2009年03月31日

浅田真央 Mao Asada 2009 世界選手権 FS (NBC)



FPl:4, Points:188.09

Pl:4, TSS:122.03, TES:60.15, PCS:62.88, SS:8.10, TR:7.55, PE:7.90, CH:7.80, IN:7.95, Deduction:1.00

実況:Tom Hammond
解説:Scott Hamilton, Sandra Bezic

トム:彼女は二つのトリプルアクセルを予定しています。彼女は一つのプログラムで二つのトリプルアクセルを成功させた初めての女子選手です。最初のトリプルアクセルが重要になります。

スコット:彼女のスケートにはスピード、美しい姿勢と体のラインがあります。このプログラムの最初のジャンプはトリプルアクセルです。審判員達の真ん前で跳びます。
簡単にやってのけました!(?)

サンドラ:見事なコンビネーションです。Oh My Goodness.

スコット:Wow

トム:彼女はチャンスをつなぎ止めるためにも、あのジャンプをきめる必要がありました。そしてそれを成功させました。

スコット:再び同じジャンプです。一つ跳びました。トリプルアクセルを(?)、もう一つ跳んではいけない理はありません。二つ目のトリプルアクセルです。

スコット、サンドラ:Oh!

スコット:彼女は少し回転が足りない状態で着氷してしまいました。おそらく彼女はトリプルアクセルの基礎点を得ることは出来ずに、ダブルアクセルにダウングレードされてしまうでしょう。残酷な採点システムです。

トム:そして転倒による一点の減点もあります。

スコット:トリプルルッツ無しに、キム・ヨナ選手につけられた10点差をつめるためには、全ての得点を獲得する必要があります。
トリプルフリップ+ダブルループ+ダブルループ。

スコット:ここで美しいスパイラル・シークエンスです。
そして直ぐさまゴージャスなトリプルループに入ります。

サンドラ:もう一つコンビネーションをきめました。転倒からの、厳しいトリプルアクセルの転倒からの素晴らしい立ち直りです。
「仮面舞踏会」を滑ります。このプログラムは著しく、彼女のジャンプのための構成になっています。
彼女はスケートを滑ることが好きだと言います。
出来るなら一日に6時間は練習しているそうです。

サンドラ:魔法の様な演技です。彼女は全ての体力を節約していました。

スコット:歴史の中でも素晴らしい時代の一つです。女子シングルには、このレベルで競う多くの強豪選手がいます。

トム:そして疑いなくアジアで、明らかに日本と韓国で隆盛していますね。

スコット:彼女は獲得出来る全ての得点を獲得する必要がありました。冒頭のトリプルアクセルは見事でした。二つ目のトリプルアクセルの転倒は致命的でした。何故なら、彼女は回転し切ったとは思えないからです。おそらく2回転にダウングレードされるでしょう。そして彼女は彼女に出来る全てのものを必要としましたが、依然としてキム・ヨナ選手次第です。

サンドラ:キム・ヨナ選手次第ですね。依然としてキム・ヨナ選手次第です。彼女はリードしていますが、多くの失敗は許されません。このような演技では無理でしょう。

トム:ディフェンディング・チャンピオン、浅田真央選手でした。



トム:ディフェンディング・チャンピオン、浅田真央選手が彼女の得点を待っています。
フリースケートの得点は122.03点。彼女は淡々とこの得点を受け止めます。転倒による1点の減点があります。

スコット:二つ目のトリプルアクセルはダウングレードされ、2回転と判定されました。彼女は回転し切ることが出来ませんでした。とても痛いですね。

サンドラ:この得点が妥当な得点だと言うことが、彼女の表情から読み取ることが出来ます。
(意訳、誤訳ご容赦ください)


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ

posted by Tabby at 04:22| Comment(8) | TrackBack(0) | 浅田真央, Mao ASADA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

浅田真央 Mao Asada 2009 世界選手権 SP (CBC)



