2009年02月28日

佐藤有香 Yuka Sato 1994 世界選手権 FP



Technical Merit
FIN:5.8, BUL:5.7, FRA:5.7, CAN:5.7, BEL:5.7, HUN:5.8, GER:5.8, CHN:5.8, POL:5.7

Artistic Impression
FIN:5.9, BUL:5.8, FRA:5.8, CAN:5.8, BEL:5.8, HUN:5.9, GER:5.8, CHN:5.8, POL:5.7

実況: ?
解説: Kurt Browning

?:さあ、佐藤有香選手の登場です。21歳、東京出身です。第74回女子シングル世界選手権です。日本選手では唯一の金メダルを、伊藤みどり選手が5年前に獲得しています。佐藤選手はこのフリープログラムで頂点を狙います(?)。テクニカル・プログラムを終えて1位、彼女は日本のテレビ局で解説者を勤める伊藤みどりさんに因って解説されます。
彼女は素晴らしいフリープログラムをオリンピックで見せました。このフリープログラムででスルヤ・ボナリー選手を破ることが出来れば、優勝の可能性があります。

カート:有香選手は私のお気に入りのスケーターの一人です。ボナリー選手が見せた様なコンビネーションジャンプを、彼女は跳ぶことは出来ません。ですから、彼女は全ての予定されているジャンプを成功させる必要があります。トリプルルッツでプログラムの幕を開けます。

カート:トリプルフリップで素晴らしいファイトを見せました。これら二つのジャンプは最も難しい3回転ジャンプです。

カート:彼女はここで堪えなくてはいけません。リンクの外の観客から多くの歓声を受ける中で、集中力を保つことは難しいでしょう。

カート:観客を味方に付けていますね。それはボナリー選手を超える要素の一つになるかもしれません。芸術点に影響を与えるかもしれませんね。

?:8人のジャッジが同点の評価をつけ(?)、芸術点が勝負の鍵になりそうです。

カート:どれだけのスピードが出るかをご覧ください。お聞きになられる様に(?)、このフットワークでも、依然として彼女にはスピードがあります。他の選手のスピードは落ちてしまいますが、有香選手はスピードを上げていきます。

?:幕張イベントセンターでは、観客は立ち上がり、地元の人気選手、佐藤有香さんに声援を送ります。
非の打ち所の無い、速く、そして日本人にとって素晴らしい演技でした。
そして日本の佐藤選手か、フランスのボナリー選手か、金メダルの行方は審判員達に委ねられます。
ジェニー・メノー選手と、ミッシェル・クワン選手です。
そしてボナリー選手が、彼女にとって初めての金メダルに期待します。
堂々とした滑りを見せましたが、プログラムの盛り上がりでは、先ほど、地元の観客のために滑った選手(佐藤有香選手)が勝っていた様に思います。

カート:彼女は彼女の人生で最も素晴らしい演技をしたと思います。私は有香選手のことを長年知っていますが、この様な演技は未だかつて見たことがありません。最もふさわしい時に、彼女の演技が出来たと思います。

?:最後に世界選手権で優勝を果たした伊藤みどりさんです。それは73回の世界選手権の歴史の中で初めてのことでした。そして佐藤選手がそこに加わるかもしれません。
最初の得点はもちろん技術点です。ボナリー選手が優勢でしょう。佐藤選手はとても見事に滑り切ったと思います。フィンランドのジャッジ以外はボナリー選手に軍配を上げました。9つのうち、8つの技術点でボナリー選手が勝っています。

カート:しかし、たった0.1点差です。それぞれのジャッジは...
これは接戦になりますね。

?:芸術点です。

カート:そして、この得点は技術点と正反対になります。フランスのジャッジ以外、9人のうち8人が(ボナリー選手より)優れた得点をつけました。

?:得点順位のシステムにより...

カート:やりました。彼女が優勝です!

?:5対4で佐藤有香さんが新世界チャンピオンになりました! そして伊藤さんは、彼女の感情を堪えるのに一生懸命のようです。新しい女子シングルの世界チャンピオンは、まだ彼女の公式な勝利に気付いていないようです。実に接戦でしたね。
今、気がついたようです。
そして彼女には誰も結果を告げませんが、彼女も結果に気付いているでしょう。
そして日本の幸福感は絶頂に達しています(?)。



インタビュアー:オリンピックではメダルを獲得することが出来ず、とてもがっかりされたと思います。しかし、今夜は如何ですか?

