましたが、真央はそれを耐え、オリンピックで銀メダルを獲得する際に、3つのトリプルアクセルを成功させると言う歴史を創りました。
すみません、タラ。彼女は2008年の世界選手権を制しました。しかし、昨年は表彰台を逃しました。

タラ:オリンピックでは大きな得点の差がありましたが、彼女はクリーンで強い演技をしました。ですから彼女は今大会でその得点差を縮めたいと思っているのではないでしょうか。

アンドレア:オリンピックではキム・ヨナ選手が23点の得点差をつけて勝利しています。
真央はヨナに対し主要な国際大会で4連敗していますので、彼女はライバル関係を続けるために何とかしなくてはいけません。

タラ:彼女はトリプルアクセルでプログラムを始めます。

アンドレア:wow

タラ:回転数が足りていたかどうか再確認する必要があるでしょう。
しかし、シーズンの初めの彼女は本当に緊張していましたし、彼女にとっては厳しいシーズンの序盤でした。しかしオリンピックに出場する際には、彼女はとても落ち着き調子を整えていました。

タラ:真央にただ一つかけているものは、彼女は美しいラインがありますし、素晴らしい姿勢を持っています。そして明らかに見事な技術も持ち合わせています。彼女にはプログラムの音楽や観客に対する個性が少し欠けているように思います。一方、氷上のヨナは全ての動きを私達に感じさせますよね。

アンドレア:2006年、このトリノのリンクで開催されたオリンピックに、真央は年齢制限のために出場することが出来ませんでした。当時、人々が彼女のことを世界最高のスケーターだと評していたことは皮肉ですよね。

タラ:彼女は本当に世界最高のスケーターだったんですよ。そして今、必要なものは彼女とヨナのライバル関係でしょう。現時点でヨナは無敵ですし、真央は追いかける立場にいます。



タラ:素晴らしいショートプログラムだったと思いますし、ロングプログラムに向けて良かったのではないかと思います。あのトリプルアクセルがダウングレードされない限りね。

アンドレア:あなたは彼女のプログラムにおいて、真央が全ての個性を見せていないとおっしゃいました。バンクーバー五輪で興味深かったことは、表彰台の彼女は銀メダルを獲得し、3つのトリプルアクセルを成功させると言う歴史を創ったにもかかわらず、腹を立てているようでしたね。彼女は激怒している様な様子を見せていました。彼女が怒っていた理由は、幾つかのジャンプで小さなミスを犯してしまったことなんです。彼女は自身に対し本当に腹を立てていたそうです。もしかしたらその様な感情を氷上で見せることで、あなたのおっしゃっていた件の助けになるのではないでしょうか。

タラ:いや、あの...

アンドレア:怒りではなく、激情ですが。

タラ:そうですね。激情ですね。

アンドレア:そして彼女の持つ決然とした態度をね。

アンドレア:彼女はこのショートプログラムを喜んでいるようですね。

タラ:当然ですね。

(浅田真央:I think it's OK.)

タラ:(笑)I think it's OK.

アンドレア:彼女は大丈夫だと思っているそうです。彼女はその結果を見ることになります。

タラ:ここでトリプルアクセルです。着氷をご覧下さい。回り切っていたと思います。
彼女は少しトウピックで着氷していますが、もしかしたら見誤っているかも知れません。審判員達は氷上の小さな(?)を再確認するかも知れません。彼らはそれが4分の1回転以下かどうかを確かめます。
これは間違いなくクリーンですね。トリプルフリップ。

アンドレア:彼女のジャンプが注目されますが、彼女は美しいスピンも持っていますよね。この柔軟性をご覧下さい。そしてスパイラルも同様です。
そして彼女はこの演技を喜んでいますね。
彼女はオリンピック以降、集中力を保ってきました。キム・ヨナ選手との差を縮める決意をし、バンクーバーとトリノの間に、たった一日のみ練習を行わなかったそうです。
浅田真央選手のショートプログラムの得点は68.08点。彼女の自己最高得点から5点下回るこの得点は、彼女を現時点で1位に着けました。
(意訳、誤訳ご容赦ください)


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ





posted by Tabby at 08:59| Comment(10) | TrackBack(1) | 浅田真央, Mao ASADA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
選曲のせいもありますが、今回のキム・ヨナ選手のプログラムは個性を最大限に引き出したものでしたね。(世界選手権は別ですが。笑)