Pl:3, TSS:66.06, TES:35.90, PCS:30.16, SS:7.75, TR:7.15, PE:7.60, CH:7.65, IN:7.55, Deduction:0.00

実況: Scott Russell
解説: Kurt Browning, Tracy Wilson

カート:...ルッツジャンプでは時々エッジの向きが変わってしまいます。彼女はそれに苦しんでいます。しかし、トリプルルッツが、このプログラムには予定されています。

トレイシー:「月の光」を滑ります。非常に美しい衣装ですね. 彼女は3回転+3回転でプログラムの幕を開ける予定です。トリプルフリップ+トリプルループ。
とても良いですね。
今シーズン初めてクリーンに、この要素を成功させることが出来ました。

カート:ダウングレード無しにね。

カート:トリプルルッツでトラブルがありました。離氷の際に問題があったようで、2回転になってしまいました。これは痛い失敗になるかもしれません。

トレイシー:スプレッド・イーグルからのダブルアクセルです。美しくきめましたが、ジャンプに入る際、そしてジャンプから出る際に、それほどの流れがなかった様に思います。彼女の本来の実力と比べてなんですが。
素晴らしく流れる様な体、そして特徴的な美しく良く弾む膝。

スコット:彼女はステイプルス・センターの観客を立たせました。3度の全日本選手権チャンピオン、世界選手権チャンピオン、浅田真央選手でした。ショートプログラムは(?)。

スコット:ジョアニー・ロシェット選手がショートプログラムで67.9点を獲得し、首位に立っています。そして浅田真央選手は66.06点を獲得しました。

トレイシー:彼女は3回転+3回転の得点を獲得し、ウロングエッジと判定されたダブルルッツで5点失いました。それにもかかわらず、65点は良い得点です。
(意訳、誤訳ご容赦ください)


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ

posted by Tabby at 04:08| Comment(8) | TrackBack(0) | 浅田真央, Mao ASADA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キム・ヨナ Yu-Na Kim 2009 世界選手権 FS (NBC)



FPl:1, Points: 207.71

Pl:1, TSS:131.59, TES:63.19, PCS:68.40, SS:8.50, TR:8.25, PE:8.70, CH:8.60, IN:8.70, Deduction:0.00

実況:Tom Hammond
解説:Scott Hamilton, Sandra Bezic

サンドラ:ユナ選手は魔法を使うことが出来ます。コーチのブライアン・オーサーさんです。2度のオリンピックチャンピオン、amm, オリンピック銀メダリストです。

トム:彼はとても(?)。世界選手権では酸いも甘いも味わい、「ブライアンの戦い」では2位に終わりました。オリンピックでの1位はスコットさんと、ブライアン・ボイタノさんでした。彼はリンクの上では、自分以外には誰も何を経験するのかは分からないと言いました。

スコット:彼女は本当に特別ですね。彼女は一級の演技をすることが出来ます(?)。冒頭からとてもスピードが出ています。トリプルフリップ+...
トリプルトウループ。美しい!

サンドラ:このプログラムは「シェヘラザード」と美しく紡ぎ合わされています。

スコット:技術的にとても強いですね。
トリプルルッツ+ダブルトウループ+ダブルループ。疑問の余地もありませんね。芸術的にも実に強いです。とても稀ですね。

サンドラ:Oh...

スコット:(笑)

スコット:(笑)

サンドラ:彼女はやるべきこと以上の演技をしていますね。

トム:安全策をとっていないのは確かですね。

スコット:あのトリプルルッツはこのロングプログラムの最後のハードルでした。

サンドラ:Oh...