佐藤有香:とても幸せです。一つとても良く出来たと思うことは、観客と一緒に楽しむことが出来たと言うことです。出来るかどうかは分かりませんでしたが、やり遂げることが出来ました。とても誇りに思います。

インタビュアー:今日、伊藤みどりさんとお話しされましたか?

佐藤有香:はい。今朝お話ししました。

インタビュアー:彼女は何とおっしゃいましたか?

佐藤有香:彼女はただ楽しむように、自身に集中する様におっしゃいました。そして、そうすることが出来たと思います。

インタビュアー:アマチュアとして今後も滑られる予定ですか?

佐藤有香:まだ分かりません。これから考えます。

インタビュアー:地元で優勝できたことは、あなたにとってどの様な意味がありますか?

佐藤有香:今夜の成し遂げたことがまだ信じられません。後で実感が湧くのではないかと思います。

インタビュアー:おめでとうございます。

佐藤有香:ありがとうございます。



?:これが、この後すぐ表彰台でご覧になる顔ぶれです。佐藤選手が金メダル、ボナリー選手が銀メダル、マリーナ・キールマン選手の上位に着け、シェフチェンコ選手が銅メダル、シュイナー選手が5位、クワン選手が8位に着け、彼女の仕事をやり遂げました。これで、二人のアメリカ人選手が来年、イングランドで行われる世界選手権に出場することになります。
元世界選手権チャンピオン、伊藤さんと同様、おそらく多くの日本人が同じことをしているでしょう。
私達と同様、いったん控え室に戻って、新世界チャンピオンが表彰式に戻ってきます。
(意訳、誤訳ご容赦ください)


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ


追記
posted by Tabby at 01:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 佐藤有香, Yuka SATO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月27日

佐藤有香 Yuka Sato 1994 世界選手権 TP



Required Elements
FIN:5.7, BUL:5.8, FRA:5.7, CAN:5.7, BEL:5.8, HUN:5.7, GER:5.7, CHN:5.7, POL:5.6

Presentation
FIN:5.8, BUL:5.8, FRA:5.7, CAN:5.8, BEL:5.8, HUN:5.9, GER:5.8, CHN:5.8, POL:5.7

実況: ?
解説: Kurt Browning

?:...日本の佐藤有香選手です。日本の第一人者として、伝説的な選手、伊藤みどりさんの後継者です。彼女は21歳、初めての国際大会は4年前の世界ジュニア選手権で、彼女はその大会で優勝を果たしました。氷上に問題があるようです。前回の演技の後に投げ込まれた花束が残っていたようです。

カート:競技を始める前に、何かを拾うことは珍しいことではありませんが、時として、そう言ったことは選手の集中力を乱してしまいます。

?:彼女はコーチの元にいったん戻ります。

カート:これは彼女の競技者としての成熟度の証拠ですね。とても感心しました。自身に必要な時間を取ります。彼女からそれが伺えますよね。彼女は集中力を取り戻す様に努めています。それほど多くの選手が、集中力を取り戻すためにコーチのもとに戻ることが出来ません。とても良いですね。

?:佐藤選手の成熟度が伺えます。オリンピックでは素晴らしいフリープログラムを見せ、総合得点で5位に終わりました。ローリー・ハーマー(振付師?)でしたね。
彼女は、現在は解説者をしておられる伊藤みどりさんの熱い視線を受けます。

カート:(笑)

カート:プログラムの冒頭で、このコンビネーションジャンプを排除します。このプログラムで最も最初の要素です。

?:有香選手はテクニカル・プログラムによってオリンピックでのメダルを逃してしまいました。ローリー・ハーマー(振付師?)のテクニカル・プログラムを終えて7位に着け、フリースケートでは素晴らしい強さを見せ、総合得点で5位に終わりました。

カート:有香選手はスパイラル・シークエンスに向かって速度を上げて行きます。(スパイラル・シークエンスは)8つの必要要素のうちの一つです。この後、このグループの他の選手達と彼女の違いをご覧頂けると思います。まるで飛んでいるかの様にフットワーク・シークエンスを滑ります。

カート:彼女は世界で最も滑らかなフットワークを滑る選手として語られます。

?:彼女のホーム、東京での一番人気です。佐藤有香選手でした。多くの驚くべきエッジ捌きを見せ、素晴らしいテクニカル・プログラムを創り上げました。

カート:これは素晴らしいテクニカル・プログラムでしたね。ここで彼女は美しいトリプルルッツ+ダブルトウループを跳びプログラムの幕を開けました。このジャンプで彼女は(滑らかな)スケートが出来るだけでなく、ジャンプも跳べると言うことを見せましたね。