賛否両論もある中、この選曲で軽やかに(仮面)、そして曲にも負けない迫力のある演技(鐘)は、間違いなく真央ちゃんにしか出来ないプログラムとなりましたぴかぴか(新しい)(誰も、この曲を選曲しないんじゃないかな?今後。笑)


ちょっとこの解説は残念でしたが、いろんな意見を聴けるのは大切ですからねあせあせ(飛び散る汗)(実はキム・ヨナ選手の演技も好きなんですよね………点数は別ですけど。苦笑たらーっ(汗))


ここからは全く関係ないですけど、良ければ見ていただけたら嬉しいです。


http://m.ameba.jp/m/blogArticle.do?unm=shuppansports&articleId=10492486366#main
Posted by poyo at 2010年04月02日 11:45
Tabbyさま
こんにちは、みかんです。当方のブログで、海外動画集のエントリーをあげて、こちらの記事とリンクさせて頂き、TBもつけました。よろしかったら、ご確認ください。ありがとうございます。

この解説でタラは、真央チャンの演技に唯一足りないものとして「氷上のパーソナリティー」の問題について語ってますね。最近、ファンの間では、青嶋ひろのさんがヤフースポーツのスポーツナビで真央チャンの表現力に苦言を呈したことに、大ブーイングが起きてますが、青嶋さんが言いたかったことは、このタラと同じことだと思います。

わたしは、そういうものは、氷上や日常生活で、たくさん泣いたり笑ったりして、真央チャンの演技から自然と滲み出てくるものだと思いますから、その時がやってくるのを楽しみにして待つのみだと思ってます。
Posted by みかん at 2010年04月02日 16:33
表現の仕方というのには、それぞれの個性があるはずです。
歴代の選手を見ても、キムのようなタイプもいれば浅田選手のようなタイプの選手もいましたし、
それぞれの個性として認められてきました。
別に浅田選手にだけ何かが足りないということではないはずです。
逆に言えば浅田選手にあってキムヨナにはないものだってたくさんあるのに、
それについては何故皆口をつぐむのでしょう?
とても不自然だし理不尽だと思います。
Posted by かめ at 2010年04月02日 17:30
私も仮面舞踏会のステップ大好き☆彡
何度もリピしています。
真央ちゃんの笑顔は世界中をしあわせにしましたね。キムヨナさんのこと…
解説でいちいちからめないでほしいなあ〜
それにしても、もはや真央ちゃん欠乏症になってきました。
まおまお〜♪
Posted by イリア at 2010年04月02日 21:29
>poyoさん

poyoさん、こんにちは。
そうですねえ。特に仮面舞踏会は2年間も浅田選手が滑ったので、他の選手には使いにくそうですよね(笑)
でも「ラベンダー」や「タンゴ」、「月の光」なんかは翌シーズンに色々な選手が使っていましたよね。
そう言う若い選手のプログラムで、浅田選手の影響を受けている様なところを探すのが好きだったりします(笑)

えーと、リンク先なんですが... 正しいリンクなんでしょうか?
何度アクセスしてもAmebaモバイルの宣伝ページに行っちゃうんですが。

コメントありがとうございました。
これからも宜しくお願いします。
Posted by Tabby at 2010年04月03日 02:49
>みかんさん

みかんさん、こんにちは。
リンク先、拝見させて頂きました。これだけ並ぶと壮観ですね(笑)
みかんさんはフランス語の解説とかを紹介されてるブログさんとかはご存じないですか?
一度キャンデロロさんがどんな解説をしているのか見てみたいんです。
青嶋ひろのさんの記事に関しては... うーん、そんなに酷いこと言ってますかね?
確かに時々「おや?」って思うところもありますが、彼女もタラさんと同じ様なことが言いたかっただけなんじゃないかと思いました。
でも今シーズン、ロシア杯の後に浅田選手が「まずはジャンプを決めないと話にならないので」みたいなことを言っていたと思うんですが、その後の浅田選手は競技会で勝負をするためにジャンプに集中していたように思います。
その上で、オリンピックの「仮面舞踏会」も「鐘」もしっかり表現したと思うんですが、人間って一度特定の印象を持ってしまうと、なかなかそこから離れられなくなってしまうものなんじゃないかと思うんです。
来シーズン、プログラムが変われば印象もまたガラリと変わるんじゃないでしょうか。
新しいプログラムが楽しみですね。
コメントありがとうございました。
これからも宜しくお願いします。
Posted by Tabby at 2010年04月03日 02:59
>かめさん