スコット:Amm... このプログラムで最も簡単な3回転だったんですが、集中力を欠いてしまったようです。

サンドラ:最後のジャンプです。

スコット:Yeah(笑)

サンドラ:スケートファン達は演技によって吹き飛ばされたいんです。ただ得点を数えたいのではありません。それがまさにヨナ選手が成し遂げたことです。

トム:未だかつて韓国の選手が世界選手権のタイトルを手にしたことはありません。

サンドラ:この様な演技をするには、それをしなくても良いと言うことを知り、信じられないなリードを持っていると言うこと知っていなくては出来ないことなんですが、それでも観客に素晴らしい演技を見せることが出来ました。

トム:それがチャンピオンと言うものですよね。

トム:韓国のキム・ヨナ選手でした。彼女の得点はCMの後で。



トム:キム・ヨナ選手と彼女のコーチ、ブライアン・オーサーさんです。トロントでキム・ヨナ選手の指導をするブライアンさんにとって何と言う日でしょうか。殿堂入りを果たし、そして彼の教え子であるキム・ヨナ選手は、世界選手権優勝に向かっています。そして、もちろんブライアンさんは彼女に多くのこと、スケートだけでなく、人生について、彼女がどう自身をコントロールするかについて教えました。

スコット:Wow

トム:今、彼の夢が彼女に受け継がれました。世界チャンピオンのコーチを持つ世界チャンピオンです。131.59点。(笑)彼女はこの得点を理解しようと一生懸命です。

スコット:(笑)

トム:207.71点

トム:Oh

サンドラ:信じられません!

トム:200点を超えた初めての女子選手です。初の快挙です。

サンドラ:ただ200点を超えた訳ではありません!

スコット:Yeah! (?)

サンドラ:(?)

トム:(?)7点以上超えました。

サンドラ:彼女は魔法のようです。

スコット:私はこの瞬間を目撃し、とても興奮しています。実に歴史的な瞬間です。彼女は本当に何か特別な存在です。Wow
(意訳、誤訳ご容赦ください)


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ

2009年03月30日

キム・ヨナ Yu-Na Kim 2009 世界選手権 Interview after SP (NBC)



(SP後のインタビュー)

実況:Tom Hammond
解説:Scott Hamilton, Sandra Bezic

インタビュアー:私達は彼女の興奮をキス&クライで見ることが出来ましたが、ヨナ選手、あの素晴らしく見事なショートプログラムに対するあなたの感想をお聞かせください。

キム・ヨナ:練習はとても順調でしたし、クリーンなショートプログラムとロングプログラムを何度も考えていました。

インタビュアー:クリーンな演技だったと言うことも一つですが、あの演技はそれ以上のものでしたよね。

キム・ヨナ:私は「今、私は練習しているんだ」と思うようにしていました。そしてその通りに出来たのですが、76・幾つかの点数が出るとは思ってもいませんでした。

インタビュアー:やりましたね。あなたは過去2度の世界選手権で銅メダルを獲得しましたが、今回の演技を終えて、あなたは無敵(Unbeatable)だと思いますか?

キム・ヨナ:ショートプログラムはショートプログラムですので、明日のロングプログラムに集中したいと思います。

インタビュアー:見事な演技をし、金メダルを獲得する可能性についてどう思われますか?

キム・ヨナ:今は、ロングプログラムにリラックスして臨める様に思います。ですから練習通りの演技をしたいと思います。

インタビュアー:明日の幸運を祈っています。



トム:...「金メダルを獲得する可能性についてどう思われますか?」と聞いていましたが(?)

スコット:(?)その質問で何が変わるという訳でもないんですがね。

サンドラ:その通りです。しかし、彼女は正しいですよ。ショートプログラムは...

スコット、サンドラ:ショートプログラムなんです。彼女のポジションについて、彼女は嬉しく思っているようですが、今は...

スコット:10点差をつけているんですよ。彼女はプログラムの最後の部分を省いても良いんじゃないですか? ロングプログラム自体を滑らなくても良いかもしれません。(笑)

サンドラ:Oh, no. 忘れないで下さい。真央選手はトリプルアクセルを持っているんですよ。

スコット:そうですね。彼女は技術的にこの点差を詰めることが出来ると思いますが、ヨナ選手は他のレベルにいますね。彼女達はとても似ているし、才能と才能が拮抗していると思いますが、このショートプログラムを終えて、この類似性は... 10点差は大きいですよ。

サンドラ:彼女は完成されたスケーターです。彼女は全てを持っています。彼女にはジャンプがあり、芸術性があり、情熱的です。彼女は素晴らしい大使ですね。

スコット:彼女には何が足りないんですか?