?:佐藤有香さんの得点です。技術点は5.7あたり、ポーランドがその他の国より低い5.6点をつけ、高い得点は5.8点です。この得点はシェフチェンコ選手よりも高いですね。
そして芸術点です。

カート:ジャッジはこのプログラムを気に入ったようです。彼らはあのフットワーク、そして滑らかなスケートを見ていましたね。だからこその5.9点だと思います。

?:佐藤有香選手がメダル争いに関わる順位に着けました。
次の選手は13歳、ミッシェル・クワン選手です。彼女がアメリカ女子シングルの有力選手です。テクニカル・プログラムに向けて、フランク・キャロルさんが最後のアドバイスを与えています。
CMの後、カリフォルニア州、トーランス出身のミッシェル・クワン選手が滑ります。
(意訳、誤訳ご容赦ください)


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ


posted by Tabby at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 佐藤有香, Yuka SATO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月26日

織田信成 Nobunari Oda 2009 四大陸選手権 SP (CBC)



Pl:6, TSS:75.04, TES:39.84, PCS:35.20, SS:7.40, TR:6.75, PE:7.10, CH:6.90, IN:7.05, Deduction:0.00

実況: Scott Russell
解説: Kurt Browning, Tracy Wilson

スコット:ちょっとしたワイルドカードの登場です。日本の織田信成選手のシーズンはまだ始まったばかりです。

トレイシー:彼は全ての才能を兼ね備えています。世界ジュニア選手権で優勝しましたが、飲酒運転をし、スケート連盟から7ヶ月間の競技会への出場停止処分を受けました。彼は十分な罰を受けていないと考え、残りのシーズンも競技会に出場しませんでした。彼は2年間の間、このレベルの大会には出場していませんが、全日本選手権では優勝しました。彼はスピードやジャンプに関する全てのものを持っています。ここでアクセルジャンプです。

カート:美しいトリプルアクセル、美しい膝使いでした。私が 言っておきたいことは、彼は飲酒運転に対する罰は十分すぎるほどに受けました。ですから、そのことに関しては、これ以上問題とする必要はないと思います。
トリプルルッツです。
この膝が着氷を救いましたが、ダブルトウループが精一杯でした。これはダウングレードされてしまいます。

カート:トップの選手達が良い演技が出来ることを、私達は大会前に願っていました。そうなることで、良い比較をすることが出来るんです。現時点で、一歩抜きん出ている選手はジェレミー・アボット選手でしょう。この大会はそう言うことを見ることが出来る大会ですし、この内の何人かを世界選手権で見ることが出来るでしょう。

スコット:大会への復帰を望み、母国で開催されたNHK杯では好調さを見せ、優勝を果たしました。

トレイシー:このプログラムにおいて彼の力強さと激しさは賞賛に値すべきものですが、エヴァン・ライサチェック選手やパトリック・チャン選手のような繊細さや正確さと言ったものは、それほど見られません。

スコット:日本の織田信成選手でした。ニュージャージー州、ハッケンサックでニコライ・モロゾフさんの指導を受けています。

カート:スケーティングの変化が見られます。その一つは、以前の彼には見られなかった多くの上半身の動きでしょう。
そして確実に、彼は振付けを全力で実行していなかったと思います。注意力や集中力に因るものだと思いますし、もう少し滑りこむ必要がある様に思います。
彼は頭を振り(?)、時として控え室から出て...

トレイシー:適度な積極性とコントロールの見事なバランスだったと思います。特にこの様なレベルの大会で、ライサチェック選手やチャン選手と言った選手達と競う際には、血が引きアドレナリンが分泌されます。既に彼は見事なスピードを持っていますが、それが時としてエッジを失うことに繋がってしまいます。
しかし、彼が競技会に復帰したことを私は大歓迎しています。ここでトリプルアクセルです。見事なプログラムの幕開けでした。この深く曲がった膝をご覧ください。

カート:とても壁に近かったですね。一歩間違えば壁にぶつかり、怪我に繋がってしまいます。事実、彼は5分間のウォームアップで壁にぶつかってしまいました。
トリプルルッツです。膝を使い、本当に姿勢が低いですね。私は楽し... 少しトラブルがありましたが、彼の演技を楽しんで見ることが出来ましたが、彼は膝を本当に深く曲げますよね。彼の演技を見終え、それが印象に残りました(?)。

トレイシー:そしてあなたは彼の上半身の動きについても述べられましたが、多くの力強さが腕の使い方に見られますが、注意深さ正確さと言ったものは、彼のフットワークやフリーレッグ、そして全体的な体のラインにあまり見ることが出来ません。

