2010年03月18日

長洲未来 Mirai NAGASU 2010 バンクーバー五輪 SP (NBC)

ニコニコ動画

0:00 ~ 3:49

Pl:6, TSS:63.76, TES:37.00, PCS:26.76, SS:6.85, TR:6.40, PE:6.75, CH:6.70, IN:6.75, Deduction:0.00, StN.:#11/30

実況:Tom Hammond
解説:Scott Hamilton, Sandra Bezic

(トム:71歳のコーチ、フランク・キャロルさんは金メダリスト、エヴァン・ライサチェック選手を指導しました。彼が16歳のミライ・ナガス選手に指示を与えます。女子シングルショートプログラムを前にして、彼女はウォームアップを行っているところです。彼女は全米選手権銀メダリストです。そしてカリフォルニア州の(?)で日本料理店を営んでいる彼女の両親、イクコさんとキヨトさんは当初、バンクーバーまで彼女の演技を見に来る予定ではなかったのですが、パナソニックがスポンサーとなり両親の渡航費用を賄いました。ご両親です。キヨトさん、イクコ・ナガスさんです。ミライは最近、彼女の母親が甲状腺癌を患っていることを知らされました。彼女は2度の手術を受け、バンクーバー五輪後に放射線治療を受ける予定だそうです。見通しは良好だそうです。ミライは彼女の母親のことを「スーパー・ママ」と呼んでいるそうです。レストランを経営し、ミライがスケートをする手助けをしてきました。両親がレストランで働いている間に、彼女はしばしば倉庫で寝てしまったそうです。彼らは午後11時に帰宅し、午前5時に起床します。そして彼女の母親はミライを練習場に送り届け、その後には学校に送ります。その後、ミライの学校が終わるまで母親はレストランに働きに戻ります。その後はミライをバレエ学校に送り、レストランに戻ります。ミライは彼女の母親は(?)で、そのために彼女はレッスンを受けることが出来ると話します。癌との戦いが彼女の勢いを衰えさせることは全くありませんでした。
全米選手権での論争を覚えていらっしゃるでしょうか。彼女は回転不足のために幾つかのジャンプでダウングレードされました。彼女はその練習をして来たそうです。ジャンプを高く跳び、回転不足を防ぐ考えです。しかしフランク・キャロルさんはオリンピックでは虫眼鏡で(回転不足かどうかを)確認されることになるだろうと話しています。
彼女のオリンピック・デビューです。16歳、アメリカ代表、ミライ・ナガス選手です。)

スコット:彼女は練習では可愛らしさを見せていましたが、同時に意欲も見せていました。どの練習でも手を抜きません。彼女は難しい技に挑戦する予定ですが、3回転+3回転と言う、より高難度の技に挑戦することをフランク・キャロルさんと話し合っていました。ここです。最初のジャンプはトリプルルッツ、そしてトリプルトウループを跳びます。トリプルルッツ、そしてダブルトウループです。トリプルルッツの後にトリプルトウループを跳ぶためのスピードがありませんでしたね。


サンドラ:ミライのスケートの全ては純粋です。そしておそらく彼女のスピンは今大会最高のものでしょう。

スコット:特にこのスピンです。柔軟性、スピードがあります。



サンドラ:ah

スコット:Oh yeah!

サンドラ、トム:(笑)

スコット:Ooh yeah!

トム:笑顔が見えます。分かっていますね。

サンドラ:スピンが速過ぎたために、鼻血が出てしまったのかも知れませんね。

スコット:Wow

サンドラ:Wow 非常に見事な演技でした。彼女は3回転+3回転のコンビネーションを跳びたかったのでしょうが、2回転にしたのは賢い決断だったと思います。充分なスピードがありませんでした。

スコット:全ての着氷で見事なコントロールを見せました。

トム:そして彼女の母親は彼女を少し心配そうに見つめていました。おそらく鼻血を見たためでしょう。しかし、彼女のオリンピック・デビューを嬉しく思っていることでしょう。ミライ・ナガス選手、アメリカの16歳の演技でした。

スコット:彼女は鼻血が出ていることに気付いていないんじゃないでしょうか。

サンドラ:(笑)それはまあね。

トム:採点結果のために、彼女はキス&クライにいなくてはいけません。優勝候補のキム・ヨナ選手が先ほどアリーナに到着しました。



トム:パシフィック・コロシアムからお伝えしています。ミライ・ナガス選手です。スピンを速く回り過ぎ、鼻血を出しています。

スコット:(笑)

サンドラ:oh...

トム:彼女のコーチ、フランク・キャロルさんがキス&クライで少し(?)をしていました。

スコット:トリプルルッツからトリプルトウループのオープニング・コンビネーションです。彼女はダウングレードされてきました。つまり以前は回転し切っていなかったと言うことです。1、2、3。後方に着氷しているように見えます。ご覧頂けるように彼女のトウが氷を掴み、スピードを殺してしまいました。そのスピードのために、その後にトリプルトウループにつなげることが出来ませんでした。間違いなく彼女は自身に対して怒っていることでしょうね。しかし、彼女はこれ(スピン)を実に美しく行います。

サンドラ:ミライの何が特別かと言うと、彼女のプログラムの全ての細部が美しいと言うことでしょう。もし彼女が一つ一つの姿勢をとることが出来なければ、ゴージャスにはなり得ないからです。

トム:得点です。59点で首位に立ちます。63点。今季最高得点を獲得し、現時点で首位に立ちました。ミライ・ナガス選手が彼女にとって初めてのオリンピックの演技で、今季最高得点を獲得し現時点で首位に着けました。
(意訳、誤訳ご容赦ください)


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ


posted by Tabby at 02:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 長洲未来, Mirai NAGASU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いよいよ世界選手権ですねわーい(嬉しい顔)


全員の完璧な演技が見たいハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)
Posted by poyo at 2010年03月24日 10:42
>poyoさん

お返事が遅くなってしまい本当にすみません。
高橋選手、やりましたね!
浅田選手も素晴らしいSP!
poyoさんのおっしゃるように、フリーでも「完璧な」演技が見たいです!
頑張って応援しましょう!
コメントありがとうございました。
これからも宜しくお願いします。
Posted by Tabby at 2010年03月27日 10:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。