トム、サンドラ:(笑)

スコット:トリプルアクセルですね。(笑)

サンドラ:(笑)

トム:世界選手権やオリンピックでご覧になられた最高の演技と比べて、今回の演技はどうでしたか?

サンドラ:今まで見た中で最高の演技の一つだと思います。

スコット:特にこの採点システムで行われた演技として、驚くべきほどの演技だったと思います。世界記録ですよ。しかし、そこにはごまかしの様なものはありませんでしたし、あなたがおっしゃったような...

サンドラ:彼女はこのプログラムでこれ以上何が出来るでしょうか。

スコット:そうですね。振り付けや表現など、フットワーク・シークエンスは素晴らしいものでした。全てが無形のもので、(?)、あれらのジャンプなど、技術的に完璧でした。しかしそれ以外のことなんですよ。

サンドラ:これなんです。彼女の表情、情熱なんです。

トム:そうですか。フリースケートで同様の演技をすることは難しいかもしれませんが、フリースケートに向けて、彼女には大きな得点差があります。今日の演技は素晴らしいものでしたし、長い間語り継がれることになるだろうと思います。
(意訳、誤訳ご容赦ください)


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ

キム・ヨナ Yu-Na Kim 2009 世界選手権 SP (CBC)



Pl:1, TSS: 76.12, TES:43.40, PCS:32.72, SS:8.45, TR:7.75, PE:8.50, CH:8.05, IN:8.15, Deduction:0.00

実況: Scott Russell
解説: Kurt Browning, Tracy Wilson
インタビュー:Brenda Irving

スコット:彼女は何処ででも信じられないほどの歓迎を受けます。18歳、韓国のキム・ヨナ選手です。(?)彼女の国のスポーツ界で最も人気のある選手です。2度のオリンピックで銀メダルに輝き、1987年度の世界選手権で優勝したブライアンオーサーさんが、彼女のコーチを務めています。韓国で開催されたグランプリファイナルでは2位、バンクーバーで開催された四大陸選手権では優勝しました。

カート:振り付けの非常に美しい細部を、そして彼女のジャンプの流れをご覧下さい。トリプルフリップ+トリプルトウループです。

トレイシー:彼女は男子選手の様にジャンプを跳びます。

カート:もしかしたらそれ以上です。(笑)

トレイシー:ヨナ選手にとって鍵になるジャンプ、トリプルルッツです。

トレイシー:細部まで考えられた振り付けは、デヴィッド・ウィルソンさんに因るものです。

カート:ブライアン・オーサーさんに因る細部まで考えられた振り付けが、只今リンクの端で披露されています。彼はとてもエキサイトしながら、演技の間中、彼女と一緒にスケートをし、トロントでの練習の様に彼女にやる気を与えています。

トレイシー:最後のジャンプ、ダブルアクセルです。

カート:非常に美しいですね。

スコット:この韓国のスーパースターがまだ成し遂げていないことを予感させる頂点を見せました。
キム選手はロサンゼルスの観客を総立ちにさせています。
彼女はフィギュアスケート界に旋風を巻き起こしています。彼女のコーチ、ブライアン・オーサーさんです。なんと言う関係を築き上げたのでしょうか。

トレイシー:キム・ヨナ選手による、なんと言う素晴らしい演技でしょうか。音楽の最初のビートが鳴るやいなや、彼女はプログラムに入りこんでいましたね。このトリプルフリップの高さと軌道をご覧下さい。そして着氷のスピード、高さと(先のジャンプと)同様のスピードが二つ目のジャンプに見られます。力強いオープニングでした。