カート:その通りだと思います。大きく腕を振ることで上半身の動きに注意を引く様にしていますが、全ての人ははっきりとした体のラインを見たがるものですし、ダンサーはそれを常に求めていると思います。我々の目はそれに集中しますよね。

スコット:織田信成選手は2005年度の世界ジュニア選手権のチャンピオンです。まだ彼はたった21歳なんです。
現在の日本チャンピオンです。
採点結果です。彼が望んでいた得点を下回るものでしょう。39.84点、プログラム構成点は35.20点。75.04点を獲得し、ショートプログラムを終えて、織田信成選手はフリースケートの人気選手(最終グループの選手)の一人に残りました。カナダのパトリック・チャン選手が圧倒的にリードしています。
さあ、舞台裏の様子を見てみましょう。ブレンダ・アーヴィングさんです。
(意訳、誤訳ご容赦ください)

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ

posted by Tabby at 02:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 織田信成, Nobunari ODA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月25日

鈴木明子 Akiko Suzuki 2008 NHK杯 FS (British Eurosports)



FPl:2, Points:167.64

Pl:2, TSS:112.08, TES:56.96, PCS:55.12, SS:6.95, TR:6.50, PE:7.00, CH:6.85, IN:7.15, Deduction:0.00

実況、解説:Chris Howarth, Nick Slater

クリス:Welcome back. なんと言う大会でしょうか。競技は続きます。日本の23歳の登場です。会場は大歓声に包まれています(?)。素晴らしい雰囲気をご覧頂けると思います。4位に着けています。日本の鈴木明子選手です。彼女の音楽は、ロシアのフォーク音楽、「黒い瞳」と言う曲名です。
今大会が(彼女にとって)唯一のグランプリシリーズの大会になりますので、グランプリファイナルに出場することはかないません。
今年の初めにネーベルホルン杯に出場し3位、フィンランディア杯では優勝しました。

クリス:トリプルルッツとダブルループの間にターンしてしまいました。

クリス:円軌道(?)をから美しいジャンプをきめました。3回転ジャンプに入るために、信じられますか? ダブルアクセルをもってきました。そしてトリプルトウループです。

ニック:ダブルトウループが回転不足のように見えましたが、後で見直してみましょう。

クリス:残念です。トリプルルッツでステップアウトしてしまいました。その前にトリプルフリップがありましたが、プログラム後半に入ってからのジャンプなので、基礎点の10%が加算されます。

クリス:実に素晴らしいフットワークです。本当に音楽を見事に使っています!

クリス:日本勢が大活躍していますね。鈴木明子選手でした! 会場のファンに歓声を上げさせる演技をしました。

ニック:中野友加里選手よりも多くの技術的な要素が見られましたが、私にとっては、今回のプログラムでは技術的な要素が目立ちました。長い準備動作の小さなジャンプが多く見られました。しかし、それらは無駄ではありません(?)。数々の3回転を積み上げました。全体的な芸術的な表現力で言えば、(?) 私の予想では友加里選手には及ばないと思います。
総合得点でどのような結果になるのかを見てみましょう。
クリス、あなたがおっしゃった様に、最後のステップシークエンスは、解釈が音楽に合い効果的でしたね。
プログラムへの全体的な影響について話しています。見事に音楽を表現したと思いますが、それ本来の可能性ほどには私には届きませんでした。

クリス:ルッツジャンプです。バックサイドのアウトサイドエッジなんですが、エッジの向きが変わりそうでしたね。

ニック:その通りです。彼女は本当に遅く跳び上がってしまいました。
しかし、問題は無かったと思います。

クリス:ここでダブルアクセル+トリプルトウループです。最後のトリプルトウループをご覧ください。ダブルアクセルは見事にクリーンでしたね。

ニック:二つ目のジャンプはトリプルトウループだったんですね。

クリス:二つ目のジャンプはトリプルトウループだったんですが、回転数が足りませんでした。前向きに着氷してしまいました。ですから、彼女のトリプルトウループはダウングレードされてしまうでしょう。

ニック:Gosh 本当に注意深く見なければいけませんね。私は大丈夫だと思ったんですが。彼女はアクセルジャンプを終えた際の姿勢は見事でしたし、二つ目のジャンプも良かったと思ったんですが。Goodness

クリス:回転不足とされる回転数の判定より早く、足が氷についてしまいました。

ニック:その様な感じがしたと...(?) 間違って判定してしまったかな? 何故なら時として速すぎて見えませんよね。Thank Gosh.