かめさん、こんにちは。
そうですよね。僕もかめさんのご意見に同意します。
以下は僕の個人的な意見なんで軽く読み流して欲しいのですが、浅田選手とキム選手の不幸は、同じ時代に活躍していると言うことだと思うんです。
日本にしてもアメリカにしてもテレビ局って視聴率を念頭において番組作りをしていると思いますし、そう言う環境に同じ19歳の才能ある選手が二人いるって言うのは、番組を盛り上げる上で「おいしい」材料なんだと思うんです。そのために不必要なくらいにまでお互いに比較対象にされてしまっているのではないでしょうか。マイズナー選手が調子を落とさずに今でも活躍されていれば、日米韓と三つどもえの様相になっていたと思います。(そこでロシェット選手だったんだと思うんですが、今度はレピスト選手、ミライ選手で日米欧にしようとしているのかな... と邪推してみたり(笑)
そんな中、(経緯は色々ありましたが...)浅田選手の調子が悪くなるに連れキム選手の独走状態になり、テレビ局もそこを強調する様な番組作りにならざるを得なかったのではないかと思うんです。
ここは本当に個人的な意見なんですが、北米の(特にアメリカの)、そして韓国の文化で必要とされるものは、常にヒーローとヒロインだと思うんです。そこでキム選手に白羽の矢が...って言うのが、キム選手賛美の原因の一つだと僕は考えています。
もちろんキム選手のスケートが素晴らしいものであると言う前提があるから、そう言うことが出来る訳ですが、スケートのスピード、ジャンプの流れだけでなく、スピンの軸、スパイラルのポジション、ステップの難度に関してもしっかりと解説をされて欲しいなあと思うんです。そう言うところがしっかり解説されていなければ、やはりかめさんのおっしゃる様にファンは「不自然」だと思ってしまいますよね。(昔はディック爺やBritish Eurosportは結構そう言うところも指摘していたんですよ)
オリンピックも終わり、来年は色々と一新されるシーズンになると思います。来年の解説、ISUの方針に期待しましょう。
コメントありがとうございました。
これからも宜しくお願いします。
Posted by Tabby at 2010年04月03日 03:36
>イリアさん

イリアさん、こんにちは。
僕もかめん舞踏会のステップ、新旧共に大好きです。
オリンピックのステップでのあの笑顔、素敵でしたよね。

>真央ちゃん欠乏症になってきました。
もうすぐアイスショーが始まりますよ。

4月3日 名古屋フィギュアスケートフェスティバル
4月4、5日 ダイヤモンド・アイス
4月9−11日 スターズ・オン・アイス
4月17.18日 スターズ・オン・アイス

浅田選手、毎年こんなに参加してましたっけ??

コメントありがとうございました。
これからも宜しくお願いします。
Posted by Tabby at 2010年04月03日 03:49
Tabbyさま
こんにちは、みかんです。フランス語の解説とのことですが、ロシア語自習室さんはよくおじゃまするのですが、フランス語は思いもつきませんでした。見つけたらお知らせしますね。
にこにこ動画でこんなのみつけました。ご存知かもしれませんが、アドレスあげときますね。
バンクーバー OP 女子 SP 浅田真央 (フランスお茶の間 Ver)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm10235579
バンクーバー OP 女子 SP 後、お茶の間の皆さんの総括
http://www.nicovideo.jp/watch/sm10234758
バンクーバー OP 女子 SP キム・ヨナ(フランスお茶の間解説 Ver)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm10236309
Posted by みかん at 2010年04月03日 15:08
>みかんさん

みかんさん、こんにちは。
リンク、ありがとうございました。
早速拝見させて頂きました。
コメントが多過ぎて訳文が消えちゃってました(涙)
どこかに訳文が残ってないかどうか、今度探してみたいと思います。
やっぱり英語だけじゃなくて、フランス語も訳せるようになりたいなあと思ってしまいました。(笑)
リンク、コメントありがとうございました。
これからも宜しくお願いします。
Posted by Tabby at 2010年04月06日 04:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ワールド 海外メディアの動画集
Excerpt: ワールドを終えて、録画したひいきの選手の演技を何度も繰り返して観ているファンが多いのではないでしょうか?水曜日は両親がデイケアだったので、私も、ようやく、大画面で録画した選手達の演技を見る事ができまし..
Weblog: ラブリー脳でハッピーライフ
Tracked: 2010-04-02 16:18
ブログパーツ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。