カート:全てのことで素晴らしいかったのは、私は本当にそう思うのですが(?)、ストレートライン・ステップシークエンスで完璧にビートを刻み、上半身が動き、膝が動き、彼女は流れる様に演技します。そして突然凍り付いたかの様に止まるんです。何かをし音色を刻んだかと思うと止まり、また音色を刻むんです。振り付けの持つ、少しばかり落ち着いた感じを上手く見せています。最後のポーズなど、全てのものがまとまると素晴らしいですね。
ブライアンはstewtが好きみたいですね。

トレイシー:(笑)

スコット:ジャンプし、唸り、ボードを叩き、彼は彼女と一心同体になっています。

トレイシー:彼は練習でもああなんですよ。

カート:彼女は何か特別なものを見ている様な気にさせる能力を持っていますね。ただのスケートではなく、スポーツより何か大きなもの、そこに含まれている音楽的な、運動競技的な、そして芸術的なものを見せていますね。

トレイシー:彼女には大きなプレッシャーがかかっていましたし、大きな注目を集めていました。韓国のナンバー1スポーツ選手なんです。彼らは世界中、彼女の行く先々について行きます。

スコット:Wow, 76.12点。ショートプログラムの歴代最高得点は、彼女が四大陸選手権で獲得した72.24点でしたが、それを遥かに超えました。

カート:新しい基準ですね。

スコット:韓国のキム・ヨナ選手による最高の演技でした。

スコット:ここロサンゼルスで、日本と韓国はワールド・ベースボール・クラシックで戦いましたが、今大会にも共通点があります。韓国のキム・ヨナ選手が飛び抜けています。ショートプログラムで76.12点を獲得し首位に立ち、カナダのジョアニー・ロシェット選手が2位、日本の浅田真央選手が3位に着けています。ブレンダ・アーヴィングさんが、キム・ヨナ選手とブライアン・オーサーさんのもとにいます。



ブレンダ:キム・ヨナ選手が、完全に健康な状態で出場した初めての世界選手権になります。ヨナ選手、今夜ショートプログラムを滑るにあたり、それはあなたの自信にどう役立ちましたか?

キム・ヨナ:過去2年間、怪我のために、私は自身に勝つことが出来ませんでした。しかし今、私は健康ですし、四大陸選手権ではとても良い演技をすることが出来たので、その感覚を世界選手権まで持続させる様にしたかったんです。そして私はとても良いショートプログラムを滑ることが出来ました。明日は更に良い演技をしたいと思っています。

ブレンダ:ブライアンさん、明日についてなんですが、ヨナ選手はフリープログラムに大きなリードを持って挑みます。誰か彼女に追いつくことが出来ると思いますか?

ブライアン・オーサー:私達は、いつもの練習通りにフリープログラムに臨まなくてはいけないと考えています。ショートプログラムが終わり、良い得点差を獲得出来ました。目標は強いフリープログラムを滑ることです。彼女はそれに向けて練習をしてきましたし、健康状態は良好でしたし、私達は一生懸命練習してきました。本当に確実なロングプログラムを遂行することがゴールだと考えています。

ブレンダ:どのように来る24時間を過ごされますか?

ブライアン・オーサー:(笑)私達は前に進まなくてはいけません。ロングプログラムについて考えますよ。

ブレンダ:ありがとうございました。フリースケートでの幸運を祈っています。

キム・ヨナ:ありがとうございます。



スコット:お二人にとって何が印象に残りましたか?

カート:Wow, (?) Wow. 彼女は新しい基準を設けたと思います。6.0が出た時の様でした。本当にその様でしたね。

トレイシー:(?)、彼女は素晴らしいものを思い出させますね。カタリーナ・ビットさんだとか。キム・ヨナ選手の様な選手の出現により、大会で見られる全てのクオリティが開拓されて行きます。

スコット:Alright, yeah...

トレイシー:私達はまだ「Wow」と言った感じなんですよ。

カート:Yeah

スコット:(笑)
(意訳、誤訳ご容赦ください)


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。