クリス:そうですね。

ニック:フリップとルッツについて、私は神経症ですよ。

クリス:(笑)

ニック:離氷の前にエッジの向きを変えたかな?

クリス:Yeah
幾つかのダブルアクセルがありました。
あまり良い点数ではありません。112.08点。これは...
(意訳、誤訳ご容赦ください)


AkikoSuzuki2008NHKTrophyFS.jpg


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ


追記
posted by Tabby at 01:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 鈴木明子, Akiko SUZUKI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月24日

鈴木明子 Akiko Suzuki 2008 NHK杯 SP (British Eurosports)



Pl:4, TSS:55.56, TES:30.40, PCS:25.16, SS:6.35, TR:5.90, PE:6.30, CH:6.30, IN:6.60, Deduction:0.00

実況、解説:Chris Howarth, Nick Slater

クリス:この若い女性に大きな歓声が贈られています。名古屋を練習拠点に置きます。全日本選手権での順位は5位でした。鈴木明子選手です。

クリス:グランプリシリーズでは、彼女はこの大会のみに出場しています。フィンランディア杯に出場し優勝、夏の終わりにドイツのネーベルホルン杯に出場し、銅メダルを獲得しました。

クリス:残念です。フリップジャンプをパンクしてしまいました。3回転を予定していました。

クリス:惜しかったですね。プログラムを通して、多くの感嘆するものが見られました。とても見事な出だしだったんですが。彼女は頭を振ります。とてももったいないミスをフリップで犯してしまったことを、彼女は分かっています。ジャンプの初めのタイミングを逃してしまい、1回転になってしまったようですが、それ以外は見事なスケートだったと思います。

ニック:私にとっては、少しばかりWOWなスケートでしたよ。バレエの様な、見ていて実に楽しい演技でした。彼女はバレリーナでした。(バレエの練習用の)バーがそこにあり、バレエの稽古場でピアニストが音楽を奏で、彼女が踊る様が私には想像できました。手の動きは美しく、体の動きは優秀でしたし、ステップも素晴らしかったです。実に見事な演技だったと思います。バレエの様な腕の動き、彼女は柔らかさと軽やかさを氷上で見せました。私は良かったと思います。あのフリップジャンプは残念でしたが、その他の部分では本物のクオリティがありましたし、全くバレリーナの様なクオリティを見せてくれました。シャープで滑らか、素晴らしく軽やかな演技でした。

クリス:ニッキー、私にとって最も印象的だったことの一つは、笑顔でした。彼女はもったいないミスをしたことを分かっているにも関わらずです。そして彼女はこれ以上の演技が出来ることを知っています。ルッツジャンプです。見事なスピードですね。ダブルトウループが続きます。コンビネーションの二つ目のジャンプには、それほど高さがありませんでした。そしてフリップの準備動作を行います。インサイドエッジに乗っていますが(?)、少々不安定でしたね。トウを突くタイミングが早く、他のタイミングが少々狂ってしまいましたね。

ニック:指先をご覧ください。腕をご覧ください。手首をご覧ください。実に穏やかに動きます。彼女は一日中でもこのスピンをすることが出来るでしょう。とても難しい傾いた姿勢ですが、回転の速度を全く損ないません。実に見事なバランスのコントロールですね。ステップシークエンスなんですが、進行方向が変化する際のスピード... まさにバレリーナの能力を氷上(での演技)に取り入れたかのようですね。
実に見事な腕の動きですね。
彼女はあまり調子が良かったようには見えませんでしたね。緊張していたようです。ジャンプを見る限り、彼女は勝負強い選手ではありませんよね。しかし、全てのクオリティは美しいですよね。プログラム全体を通して、リンクを大きく使いましまた。素晴らしく奇麗です。今のは素晴らしい一場面でしたね。(?)を包むかのようでした。

クリス:これが優雅さと言うものです。まるでスケート靴を脱ぎ、トウシューズを履き、つま先で立っているかの様でした。

クリス:OK 私達は楽しみましたが、彼女はあの失敗に苦しむことになります。技術的に、そして... 55.56点。技術点はなんとか30点台です。これはとても厳しいですね。彼女は現在首位に立っていますが、まだ有力選手達が控えています。彼女はこれ以上の点数を獲得することが出来たことを分かっています。
(意訳、誤訳ご容赦ください)


AkikoSuzuki2008NHKTrophySP.jpg


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ

追記
posted by Tabby at 02:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 鈴木明子, Akiko SUZUKI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。